硝子の太陽N - ノワール

  • 631人登録
  • 3.72評価
    • (34)
    • (113)
    • (84)
    • (9)
    • (0)
  • 101レビュー
著者 : 誉田哲也
  • 中央公論新社 (2016年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120048500

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

硝子の太陽N - ノワールの感想・レビュー・書評

  • <ジウ>サーガ×姫川玲子 二大人気シリーズが、衝撃のコラボレーション!

    沖縄での、市民活動家死亡事故を機に「反米軍基地」デモが激化している最中、
    新宿署の東弘樹警部補は、公安の先走りで逮捕した「左翼の親玉」を何故か取り調べる事に。
    その直後、異様な覆面集団によるフリーライターの滅多刺し事件が起こる。
    被害者は歌舞伎町セブンにとってかけがえのない男。
    メンバーだったから殺されたのか…それとも全く関係のない個人的な理由で殺されたのか…?

    ジウと姫川との2冊同時刊行。
    どちらを先に読めば良いのかわからなかったのでジウ…歌舞伎町セブンと東サイドの
    お話Noir(ノアール)を先に読みました。
    あーーっ、読んでは直ぐに忘れてしまう私…(・_・、)(_・、 )(・、 ) グスン
    ジウを殆ど覚えて居なかったので、最初は少し戸惑いましたが、すぐにこれを読むだけで、
    とっても良く理解できたし、すっごく楽しめました。

    こちらは沖縄の米軍基地問題や日米安保条約や日米地位協定の闇が描かれています。
    社会問題を問題提起した社会派犯罪サスペンスかな。
    そして、セブンのメンバーの殺人事件から現官房副長官の娘の誘拐事件。
    様々な事件が交錯しながら展開していく。
    姫川さんはチラッと登場し東刑事と会話するなんて~
    凄く丁寧に一字一句読みました(笑)
    ガンテツは相変わらずのガンテツで登場した~スッゴク嫌な奴だったよ(*`Д´*)
    刑事である東とセブンの陣内が微妙な距離を保ちながらも互いを信頼し、
    協力しながら犯人を追い詰めていく、展開が楽しかった。
    東とガンテツにあんな因縁があったなんて…。
    そして沖縄の普天間基地の転売で登場した花城。
    戸籍上は存在するが、整形してなりすましている疑惑がプンプン。
    新世界秩序(NWO)との関係など続編を期待させる終わり方だったので、
    次回作もとっても楽しみです。
    その前に姫川玲子さん主役のRouge(ルージュ)読むのがとっても楽しみです(*´˘`*)♡

  • *沖縄での活動家死亡事故を機に「反米軍基地」デモが全国で激化した二月、新宿署の東弘樹警部補は「左翼の親玉」を取り調べることに。その直後、異様な覆面集団による滅多刺し事件が起こる。被害者は歌舞伎町セブンにとってかけがえのない男。社会に蔓延る悪意の連鎖を断ち切るべく、東とセブンの共闘が始まる! *

    はい、ジウシリーズですね。と言う感想。内容は正直普通ですが、シリーズならではの親近感と安心感で楽しめました。と言っても、シリーズ全ての作品を読んだわけではないし、ここまで続くとは思ってなかったので、またジウⅠから読み返してみたい。思ったより姫川の絡みがなかったけど、ルージュを読むともう少しコラボ感が出るのかな?

  • 代表シリーズをクロスオーバーさせるだけでなくそれぞれ側から2冊出すという凄技。こちらはジウというか歌舞伎町セブン側。セブンのメンバーに起こる事件と東の活躍。最後の手際はすごいが、主犯は?という展開に次回を期待させる。

  • 評価は5。(図書館)

    内容(BOOKデーターベース)
    沖縄での活動家死亡事故を機に「反米軍基地」デモが全国で激化した二月、新宿署の東弘樹警部補は「左翼の親玉」を取り調べることに。その直後、異様な覆面集団による滅多刺し事件が起こる。被害者は歌舞伎町セブンにとってかけがえのない男。社会に蔓延る悪意の連鎖を断ち切るべく、東とセブンの共闘が始まる!

