消滅 - VANISHING POINT

  • 835人登録
  • 3.45評価
    • (28)
    • (122)
    • (135)
    • (25)
    • (6)
  • 145レビュー
著者 : 恩田陸
  • 中央公論新社 (2015年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (523ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047640

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
宮部 みゆき
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
恩田 陸
宮下 奈都
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

消滅 - VANISHING POINTの感想・レビュー・書評

  • 恩田さんの厚~い一冊。

    いつもならその厚さにワクワクなんですが、
    ちょっと体調不良の時に読んだので残念です。

    状況は国家レベルの緊迫状態…
    のはずなのにどこかほんわかした空気。

    魅力的な登場人物がいっぱいでした。
    特に印象的なのは、キャスリンとワンちゃん♪
    あ、人じゃないけど(笑)

    もしも自分の目の前の人間(だと思っていた人)が、
    キャスリンだったら…
    怖いけど、会ってみたい気もする。
    ”ハッピーアイスクリーム”が懐かしかったです。

    そして突然どこからか現れた、やけに人懐っこいワンちゃん。
    捕まえようと必死な人間相手に、
    キラッキラな瞳で「遊んでくれるの~?」と大はしゃぎ。
    とにかく賢くて可愛い!

    最後までテロリストが誰なのかよりも、
    ワンちゃんが何者なのかが気になって仕方なかったです。

  • 新しい恩田らしさ!ここ最近のオチの弱さしか際立たない作風から、少し初期のようなものに戻ったか、汲み取ってさらに進化したか、のような。「十二人の怒れる男たち」を思い出すような、密室で複数人の思考と会話で成り立つ物語。
    一時期の舞台脚本や演劇ものを書いていた時の作風から進化して、かつ初期の不思議な空気感も含ませていて、どことも似つかない新しいかたち、でも確かに恩田さんだ!と思わせられるこの感じ(オチの弱さも含め)とても新しい!全作追ってるファンとしてただ嬉しい。「国際空港はどこの国でもない」という舞台設定、みんなが怪しく見えるキャラ設定、キャスリンという異物の投入、日本を覆い隠すほどの台風&通信テロという非日常感の演出、人間の心情の移り変わりが恩田さんの醍醐味だと思ってるので楽しかった!オチの弱さもそこまでズッコケずありがたい。非日常から一気に日常に戻すのに、あのアイテム選びはさぞ有効だったんだろうと思う。抱いてた闇が、実は自分たちが勝手に作り出していた、ということに気づく終わりかた。国家という概念的なものの書き表し方も面白い。

  • 面白かったー。
    ラストは拍子抜けな感じではあったけど、恩田陸の作品なら腹も立たないし納得。
    テロリストと疑われ別室へと連れていかれた人々の心の葛藤や気持ちの移り変わりが面白かった。
    一年に恩田陸の新刊が3冊も読めるなんて幸せー。

  • 恩田陸のシチュエーションサスペンスコメディ?
    異常な状況で様々な人を集めたならどうなるかっていう。
    恐る恐る相手を見ながら打ち解けていく感じがいかにも日本人っぽいなと思った。
    日本人以外の『異物』がサスペンスとしてのアクセントになってるのかな。
    テーマが『コミュニケーションの障害』だったら、『消滅』の意味がわかるラストはなんか納得。

    鳥の巣頭の青年は渡部豪太さんの姿が思い浮かんで仕方なかった。

  • うん、面白かった。
    後味が微妙な感じがしないでもないけど。
    ちょっと「ドミノ」に似てるかなぁなんて
    考えながら読んでた。
    いや、「ドミノ」とは全然違うけど。

    わたしが好きな恩田陸作品って感じかな。
    群像であって、なんというか
    思考が加速してく感じ。
    次から次へと展開してく感じ。
    話が展開していくんじゃなくて
    登場人物たちの思考が変化したり
    加速して、世界が広がってく感じがたまらん。

    キャスリンのキャラが絶妙だったなぁ。
    言葉のチョイスというか・・・

    恩田さんの思考の飛躍がいいんだよねぇ。

  • 久々にちゃんと話がしまって終わったw
    思わせぶりなこともなく、読者に任せる感じでもなく。

    私は、登場人物一人一人の心情を追ったり、会話が長く続いたりで紡ぐ長編こそ、恩田陸という気がするので、満足。

    唯一心残りなのは、『キャスリンの中の人』がわからなかったこと。
    「キャスリンは誰と繋がってるんだ?」的な展開をしといて、そりゃないよ、といった感じ。
    知りたかったなぁ。

