エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリ

  • 160人登録
  • 3.60評価
    • (7)
    • (12)
    • (22)
    • (1)
    • (0)
  • 22レビュー
制作 : 平林 享子 
  • 中央公論新社 (2015年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047930

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリの感想・レビュー・書評

  • スタジオジブリで長らく動画チェックを担当してきた舘野仁美さんのエッセー。宮崎アニメはよく見ているが、動画チェックの仕事については初めて知った。原画と動画、動画と動画の間が滑らかに繋がっているか、それをチェックする作画の品質管理の仕事。本当に地味な仕事で鉛筆の線一本一本を確認し、調整や修正をしていく。でもこれがないと美しいアニメにはならない。調整するのは作画だけではなく、現場スタッフの間も調整している。監督の意向や現場の考えや都合を理解し、最も良い方法を探している。縁の下の力持ち。その力と情熱に頭が下がる。アニメは人を楽しませる仕事であるが、その制作現場は壮絶な戦いの場(?)であることがひしひと伝わってくる。
    いつも宮崎駿さんのそばにいたため、宮崎さんをはじめ、ジブリのスタッフの人間模様やエピソードも面白い。

  • スタジオジブリのアニメーター舘野仁美さんの回顧録。
    本書を読むまでこの方のことは知らなかったけれど、仕事に対する誠実さがとてもよく伝わる素敵な本だと思った。
    舘野さんは主に動画チェックという仕事を担当されていたようだ。
    動画チェックという仕事について詳細を全く知らなくても大丈夫。
    読み終わる頃には動画チェックがどんな仕事なのか、どれだけ大切な仕事なのか、どんなところが大変なのか、なんてことまですらすら言えるようになってしまう。
    いや本当に、中間管理職というかなんというか、大変なお仕事なのですよ。
    詳細は是非お読みください。

    そして、スタジオジブリの魅力的な天才達のエピソードも盛りだくさん。
    1番多いのは宮崎駿監督のエピソードで、本当にすごい人だなぁと感じた。
    ただ、一緒に働きたいかと聞かれたら…ちょっと…悩む。
    残念だったのは、高畑勲監督のエピソードが少なかったこと。もっと読みたかったなぁ。

    私はジブリ作品が好きだし、ジブリの映画作りの話が好きだ。
    もっともっとたくさんの人がこういう本を書いてくれたら嬉しいのにと思ってしまう。
    そういう読者がいるということが、作り手の皆さんに届きますように。
    どうかどうかお願いします。

  • ■書名

    書名:エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリ
    著者:舘野 仁美

    ■概要

    『となりのトトロ』から『思い出のマーニー』まで、スタジオジブリ
    でアニメーターとして働いた著者による27年間の回顧録。
    (amazon.co.jpより引用)

    ■感想

    スタジオジブリで働いてきた人の目線で観た宮崎駿とジブリという会社です。
    ジブリという会社も例にもれず、上と下からの違った指示での板挟みという
    のが頻繁にある会社というのが読んだ第一印象でした。

    宮崎さんがどういう人とかは色々な所で書かれているので、正直どうでもいい
    のですが、一社員から観たジブリという会社はどうなのか?というのは興味深い
    所でした。

    天才・宮崎駿、虎の威を狩る・鈴木、一般受けしない天才・高畑を、今までとは別の
    視点で見ているのは面白かったですね。
    まあ、社員なので悪く言うわけは無いのですが、それでもコメントから想像するに
    恐らくこんな位置づけなんだと思います。

    ・鈴木、高畑は内部で威張り散らし、裸の王様という存在
    ・宮崎は自分にも他人にも厳しい態度であったけど社員と近しい存在

    この本自体、ジブリのチェックを通過して出版されている以上、自分たちに都合の
    悪い事実は伏せているでしょうが、それでも読んでいて上記のように感じました。
    先入観を廃除したとしても、やはり上記のように感じました。

    宮崎さんの新作、作るみたいだけどどうなるのかな・・・・・


    ■気になった点

    ・本当にやりたいなら1回や2回没になったくらいであきらめるな。

    ・この世は理不尽に満ちています。

  • 宮崎駿って、やっぱり変…(笑)

    私にとっては憧れのアニメスタジオという仕事場。
    でもこちらの本を読んで、どんな仕事でも「人間関係」って大変なんだな…と感じました。
    アニメスタジオであっても、それが天下のスタジオジブリであっても、そこで働く人々は皆同じように「仕事」をしている。
    人生って大変だ…。

    素晴らしい作品を生み出しているスタジオジブリですが、監督達の「エンピツ」として(この「エンピツ」という喩えが良いですね)作品を作られた方達も並々ならぬ苦労があったのですね。