    N(ノワール)
    こちらは歌舞伎町セブンからの視点でR篇と同じ事件を同じ時期に書いている。刑事ものではなく、必殺仕事人のような警察では解決出来ない酷い事件を闇の中で解決するそんなメンバーの話である。Rで殺された人が実はこのメンバーだったり色々なところで2冊はつながっておりなるほど~と思いながら読み進めることが出来た。

  • 沖縄の米軍基地撤廃を求めるデモが多発する中、新宿署の警備課が左翼の親玉・矢吹近江を逮捕する。署長命令によってで取調べを東弘樹警部補は始める。そんな折、この基地反対デモを取材していた「歌舞伎町セブン」のメンバー、フリーライターの上岡が覆面集団に刺殺される。歌舞伎町セブンの面々は東と共闘し、真相を暴き犯人を・・・
    N→Rの順にて読了。
    セブンの面々はもちろんのこと、ガンテツこと勝俣刑事や公安の川尻らも登場し、シリーズファンには楽しめる内容。セブンが仕切れば、結末は・・・となることは分かるものの、最後まで楽しみに読めた。

  • 歌舞伎町セブンと姫川のぶつかり合いがあるかと思ったら。
    少し姫川が登場しただけ。ガンテツのほうが陣内の店にまでやってきて、存在感があった。
    また一人減った。上岡。沖縄の基地反対運動に突っ込み過ぎた。
    サヨクやプロ市民の汚さを強調した作品だった。安保や地位協定に疑問を持つことは分かる。だからと言って手段を選ばず、目的を果たそうとするのは問題。
    「俺たちはルールを守ってきた」「奴らが問題を引き起こした」転び公妨は褒められたものではないが、次から次へと正当化の材料としている。
    証拠の捏造、殺人、誘拐。国を憂いての行動ではない。どこか自己中心的な臭いがした。結局は彼らの目的は見えなかった。
    セブンに処分される場面、描写が細かかった。上岡は報われたのだろうか。そこはよく分からなかった。

  • 誉田作品は「姫川玲子」シリーズしか読んでいなかったので
    〈ジウ〉サーガのほうは全然知らなかった。

    でも、非常に面白く読めた。
    スピード感と現代の仕事人みたいなテイストが好みだったのかも。

    〈ジウ〉サーガシリーズも読んでいきます。

  • +++
    沖縄での活動家死亡事故を機に「反米軍基地」デモが全国で激化した二月、新宿署の東弘樹警部補は「左翼の親玉」を取り調べることに。その直後、異様な覆面集団による滅多刺し事件が起こる。被害者は歌舞伎町セブンにとってかけがえのない男。社会に蔓延る悪意の連鎖を断ち切るべく、東とセブンの共闘が始まる!
    +++

    東弘樹警部補と歌舞伎町セブンの物語である。姫川玲子のシリーズ(Red)とのコラボということらしいが、姫川は、ちょこっと顔を出す程度で、物語の本筋には絡んでこない。暴力シーンは何度読んでも惨たらしすぎて、途中でページを閉じたくなるし、現実にこれが許されたら空恐ろしいと思ってしまうが、陣内たちに時に肩入れしてしまうのも事実である。沖縄の基地問題に絡めた一連の事件。現地と東京の認識の差や、沖縄のもどかしさも伝わってくる。いつも途中で目を背け、読むのをやめようと思っても読み切ってしまうシリーズである。

  • 「硝子の太陽R」と対をなす一編。「R」は姫川玲子のシリーズであり「N」は〈ジウ〉サーガシリーズである。それぞれの作品で扱う事件は異なるが、途中、事件が重なる部分があり、それぞれの作品に一方の主人公や人物が登場する。
    私は姫川シリーズを読み続けている。すでに「R」を読んだ後でこの作品を読んだ。〈ジウ〉シリーズは読んだことがなくどのような背景のシリーズかほとんどわからずに読み始めた。シリーズを知っている読者にはわかりやすいだろうが、私のような初めての読者にとってはわかりにくいところも多々あった。
    しかし途中、事件や登場人物が交錯する辺り、なかなか面白くさすが一級のエンターテイメント作品だと感じた。ふたつの人気シリーズを同時に世に出し、それぞれの人物を他方の作品に登場させる、将にエンターテイメント小説の極致といえるだろう。

  • 姫川、ジウ、歌舞伎町シリーズのコラボ、姫川シリーズで欠かせない存在のガンテツが本作の要所要所に出ており、存在感を発揮していると感じる。歌舞伎町セブン関係については、あの事件の後を追うのと同時に沖縄に関すること、現状を映し出していたり、事件の全容解明については、まだまだ謎があり、沖縄関連も重要になってくるだろうと思う。この事件に関しては、矢吹近江が鍵を握っているのではと思うこと、歌舞伎町セブン関連で東の存在、セブンのメンバーが一人欠けていることと関係があるのではないかと思うこと、今後どうなるのか気になる。

