性と愛の脳科学 新たな愛の物語

  • 32人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 中央公論新社 (2015年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (453ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047626

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
エリック・ブリニ...
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

性と愛の脳科学 新たな愛の物語の感想・レビュー・書評

  • 「性と愛の脳科学」
    とても面白い内容だった。
    性の分化からホルモンにより脳が性別に形作られる過程、性行動の動物たちとの比較による考察、というより類似性、脳の報酬系に働きかける行動、ホルモンの様子など興味が尽きない。
    イソギンチャク、ハタネズミ、人間も同様なホルモン物質により脳の報酬系を刺激され性行動をとることなどは、ある意味では人間の尊厳などというものを地に引きずり下ろすものかもしれない。
    400ページに及ぶ大著なので内容は発達心理学や心理学的手法による観察なども含み多岐にわたる。
    そして最後の結論として、すべての行動は脳内のホルモンという化学物質によって引き起こされるのだとしたら、いったいどう考えたら良いのか。
    人間の意識も結局脳内の電気・化学系の反応に基づいているのだろうから、自由意志とはいったい何だろうかと考えさせられる。
    本書はそれでもそれを感じているのはあなた自身だといっている。デカルト的ではあるが、意味を教えるものではない。
    科学は真実を突き止めるが、人間には意味を作る物語が必要だと言うことがよくわかる。

  • 深遠で神聖なものに見える性や愛も、化学物質の作用にすぎないのか。本能の前では、理性や分別は無力なのか。オキシトシンとヴァソプレッシンのおそるべき働き。社会神経科学の最前線!

全3件中 1 - 3件を表示

性と愛の脳科学 新たな愛の物語の作品紹介

深遠で神聖なものに見える愛も絆も、化学物質の作用でしかないのか。理性や分別は無力なのか。性と愛を生み出す脳機能の全体像に挑む社会神経科学の最前線!

ツイートする