マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ

  • 747人登録
  • 4.02評価
    • (58)
    • (110)
    • (47)
    • (3)
    • (0)
  • 99レビュー
著者 : 古内一絵
  • 中央公論新社 (2015年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047886

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェの感想・レビュー・書評

  • 商店街の路地裏の、中庭にハナミズキがある古民家は、昼間は派手な服飾店、夜は不定期に開く夜食カフェ「マカン・マラン」。
    ドラァグクィーンのオーナー、シャールさんの料理は滋味に溢れていて、この店にたどり着いた人の心と身体を癒していく。

    登場人物の中で身体にも心にも一番傷を負っているはずのシャールさんが、誰よりも穏やかで優しく毅然としていて、カフェにやってくる人たちに癒しを与えていることが、じわじわと心に沁みてくる。シャールさん料理は、食べる人のことを大事に考え、心をこめて作ったものだから、より一層おいしさが沁みわたるのだろうな。

    4つある話はどれも好きだけれど、特に第二話の「金のお米パン」が好きだった。
    シャールさんのキャラクターが魅力的で、他の登場人物の心情にも共感できるところが多々あって、どんどん本の中の世界に惹き込まれた。
    物語の続きをぜひ読みたい。シャールさんが元気に戻ってこられますように。

  • 文章や風景の切り取り方や描写がきれい。時代小説にぴったり合いそうな言葉の使いだと思った。古内さんが書いた時代小説読んでみたいです。


    マカン=食事
    マラン=夜
    インドネシア語で「夜食」の意 14ページ


    「春のキャセロール」「金のお米パン」「世界で一番女王なサラダ」「大晦日のアドベントスープ」の4連作。


    路地の奥にひそりと佇む23時開店の「マカン・マラン」。店主名はシャール。その人の体質を見極めて陰性の人には陽性の、陽性の人にはその逆の料理が提供される。体質を中庸に整える。

    ところどころ涙がじわーっと出てしまいそうになる、温かくて優しい言葉が散りばめられていて、真夜中布団の中で泣きそうになりながら読みました。

    「大晦日のアドベントスープ」…の、その後が知りたい。とても気になるー。お次は『快晴フライング』を借りよう♪

  • 久しぶりに読後に涙が。キャラが際立っているせいか、軽いタッチで書かれているように感じるけど、実はそうじゃなくてとても大切な事をシャールは言っている。お料理の描写も美味しそうだけどその上をいくシャールの言葉にいちいち頷かずにはいられませんでした。ジャダも困った所があるけど素敵な人。義理人情に厚くて応援したくなります。ジャダがメインの最後はずっと涙腺緩いままでした。マカン・マランのようなお店があれば救われる人も増えるはず。こんな作品があったなんて…出会えて感謝です。シャールは戻ってくるはず。続きが楽しみです。

  • この手のお話好きだなあ。
    宮下奈都さんのお話に出てくるハライとか。

    マカン・マラン、インドネシア語で夜食を表す。
    不定期に深夜営業をするお店。
    こんなお店が近くにあったら通い詰めちゃいますよね。
    出てくる人もどこにでもいるでも素敵な人たちで、お料理や飲み物もすごく気になる。
    実際にはどんな味なんだろう。
    自分でも作れたらなあ。

    装丁もすごく好き。

  • 真夜中にこっそりと営業する、
    夜食カフェのマカン・マラン。
    どこかで読んだことのあるような、
    ほっこり系おとぎ話かしらと
    先入観を満タンにしつつ読み始めました。

    世の中にはいつだって勝ち組と負け組、持てるものと待たざる者、マジョリティとマイノリティが存在していて
    その仕組みの中で自分の存在を見失わないよう、
    溺れないように必死で生きている人たちがいる。
    小説の中から、そんな人たちの辛さや必死に生きる姿が
    リアリティを持って伝わってくるためか
    マカラ・マランがおとぎ話みたいに
    疲れた人がそっと羽を休める
    止まり木のようなカフェであることが、
    読み終わった今もとてもとてもうれしい。