  • 東さん大活躍!嬉しい!!
    陣さんも好きだけど、やっぱり東さんはいい!
    姫川サイドのRと比べると、こちらの方が男臭くダークな雰囲気かも。
    でも、どちらも面白かったし、両方読むことでさらに面白い!
    リンクの仕方が絶妙で、知らなかった事実や新たな1面も見られて満足★
    まだまだ続いて行きそうな終わり方で、早く続きが読みたい!
    やっぱり誉田哲也の刑事ものはいいなぁ。

  •  歌舞伎町セブン、最強!!!
     セブンメンバーの上岡が何者かに殺される。残されたメンバーでかたきは討てたが、そもそもの事件の背景にある沖縄の「反米軍基地」デモや軍用地の転売などに大きく関わっている花城がまだ野放しだ。軍用地の買い占めをしている花城、その金の出どころは?新世界秩序が関わっているのか?そこに今後、大きな問題があるように思う。『硝子の太陽R』が楽しみだ。

  • 誉田哲也さんの小説は、いつも映像から始まる。
    暗い映画館のスクリーンに光が差し、人の動きが現われる。決して明るくないその映像は、やがて文章が作り出す小説世界に収斂していく。

    本作も、脳裏に立ち上がった映像が破滅的な行く末を予感させ、期待は大きく膨らむが、知らぬ間にしぼんでしまう。妙に政治的主張が多く、気を散らせてしまうのだ。
    ジウから始まったサーガも少々停滞感が漂う。無理やりに近い形で別のシリーズの登場人物を呼び、主役級の活躍に制限をかけてしまう。次回作につなげるために作られたキャラクターも、どこかわざとらしい。

    ジウサーガの本来の主役である伊崎基子が躍動する小説を、僕は期待する。
    かなり待たされる予感はするが、待つことにしよう。

  • 姫川シリーズとのコラボ作。「歌舞伎町セブン」側を描く。まさか、歌舞伎町セブンの一人が殺害されると言う衝撃の事件で幕を開ける。沖縄の基地問題や日米地位協定など、つい最近の事件を彷彿させる。今回は陣内だけの活躍かと思いきや、最後は「歌舞伎町セブン」らしく、そして、ラストのラストは「ジウ」を思い出させる、何ともお腹いっぱいの一冊。まだ姫川側を読んでいないので、早く読みたい。

  • 東警部補と歌舞伎町セブン側を描く。
    沖縄の米軍基地移設問題、デモ、米兵の犯罪と日米地位協定。
    特に後者はタイムリーなテーマ。
    知らなかったことや、思いがけなかった見方もあり、考えさせられる。
    コラボなので、姫川玲子も登場。
    彼女側のもう一作も読みたい。

  • 7月2日読了&今年の150冊目で、ジウ・サーガシリーズ8作目。
    沖縄での活動家死亡事故を機に「反米軍基地」デモが全国で激化した2月、新宿署の東刑事が「左翼の親玉」を取調べ始めた直後、異様な覆面集団による滅多刺し事件が起こる。
    被害者は歌舞伎町セブンにとってかけがえのない仲間!社会に蔓延る悪意の連鎖を断ち切るべく、東とセブンの共闘が始まる!
    ジウ・サーガと姫川玲子。誉田哲也の二大人気シリーズが衝撃のコラボレーション。硝子の太陽Rと硝子の太陽Nの2冊同時発売!

    以上、そんな内容の『硝子の太陽』ジウ・サーガサイド。
    まずは沖縄の反米感情を巧みに巻き込んだ壮大な陰謀が、衝撃的な面白さでした!
    次に前作に続いて、上岡の優しさと成長振りに涙……。この展開のために前作から成長していたのでしょうね……。ラストシーンは『必殺仕事人』のオマージュのようで魂に染み入りました!
    そして、悪に捕らわれた人質救出のために、刑事の東と自治を守る暗殺集団セブンが共闘!魂の奥底から痺れる展開にアドレナリンが分泌しっぱなしでした!
    姫川玲子とのコラボも嬉しかったですし、前作に続いて☆10の神作品O(≧∇≦)o

    8ヶ月前に今作のネット友人レビューで誉田さんを知り、誉田作品を20冊以上読んで7月2日読了&今年150冊目の記念本となりましたが、今まで他の誉田作品もたくさん読んで、敢えて遠回りして焦らし続けてようやく読んで、本当に良かった!
    姫川玲子シリーズも好きだし平均☆4、5の名作ですが、歌舞伎町&東シリーズの方が圧倒的に神懸かったカッコ良さと面白さ!極上のダークヒーローサスペンスを読みたい時にオススメです!

