アントニー・ブラント伝

  • 19人登録
  • 1レビュー
制作 : 桑子 利男 
  • 中央公論新社 (2016年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (598ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047718

アントニー・ブラント伝の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ケンブリッジ・スパイの一人、アントニー・ブラント。この著名な美術史家は、なぜ国を裏切ったのか。謎の人物の奥底に迫る傑作評伝。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ティムール ヴェ...
ウィリアム サロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アントニー・ブラント伝の作品紹介

英国の機密情報を長年ソ連に漏洩し続けた「ケンブリッジ・ファイヴ」。その一人にして、コートールド美術研究所を率いた著名な美術史家。「スパイ、同性愛、国を裏切り、女王まで窮地に追い込んだ悪党」と激しく指弾されたアントニー・ブラントとは、どのような人物なのか。戦争と革命に翻弄された20世紀の襞に光を当てる傑作評伝。オーウェル賞、王立文学協会賞受賞!

アントニー・ブラント伝はこんな本です

ツイートする