  • 商店街の路地裏の、ハナミズキの木のそばの小さな店は、昼間はド派手な服飾店、夜は優しい夜食カフェ。店主はピンクの髪の素敵なドラァグクィーン。今日も疲れた人々が、あたたかな一杯を求めてやってくる。

    よくある美味しい食べ物屋系の話かと思ったら、それだけじゃなかった。主人公たちと同じようにささくれだった心にシャールさんの言葉が沁みる。出てくる夜食もどれもこれも美味しそうだし、どの話も大きな動きはないけどひっそり優しくてよかった。シャールさんが無事に帰ってきた続編が読みたいな。

  • とても癒された。シャールの言葉は静かだけど重い。

    「あたしたちはどの道、自分の眼を通してしか、物事を見ることができないじゃない。」
    「足りなければ、満たせばいい。空っぽならば、埋めればいいのよ」

    こんな素敵なカフェでゆっくり食事したい。マクロビとか特に興味なかったけれど、食は大事だと再認識させられる。身体にいいもの、というか身体が欲しているものを口にしたい。


    35

  • ひさしぶりによい本読んだー。
    人生は甘くないっていう。
    でも、すんごくこころがほっこりした。
    ひたすら料理がおいしそうで。
    シャールさんの生き様が素敵だったな。
    ほかの登場人物のみなさんも。

    古内さんの他の本も読んでみたい◎

  • 数日熱が出て下がらない、というのは、
    私にとって日常なのだが、それにしてもだるく、苦しい。
    そんな時に読んだ。本棚にしまってある数冊は、疲れて
    読めずに図書館に返してもらい、若干延滞しているのは
    わかっていて、吸い寄せられるように読み始め…。
    半日かからないで読み終えた。今夜家族にすぐ返しに
    行ってもらう。次に待っている予約者の方も、同じに
    ぐったりしていたら、この本が助けになるかも
    しれないから。

    ドラッグ・クイーンのシャールは、トランスジェンダー。ドレスなどを商う傍ら夜食のカフェを開いている。

    身体と心をみたす,ナチュラルで温かい食事。
    それをゆったり語り合いながら摂ることで
    癒やされていく。

    そこに集う人は、真面目に生きているのに
    なんとなく頭打ちになったり、苦しんでいる人たち。
    自殺するほどではない、この程度のことでは死ねない。
    でも、明日も今日もこのまま暮らすのは苦しい人達。

    男女どちらの立場で読んでも
    ああ、分かるこういうこと…って思う悩み。

    それを癒やしてくれる場所や他人に、思わず人は縋る。
    でも、実はシャール自身が、誰よりも、重い病と
    マイノリティーとしての悲しみを引き受けている。

    シャールを癒やすのは、では誰なのか。

    それは、自分自身なのだと、私は思う。
    人を癒やすことに、シャールが縋っていなくて
    自分の事は自分で引き受けているから
    このお話は潔いし、暗くない。

    明快で取ってつけた爽快感はないけれど、潔い。
    どこか向こうの方に白い光が見えるような。

    マカン・マランの店内は暗く、良い香りに満ちて
    人はそこで休むけれど…そこから出て白昼歩む時の
    店の外の光は目に痛い。
    けれど、自分の日常をなんとかこなした時
    眼裏に見る光は、純白で、きっと優しい。

    そんなことを思わせる。
    疲れも苦しみも、読み終わると溶けるようで。
    良い小説だった。

    そして本を閉じて、こんなものが食べたいな。
    ここに行きたいな、と思って、レビューを拝見し…。
    私は、しばしふと考えた。

    出てくる料理にお腹がぽわっと温まる思いがするし
    シャールに確かに癒やされるけれど…。
    それにばかり目が行くけれど。
    この話はそれだけの話かな。

