嫌老社会を超えて

  • 56人登録
  • 3.22評価
    • (0)
    • (7)
    • (9)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 五木寛之
  • 中央公論新社 (2015年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047596

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

嫌老社会を超えての感想・レビュー・書評

  • 間違いなく、嫌老社会はこれからますます先鋭化していくだろうなと思います。
    自分が老人になった頃、若者に早く死ねよって思われるんだろうな。まあ、その頃には老人の数も相当なんで、どったが力関係強いか不明ですが、、
    働いて年金辞退するとか、若者の負担にならないようにするしか、嫌老社会を生き抜く術はなさそうです。

  • 読んでいて自分が高齢者になった時のこと、高齢の家族のこと、これから社会が高齢者をどうするかということを考えさせられた。五木寛之さんと古市寿憲さんの対談のところが面白かった。古市さんの教育費は乳幼児期にかけた方が効率的だという話が印象に残った。

  • 五木さん×古市氏の対談おもしろかったー。

    五木氏『知っている人間は完全に避難していた。情報格差。全部あとになってわかった。』終戦引き上げの話だけど・・3.11にも言えるよね(+_+)

    古市氏 『政府に対して文句を言いたいときと言うのは、自分が弱者の立場に置かれた時。そうならない限りは、なかなか行動を起こそうとは思わない』そうかもなぁ・・3.11後だもん、政治に文句言い始めたの・・。デモとかさ。

  • 「老害」という言葉が散見されるように、高齢者と若者の断絶が大きくなってきているように思う。しかし、昔の新聞でも年寄を嫌悪する読者投稿があったりするので、この断絶は仕方がないのかもしれない。」

  • 「嫌老」とは嫌な言葉です。
    そんなふうに言われないように、まずは身近なことからはじめよう、「賢老」となるために。

  • 嫌老社会を変えるには道徳的なことでは無理だとの意見に納得。
    今後の課題としては大変興味が有り、実際、多くの若者側からの本当のところの感情がどうであるのかも気になる。
    人生を登山に例えると、折り返し地点を超え、下山を人生のクライマックスとし楽しみたいところだ。
    多くの老人の切なる願いに違いない。
    嫌老を賢老に変えてゆくために何が必要なのか一人一人がしっかり考える必要がある。
    最後の著者と古市憲寿氏の対談が興味深かった。

  • 若い人がくつろぐコーヒーショップに足を踏み入れると、何とも言えない冷ややかな視線を感じる。この居心地の悪さはなにか。私は、それが「嫌老感」だとようやく気が付いた。そう、老人はもはや「弱者」ではない。高額の年金をもらい、高級車に乗り、若者の何倍もの社会保障費の恩恵を受けている。これで社会に嫌老感が起きないわけがないのだ。では、解決策はあるのだろうか。簡単ではないが、「嫌老」ならぬ「賢老」にこそ、一縷の可能性があると私は見ている。

全8件中 1 - 8件を表示

嫌老社会を超えてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

嫌老社会を超えてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

嫌老社会を超えてを本棚に「積読」で登録しているひと

嫌老社会を超えての作品紹介

「嫌老」から「賢老」への道を探る!衝撃の語り下ろし!

嫌老社会を超えてはこんな本です

ツイートする