  • 前半と終盤のペースにギャップありすぎ。ジウを読んだのが最近なら楽しめたかも。

  • 東警部補の〈ジウ〉サーガのシリーズ
    歌舞伎町を主な舞台に沖縄米軍基地問題を絡めた殺人事件を東警部補と歌舞伎町セブンが犯人を追い詰める。

  • 8月-1。3.5点。
    東シリーズ。同時に姫川シリーズも発売らしい。
    沖縄の米軍反対運動にからみ、殺人事件が。
    大物左翼が逮捕され、なぜか東が聴取することに。
    公安、政治、色んな思惑が混じり合う。
    いつものおなじみの登場人物も出てくる。

    ちょっと事件が大がかりすぎる気が。さすがに読ませるが。

  • ジウから歌舞伎町セブンときて、今作は姫川シリーズとコラボ。手法は海外ドラマみたいだけど、違和感なく楽しめた。ただ、誰が主役なのかはっきりせず、登場人物が増えた分、散漫な印象も。

  • 沖縄での米国軍人が引き起こした事件には何ともし難く、泣き寝入りしなければならないようなのも少なくないんだろう。旅行で行った時は時間がゆっくり流れて、海がきれいでまた来たいと思った。話はかなり逸れたが、今回の玲子はおまけのような登場だったな。ただ、他の刑事にはやや胡散臭がられているのか。東も結局は歌舞伎町セブンにリードされてしまった感が強いね。ある意味では信頼してるんだなと思った。現代の必殺仕置人、クールだ。

  • R同様、コラボの場面が少ない。姫川とのコーヒーの場面は同じだったがもっと姫川がセブンと関わったり、ガンテツがさらにいやらしく絡んでほしい。東が歌舞伎町セブンのメンバーになるのか次回作に期待。

  • 東弘樹が担当している事件、それは長らく左翼運動に関わってきた左翼の親玉と言われる人物の取り調べだ。
    よく話を聞いてみると、この人物は必ずしも「親玉」と言われるような行動をしているわけではない。
    金を出す、という点ではそう捉えられても仕方がないが、引っ張ってきたところで何かが解決するわけではない。
    この尻拭いのような仕事は、姫川の事件とも絡み、歌舞伎町セブンとの関わりを経て、一つの誘拐事件へと集約されていく。
    私たちが見ている世界はバイアスだらけだ。
    自分にとって正しいことが世間的に正しいことだとは限らないし、社会が信じていることが自分にとっての現実とは限らない。
    だから、自分の物差しでもって他人を傷つけることは許されないのだ。

    歌舞伎町セブンは必殺仕事人のようだ。
    はらせぬ恨みを晴らします、と。
    この物語では、東は後手後手に回っているような印象を受けた。
    そして彼もそのことを自覚しているようだ。
    そのため、彼が主人公というよりも、歌舞伎町セブンの方が主人公のような印象を受けた。

    本書は同時刊行のR(ルージュ)よりは痛ましい場面が少なく、心理戦、謎解きの側面が強い。
    姫川玲子シリーズの凄惨さが苦手な読者は、こちらの方が好ましいかもしれない。

  • ジウ、ハング、国境事変、歌舞伎町セブン・ダムドを読んでからのこの本。
    長かった呪いがやっと解けたような気分。
    それにしても。姫川シリーズでは主人公の玲子が良く見えるように書かれていたから私は好感を持っていたのだけれど同僚からするとかなり煙たい存在なのに驚いた。ガンテツの嫌われぶりは想像出来てたけど姫川さんはちょっと意外。
    このシリーズ、まだまだ続くといいなぁ。

  • 4.0 ジウと姫川シリーズの夢のコラボ。ガンテツが良い絡み方をします。誉田哲也恐るべし。

全101件中 1 - 25件を表示

硝子の太陽N - ノワールに関連するまとめ

硝子の太陽N - ノワールを本棚に登録しているひと

硝子の太陽N - ノワールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

硝子の太陽N - ノワールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

硝子の太陽N - ノワールの作品紹介

沖縄での活動家死亡事故を機に「反米軍基地」デモが全国で激化した二月、新宿署の東弘樹警部補は「左翼の親玉」を取り調べることに。その直後、異様な覆面集団による滅多刺し事件が起こる。被害者は歌舞伎町セブンにとってかけがえのない男。社会に蔓延る悪意の連鎖を断ち切るべく、東とセブンの共闘が始まる!

硝子の太陽N - ノワールのKindle版

ツイートする