    自分のために身体に優しい料理を作り
    自分の悲しみは自分が引き受ける。

    そして…どうしても捨てたくないことは
    自分にしかわからないから、大事にする。
    他人の大事なことも、自分にはわからないから
    大事にする。

    それができたら。
    あれもこれも与えられなきゃ嫌だ、と言わずに
    捨てるものを捨てて、持てるものだけしっかり持つ。

    今日生きられたのだから、明日も。

    そう自分に声をかけて。
    誰かの期待する未来より、残された自分の望みに
    素直になって、折り合いをつけて暮らせば
    自分の家も、マカン・マランになるのだ。

    誰かがシャールのように毒抜きをやってくれたらと
    思うからあの場所をみんな慕うけど…。
    自分で出来るようにならなきゃ、きっとみんな
    ただここで腐るだけ。

    自分で自分は癒せる。もしかしたら他人様も…。
    無論、他の方からも力をもらっている。
    その力を目覚めさせるのが、このカフェの底力
    ではないか。

    コンビニ飯や外食で身体に毒を貯め。
    『こうでなくては。保証がほしい。』
    という見えない鎖で心に毒を貯め…。

    それでは苦しすぎる。

    今日、あなたが生きて暮らせている。
    それだけで大丈夫。まず、そこから。
    自分のために、さあ、優しく一杯のお茶をどうぞ。

  • 皆それぞれ色んな物を抱えながら生きている。本当になにもかもから自由な人なんていないから。たくさんの物を失って自分は病気と闘いながらも、疲れた人に居場所と体に良い料理を提供してたくさんの人達を癒しているシャールさんはとても強い。だから、きっと「マカン・マラン」に戻ってきてくれる。大丈夫。今度はシャールさん側からの物語を読んでみたいと思うので続編があったらいいな。出てくる料理はどれもおいしそうで、キャセロールにお米パンにサラダにスープに全部食べてみたい。あと表紙の絵も好きです。

  • 久しぶりに古内さん。最後がちょっと気になるので続編があるのかもしれない。おいしそうなごはんにおなかがすく。

  • 心に沁み渡る温かさがあって良かった~。
    気が付けば人生も折り返し、こんな筈じゃなかった、これでいいのかと思い迷う人達。
    そんな人達が自分を取り戻せる場所が街の片隅の夜食カフェ。
    私自身も心こもる夜食に身も心も癒されるた感じがする。

  • 城之崎塔子は貧血を起こし女性に助けられた。店で休まされていた塔子が気が付くと助けてくれた人は女性ではなく女装の男性。自身をドラァグクイーンというシャールは小さな中庭のある古民家のようなお店で食事を出してくれた。翌日忘れた携帯をとりに行くと昼間は全く様子が違って―

    ◆元イケメンエリートのシャールに、同級生の柳田は嫉妬も、その変貌に困惑もしたろうけど、シャールがもてた、信頼されてたのは相手が誰であろうと態度を変えないところだってちゃんとわかってる、いい友達だな。シャールに塔子も背中を押され、中学生 璃久も素直になり、安武さくらも自分を見つめなおして空っぽを埋め、シャールのためにお店のためにジャダも塔子も柳田も必死になる…。あったかいスープは体に、あったかい言葉は心にしみる、素敵な話でした。ぜひ 続きが読みたいお話。

  • ごはん系の小説やっぱり好きや!毎日はなかなか無理でもときどきは自分の体に入れるものに気を使って質の良い食事をすることも大事やと思った。食は人生を豊かにすると思う。小説の内容にはあまり触れておりませんが、トータル的に読んで感じたこと。

  • 美味しい食べ物が出てくる話は好き。
    しかもマカン・マランの料理は身体を休めてくれる。

  • 本当に良い本だった。
    シャールの言葉、ひとつひとつが胸にじんわりと
    あたたかく浸み込んでくる。各章の語り手たちの悩みも共感できる部分が多々あり、読んでいて本当に心地よかった。
    「マカン・マラン」こんなお店があったら本当に通いたくなる。
    終わり方もとてもよく、シャールたちの幸せを願わずにはいられない自分が不思議だった。

  • 読んで良かった。嬉しい驚き。「快晴フライング」のシャールさんのお話が読めること。どの物語もホロッと泣いたのだけど、やっぱり最後のお話で、久々の嗚咽。もうね。思い出すだけでね。目頭がおかしいんですよ。短編集だったけど、楽しく読めた。