  • 限られた場面設定で舞台劇向きの内容、なのに結構な長編です。
    結末がどうなるのか?消滅とは何なのか?、最後まで読まないと分からない。こんなに引っ張って期待度をあげたのだから、もう少しどんでん返しが欲しかったかな?との印象も持ちました。
    登場人物同士のやりとりは丁寧に描写されて、とても読みやすかったです。

  • 空港を舞台にしたサスペンス。閉鎖空間で隔離された数人の怪しげな人間と、とんでもなく高性能のロボット。そしてその中に潜む正体不明のテロリストを、タイムリミットまでに暴かなくてはならない……とスリルあふれる要素ばかりのような気がするのに。なぜかほどよく気の抜けたユーモラスな語り口でまったりと読めてしまいます。
    数々の疑念と仮説で思考がほどよくぐるぐる撹拌される感じなのも心地よい読み心地の一環なのだけれど。気が抜ける一番の原因はキャスリンのキャラですね(笑)。このプログラム、本当にすごすぎますよ。

  • よく知った場所が舞台だったので、頭の中に情景が妙にリアルに浮かぶ話だった。
    羽田空港(とは本文に書いてないが舞台は明らか)の国際線ターミナルの到着CIQエリアは、カビ臭さと、日本人以外の臭いと、空気が滞留している重さと、この建物特有のエアコンの設定温度の高さが相まって、あの綺麗な建物の中でも圧倒的に異質で、なんとも湿度の高い、気持ちの悪い空間。
    まさにこの作品の不気味で気持ちの悪い、人間同士の思惑が行き交う混沌とした雰囲気にぴったり。
    羽田空港のあのエリアは好きではないが、やっぱりぞわぞわとする湿っぽい恩田作品が大好きだ。
    キャスリンの存在も時折癒しであり、好奇でありるものの、言い知れない恐怖と不気味さを醸し出してくれていて、彼女の登場、彼女の一挙手一投足が気になってページをめくる手を止められなかった。(その割に読むのに時間が掛かったのは持ち歩けなかったから笑)オチは相変わらずだけどそれも含めて恩田作品。

    大きいものだしここでの評価もわかれているから図書館で借りるか悩んだが、大好きな恩田作品、購入してよかった。

  • 今年は恩田さん新刊、3冊も出て幸せ。

    テロリストの容疑をかけられ空港に足止めをくらった11人と一匹。
    なにか目に見えてすごい事件が起こる、というわけではないのだけど、恩田さん作品でよくある登場人物が考え込む描写が好きなので、そんな描写が多くて満足。

    いつも通り最後は、足早に駆け抜けた感じだったけどまぁいいか...と許せるから不思議。

    キャスリンは見てみたいけど、やっぱり怖いだろうな。
    想像して一瞬、本当に怖くなったし。

  • 新聞発表時に読んだ。

    近未来を舞台にしたサスペンスだったと思う。

    この手の小説の発表を新聞で行うってどうだろう。
    習慣的に毎日読むのだけれど、数分で読み切ってしまうから全然サスペンスが盛り上がらないのだ。

    だからこの「消滅」も面白かったのか、そうでなかったのか解らないのだ。

  • スコットがカギを握っていることは初めの段階で気づきましたが、個人的にはすっきりしない終わり方でした。
    テロと言っても本人にそのつもりはなかっただろうし、結局仲間達というのも誰のことだったのか、疑問が残りました。

  • 空港の入管で足止めをくらい、一室に集められた11人の男女。この中にひとり、テロリストがいる。
    誰がテロリストなのか?腹の探り合いが始まる。閉鎖空間の中での犯人捜し。
    最高にワクワクする舞台設定で楽しく読めたが、決着の仕方は読む人によって評価が分かれそう……。

  • 脱出不能の場所に閉じ込められた初対面の男女が、迫り来る危険に怯えつつ、自分たちの中にいるはずの犯罪者を捜す——という話だが、クローズド・サークルものではない。
    群像劇としては面白いが、大部なこともあって読み通すには体力が要る。近未来の設定であり、微妙に「そんなアホな」と言いたくなるような超技術や超能力が登場し、それにもまた物語への没入を妨げられる。明らかに意図的なものではあるが、メンバーの名が最後まで明かされず「サングラスの男」「鳥の巣頭」などといったあだ名で通されるので、どうも感情移入がしにくい。
    この人の作品は、昔「ドミノ」をなかなか面白く読んだが、どうもあれと同じ匂いを感じた。すべてが設定に奉仕しているというか、仕掛けとしてはよくできているのだが、「できすぎ」ていてかえって「不自然」に思えてしまうのだ。
    けっしてつまらないわけではないのだが…なんというか、映画と知りつつ観て楽しむ映画、という感じ。「まるで現実のことと錯覚するような」作品ではないので、そこが気にくわない人もいるかと思う。

    2017/8/29〜9/1読了

  • 綺麗にまとまった!