  • ていねいに作られている。
    編集者のまじめさが前面に。
    広報誌という制約があり、ものたりないが。
    ネットでいいから、未編集の外伝を書いてほしい。

  • 熱烈ファンにはたまらないのかもしれないな

  • 2016年4月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
    通常の配架場所: 開架図書(2階)
    請求記号: 778.77//Ta94

  • 映画の時によく流れる特番などしか知らなかったので、その制作過程やら色んな苦労やらがよくわかって、面白いです。ジブリ美術館に行く前に読むと一層いいかも、(笑)。
    いや、ほんと、制作部解散が衝撃で、悲しかったです。宮崎駿が引退してもジブリのスタジオは残るものと思っておりましたもので…。

  • 作者のまっすぐな仕事に対する姿勢が垣間見える本。
    私も真似できないけど、見習いたいと思ってしまう。
    こんな人が品質管理をしているからジブリの絵は動画も風景もバランスが良かったんだと思う。
    見えないところでたくさんの人が頑張っていたんだと感じる。
    しかもまあ、ジブリの制作部門がなくなってしまったのはすごく残念なこと。
    もう新作がないのか。

  • スタジオジブリの創世記から、制作活動が終了するまで、27年間に亘って裏方動画チェックとして、映画の制作に携わった舘野仁美さんが記した、インサイド ジブリ。

    アニメーターの中でも聞きなれない動画チェックという仕事。それは、アニメーション制作現場と、映画監督との間を繋ぐ重要な仕事。
    良いものを作りたいという、制作と現場がぶつかり合う間に立って、お互いの希望を調整し、かつ、時には映画が予定通り制作されるよう管理していく要の仕事。

    そんな立場に居た、舘野さんだからこそ目撃し、臨場する事ができたスタジオジブリの裏側の姿が、楽しく描かれている。
    スタジオジブリの広告塔といえば、鈴木プロデューサーがあまりにも有名だが、彼とは違う視点から描かれたジブリの姿から、作品が生み出された背景を垣間見られるのは、ファンにとってとても楽しいものでした。

  • ジブリは好きなので裏話が読めるのかな?と気になって手に取る。
    宮崎駿さんの人となりを知ることができる裏話はもちろん、過酷だけどそれだけではないアニメのモノづくりに少しだけ触れる事ができた。
    やはり自分が大好きな作品の名前が折々に出てくるので嬉しかった。

  • 他の仕事にも通じることは多くあると頷きながら読んだ

  • 2015年11月刊。スタジオジブリで27年間働いてきた方の回顧録。挿絵がかわいい。宮崎駿の引退に伴って2014年にジブリの制作部門が解散していたとは知らなかった。◆【引用メモ】個人的に気をつけたことは、現場では「直す」という表現はなるべく使わないようにしました。動画の人たちも、それぞれ一生懸命に描いているので、決して「まちがい」ではないのです。(p.26)◆大切な部分は手を抜かないけれども、ムダなことはしない、刻々と変わっていく状況の中で、柔軟に対応しながら、つねに合理的な判断ができるところ…(p.80)

  • 内側から見たスタジオジブリ。とはいっても人物伝といった感じではなく、仕事の進め方やアニメーションの技術に関することがバランス良く配分されていて、興味深く読むことができた。

  • ジブリアニメは好きなので手に取りました。宮崎駿監督の水鳥への「おまえ、飛び方まちがってるよ」の一言は、クリエイターの頭の中を表している一言だと思いました。すごいですよね、ほんと(笑)

  • 点を線にできるか。
    現実を見て、それを理解し、その向こうにあるリアルをひたすら追い求める人たち。
    機を読み、引くときにはすばやく、進むべき時は信じてすすむ。
    そんな人たちが心血注いで作られたものが素晴らしいのはあたりまえ。

  • 人間が仕事をするというのはまさにこういうこと。
    ジブリのアニメーターが描く、その闘争の歴史がここに!

  • 『となりのトトロ』から『思い出のマーニー』まで。ジブリ作品のアニメーターとして、裏方に徹した著者・舘野仁美による回顧録。「スタジオジブリに嫁いだ」27年間を振り返って、記憶の中にある宮崎駿監督、鈴木敏夫プロデューサー、そして高畑勲監督、スタッフたちのエピソードをつづる――スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーによる序文「メイちゃんの誕生」を収録!

全22件中 1 - 22件を表示

エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリを本棚に「積読」で登録しているひと

エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリの作品紹介

『となりのトトロ』から『思い出のマーニー』まで、スタジオジブリでアニメーターとして働いた著者による27年間の回顧録。

エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリはこんな本です

ツイートする