  • 夜だけ開店する夜食カフェ「マカン・マラン」が舞台の4編の連作短編集。
    自分の境遇とリンクして胸が痛くなるところもあるけど、カフェを訪れる客と同じようにどんどん心が軽くなって、ささくれだった気持ちが柔らかくなっていく気がする。
    美味しい食事と会話でお腹も心も満たしてくれる素敵な場所。胸に響く言葉がたくさん。これからもあり続けてほしい。

  • インドネシア語で「マカン」は夜、「マラン」は食事。即ち夜食のことである。
    最近はやってる「夜間にひっそり営業しているカフェでの人間模様を描いた物語」の系譜に属する短編集なんだろうなぁ。実は俺、その手の小説を読むのが今回初めてだったので、マンネリ感やどっかでみた感はなく、結構楽しめた。

    経営者をドラッグクイーン、色ものっぽいのかと思いきや決してそうではなく、ジェンダーの問題や性差による職場の問題含めて、エエキャラ設定になっている。ほんで肝心の飲食シーンが、結構美味そうに書けていてなかなか良いなぁ。

    山でのスタミナ不足から、ジョギングやクライミングを始めたことで、生活が色々変わりだした。年齢のせいもあるんだろうけど、食事の趣向も随分変わった。野菜が美味いとか出汁がきちんとしていると味の深さが違うとか、そういうことも最近分かってきた。

    美味しい食事にありつく一番の秘訣は、一番に美味しくものを食べる体になること、その次に身体が本当に求めているものを食べること。美味しい店を探すより、その方が絶対効果的だと思う。

    食べログで星の多い店を食べ歩く時間を減らして、その分、今身体は何を欲しているか?今が旬の食材にそれがないか?その食材をどう調理すれば美味しく食べられるか?
    そういうことを調べて工夫する時間にすることが、本当に充実した食生活への正規ルートで、人生の充実へのメジャールートだと、この本にはそういうことがしっかりと書いてある

  • 先生と生徒の話に泣いた。

  • 元エリートサラリーマンにして、今はド派手な
    ドラァグクイーンのシャールが、深夜にしか
    営業しない不思議なお店。そこで提供される
    料理には、優しさが溶け込んでいて…。
    じんわりほっくり、心があたたかくなる4作品を収録。

  • 1話
    凄くお腹に美味しそう食べたい スープ
    OL 早期退職勧告
    2話
    好きなことを作ろう、強くなれる、壁がなくなる 中学生の男の子 カレー

    3話
    サラダ
    フリーライター 隠れ家カフェ

    4話
    ダジャ

  • この所、難解な外国の作品ばかり読んでいたので、この本読んでものすごくホッとしたというか、サクサク読めたし、面白かったしいいお話だし、久しぶりに読書を満喫した感じ。
    私もこういう気のおけない、こういうお馴染みのお店が欲し~い!!

  • 身体にも心にも優しい夜食がでてくるお話ですが、私はこの本の内容すべてにじんわり癒されて、美味しい優しいスープをいただいた気分になりました。登場人物はみんな魅力的ですが、やはり一番シャールに惹かれます。

  • 図書館で借りたもの。

    商店街の裏路地にある「マカン・マラン」。
    店主のシャールが提供する夜食は、マクロビオティックに基づいたもので、疲れた体と心をほぐしてくれる。
    ※ドラァグクイーンとは、女装した男性。特に、派手な衣装や化粧などのショー的な要素を含む扮装をしたホモセクシュアルの男性のこと。
    ※「マカン・マラン」とは、インドネシア語で「夜食」という意味。

    オネエ言葉に派手な格好、でも出てくる料理は体に優しいものばかり。そのギャップがすごい!
    マクロビオティックに興味が湧いたな~。
    続編も読みたいな。

全99件中 1 - 25件を表示

マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェを本棚に登録しているひと

マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェを本棚に「積読」で登録しているひと

マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェのKindle版

ツイートする