  • 登場人物多めかも。
    会話シーンは読んでるだけで楽しい。
    結末は、なるほどとは思ったが、あっけなかった。
    まだ残った謎が散らばってる感じがする。
    いつかスピンオフで拾って欲しいな。

    -----
    P429
    女の子が化粧するのは自分のためなの!これで人前に出られると自分に納得させるのが化粧なの!だから、顔を洗うのは素の自分に戻る大事な儀式なの!

  • 入管で足止めされてから翌朝までをギューっと
    した話。登場人物もわかりやすく描かれて面白かった。この展開にしてはオチはあっさりだったかな。

  • じわじわと面白くなり、半分くらいで飽きてきて、でも読み進めたらこんなラストなんだ、、とまぁ、ちょっと間延び感はあるものの、恩田陸っぽい本。

  • 空港にて容疑者疑惑で足止めされた数人の男女。近未来が舞台ってことで、なかなか普通には進みません。誰がテロリストなのか?とドキドキしながら読み進めると…すごく意外な終わり方でした。

  • 空港で集められた人達の中にテロリストがいる、といわれ、それを探す物語。
    人物が多いけれど、それぞれの性格などがわかりやすく描きわけられているので、誰が誰か、ごちゃごちゃになることもなく読みすすめられた。
    長いけれど、会話が主なのであっさり読み終えられる。
    ラストが少し拍子抜けする感じだけれど、おもしろく読めた。

  • オチがいまいち

  • 空港の入管で足止めされた人の中にテロリストがいる、と言われ探し出す心理戦。すごいボリュームで場面がほとんど変わらないので、読むのはとても疲れる。そして期待を大きく抱かせるが結末は結構あっさり。「あれ?」って感じだった。ちょっと物足りない読後感です。

  • なんとも舞台向きな。新聞連載ゆえの、制約を多少感じる。

  • 珍しく読みやすかった。
    少し前の作者のミステリ的に。歓迎。
    ドカーンとした幕切れを楽しみにしていたので、最後らへんはちょっと物足りなくもあり。
    図書館で一緒に借りたのが万城目さんの「バベル九朔」だったので、ラスト近くでシンクロニシティ(?)に驚いた。

  • 空港で突如鳴り響くサイレン。超大型台風は接近中だし、爆発が起こる中、館内放送はただの火災だというし、登場人物たちは別室に連行されるし…と、冒頭からなんとも言えない不穏な空気が漂いまくる一冊。

    数ページずつ登場人物の目線が切り替わる群像劇、まるで演劇か何かを見てるかのような印象にああ恩田陸のこういう作品好きだなあと思いながら読みすすめました。500ページ近くあるにもかかわらず、一体どういうオチをつけるつもりだろう?とするする読みすすめられました。

    ただ、読後感としてはなんだか散漫とした印象も受けました。中盤までの別室に集められた人々の素性やテロ事件に関する推理のようなものを語るシーンが面白かっただけに、ラストに向けた展開に拍子抜けというか…。
    キャスリン、聖斗、スコット、クライマックスの消滅に関するシーン、テロ事件そのもの…となんだかてんこ盛りにしすぎたという気もしました。

    でも、キャスリンはとても印象的で、なんだか人間味を感じてしまうシーンとやはり機械でしか無いのだと思わせる不気味な描き方は好みでした。
    あと、消滅させるものについてのシーンは好きかなあ。でも、なんと言うか斜め上に行ってしまったかなという感覚が拭えきれなかったので星3つ

    個人的になんとなくQ&Aと似たものを感じました。

全145件中 1 - 25件を表示

消滅 - VANISHING POINTに関連する談話室の質問

消滅 - VANISHING POINTを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

消滅 - VANISHING POINTを本棚に「積読」で登録しているひと

消滅 - VANISHING POINTの作品紹介

202X年9月30日の午後。日本の某空港に各国からの便が到着した。超巨大台風の接近のため離着陸は混乱、さらには通信障害が発生。そして入国審査で止められた11人(+1匹)が、「別室」に連行される。この中に、「消滅」というコードネームのテロを起こす人物がいるというのだ。世間から孤絶した空港内で、緊迫の「テロリスト探し」が始まる!読売新聞好評連載小説、ついに単行本化。

ツイートする