カフェ、はじめます

  • 204人登録
  • 3.11評価
    • (5)
    • (13)
    • (41)
    • (9)
    • (3)
  • 39レビュー
著者 : 岸本葉子
  • 中央公論新社 (2015年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047619

カフェ、はじめますの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スーパーで顔見知りだった睦子おばあちゃんの家。
    昔の思い出の家に似ているからと、
    売却取り壊しだけはなんとしても阻止したい、いさみ。

    その気持ちはよくわかります。
    バブルの頃、街の景色がみるみる変化する淋しさを
    目の当たりにしましたからね。
    なんか応援したくなりました。

    思い付きでカフェをやりたいと言ってしまい、何の知識もないまま奔走するが…

    カフェ、おばあちゃん、おむすび、お好み度満載。

    カフェが繁盛して、
    おばあちゃんが元気を取り戻して、めでたしめでたし。

    な~んて期待しちゃったんですけどね。

    でも、おむすび2個と自家製糠漬けとお番茶で900円。
    いくら建物の味わいがプラスされてるといっても少々お高い気が…。

  • 【最終レビュー】

    予約著書・約、2ヶ月弱待ち。図書館貸出。

    9月、ジュンク堂書店・姫路店。単行本新刊本棚にて。

    [自分と同世代の女性が主人公]

    主人公の彼女が持つ

    『日常の中で、奥底に抱えている「本来の心理的な部分」』を、時折、自身の中にもふっと感じることがあったりしながらも

    同じ昭和世代として生きる、自身を含めた女性達へ

    〈スポットライト〉を当てつつ

    名残深い風景・日本独特の文化を、今の時代だからこそ

    『大切にしていこうとする、ありふれた「内面に秘めた想い」』

    を、不器用ながらも真摯に見つめながら

    〈主人公が、新たな出会い・目の当たりにしながらの『再発見』・四苦八苦しつつ『また別の「新たな一歩」を踏み出すことの「意味」』〉

    《ネット以外の『身の回り』にいくらでも、コロコロとあちこちに散らばるぐらいの『楽しみの数々の「ヒント」』があること》

    を、この著書は、さり気なく、着飾ることなく、さらりと感じさせる著書。

    私自身にとって『快い空気』を味わえたといっても過言ではないことを実感しながら…

    ただ、ラストから、もう一歩、エピソードがあればといった印象だったので

    ☆は4つです。

    *和洋折衷

    *知らない『苦労』を知る。異なる人の立場を想像すること。

    *視線を他に転じること。なんで、あんなものに『執着』しているか…幾度と『無駄なもの』を『買わずにすんできた』

    *全てが無駄になっても『惜しくもない「価値」』

  • 主人公のあまりののんびりやさんぶりに、脱力する。
    この人でもできたんだから、私もできそう、などと思えてくる。それが、狙いか。
    これから、というときに、あっさり終わってしまった。

  • スーパーで顔を合わせるおばあさんの家に一目惚れしたいさみ。
    その家を手放そうとしていると知り
    思わず「カフェにするので貸してほしい」と申し出てしまう。

    「はじめました」ではなく「はじめます」のタイトル通り
    開いてからの話は呆気なくて物足りない。
    リアルっちゃリアルなんだろけど
    あまりに考えなしだし
    おばあさんは勿論他の人たちとの交流もも少し描いてほしかった。

    【図書館・初読・10月27日読了】

  • 初めて読んだストーリーの流れだった

    カフェが始まるまでのお話

  • 2017年19冊目。

    44歳の独身女性、和久井いさみは、近所のかわいい古民家を残したいためにカフェ開業を思い立つ。

    開店までのいさみの奮闘ぶりを楽しく読みました。

    おむすびカフェ さんかくの開店時間は、土日12~16時。
    メニューは、焼きおむすび醤油、塩むすび胡麻、梅むすび海苔、おかかむすび海苔から2つ+季節野菜の自家製糠漬け+急須のお番茶(900円)のみ。

    採算度外視でのんびりカフェを切り盛りするいさみがうらやましい。

    カフェとは関係ないですが、納豆とオクラを載せた冷やしうどんと熱いお茶(p.63)といういさみの夏のお昼御飯がおいしそうで、つくってみたいと思いました

  • 2017.3.25 読了


    あるアラフォー女子 いさみが
    たまたま 行きつけのスーパーの近くの
    一人暮らしのおばあちゃんと知り合う。

    おばあちゃんは いい感じの
    和洋折衷の雰囲気の家に住んでおり、
    いさみは 家に 一目惚れする。

    おばあちゃんは 一人暮らしがキツくなってきて
    手放そうかと 言う。

    それならばと、半ば 勢いで
    「ここでカフェをしたいので、
    貸してください!」と言ってしまう。

    そこから 開店準備。。。
    オープンするまで。。。


    最後 ちょっと切ないですが。。。

    実際は なかなか こんな感じには
    いかないような気がする。。。

  • 思ってたのと違う…
    続編書くつもりだったのかな?

  • ちょっと思ってた話と違ってました。

  • いい感じでした。
    今まで守り続けてきたものとは違う価値観。
    後悔しないように生きる!

全39件中 1 - 10件を表示

岸本葉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カフェ、はじめますを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カフェ、はじめますの作品紹介

イケてない40代シングル女子が、かわいい古民家にひと目惚れ。おむすびカフェ開業を目指して一念発起!大家の風変わりな老女と娘、不動産業者との駆け引き、頼りない行政書士や助っ人の旧友をも巻き込みドタバタ騒動。

カフェ、はじめますはこんな本です

ツイートする