きみに贈る本

  • 192人登録
  • 3.57評価
    • (5)
    • (18)
    • (19)
    • (1)
    • (1)
  • 37レビュー
  • 中央公論新社 (2016年5月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120048517

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

きみに贈る本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館のヤングアダルト棚から借りてきました。若い人対象のブックガイドだけど、どの世代が読んでも面白く読めると思う。純文学なども分かり易く噛み砕き、自らの体験談を盛り込みながら語ってくれたので、脳みそが固くなる一方の40代には有難かった(笑)
    中村文則・佐川光晴・山崎ナオコーラ・窪美澄・朝井リョウ・円城塔。自著の紹介を含め、それぞれ10作品紹介しているが、個性が感じられて面白い。大岡昇平『俘虜記』(中村文則、佐川光晴)、夏目漱石『吾輩は猫である』(佐川光晴、円城塔)、太宰治『人間失格』(中村文則、円城塔)など、重複して紹介されている作品もあり、どう解釈しているかの違いもまた興味深く読んだ。
    6人の中では、一番朝井さんが印象的だったな。自著『武道館』の紹介は勿論、青春時代の幸福な読書体験、「共感できないことだからこそ、理解しようと思考する」ことの大切さ、など…改めて気付かされることがいっぱいあった。
    円城さんの、身も蓋もないようで、逆に肩の力を抜いて向き合えそうな日本文学の名作紹介も斬新でよかった。英訳を再び日本語に翻訳した、ウェイリー版「源氏物語」、今更ながら初めて知った。そういう楽しみ方もあるんだなぁ。
    早速読みたい本がいくつか出てきたので、近日中に探しに行きたいな。作家達のたくさんの思いを、この本から贈られた気がする。

  • 読んでも読んでも読みたい本が沢山ある。
    また増えていく~~~

  • 2017.11.15-
    今話題の作家さんたちがどんな本を贈ってくれるのか、とても興味深くて図書館で貸出。

    トップバッター中村文則さんからのめり込んで読んだ。
    私たちはただでさえ自ら光る画面に囲まれて生活している。それらを見て疲れた後、自然に触れにいくようにそっと本を読むのもいい。。
    そう!!まさにそれ!
    まさにスマホで目が疲れた後、私は本を開く。目を使うことは同じではないかと思われるんだろうけど、全然違うんだと思いながら。

    そして、佐川光晴さんのうまさ!
    佐川さんの言葉で、今までであれば興味も持たなかったであろう本達を次々と積ん読本登録した。
    佐川さんの本も読んでみたい。
    朝井リョウさんも同じく。
    こちらは、程よく興味のあった本ばかり。
    いつか読んでみたい、が次に読んでみたい、に変わった本多数。
    「本は、毛頭繋がるなんて思ってもいなかったモノ、人、感情を自由自在に繋げます」
    これにも深く感動した。
    その時、タイミングでの縁としか言いようがないと思う。

    山崎ナオコーラさんは同じ年。
    そのせいか、深く深く頷いてしまった。
    特に「親は、覚えていてほしいことを覚えておらず、忘れてほしいことを覚えている」
    これ!まさにこれ!
    深くがっかりし、寂しくも感じるその瞬間。。逆は腹立たしくさえ感じる。
    でも、きっとそんなもの。笑

  • 中村文則 書評

  • 最近有名な作家たちがおすすめする本。どうしておすすめするのかについて、作家自身の経験や体験に基づく話が多い。紹介されている本の内容にはほとんど触れられないので、どんな話なのか分からない…。

  •  中村文則、佐川光晴、山崎ナオコーラ、窪美澄、円城塔、5名の作家がおすすめの本を紹介する。新聞での連載を一冊の本にまとめたものです。さすがみなさん、よーーーく本を読んでいらっしゃるし、「読みたい!」という気持ちを掻き立てるのが本当に上手。読みながらamazonや図書館予約をポチポチ。ええ、軽い女です。

     この中でも中村文則氏の作品が好き(とは言ってもそのテーマの壮大さと抱えるものの大きさに圧倒されているだけ)で尊敬しているのだけれど、紹介されている本の既読率の高さが一番高くて嬉しかった。尊敬している人と頭の中の一部が本で繋がってるって嬉しいやん。未読の本は、読むのが楽しみ。
     共感というのは心地いい。だから昔の話をしながら盛り上がるお酒は楽しいのだろう。でも、もっとグサグサ来て読む前と読んだ後では自分が変わったように感じる読書体験をしないとなあ(それが読書の目的となるのも違う気がするが)と感じさせてくれる本でした。

  • 新聞連載だったからなのか

    書評というより

    上質なエッセイのように

    紹介されているので

    堅苦しくなく どれも面白いです


    そのうえで どの方も

    まったく違う世界を知る

    という読書の楽しみを

    伝えてくれるのが

    とても嬉しい


    目から鱗が落ちる読書も

    共感する読書も

    どちらも 素晴らしい体験ですよね

  • 知っている作家さんと知らない作家さん、それぞれの薦める本の紹介。
    作家さん自身の作品も読んでみたいと思ったり、推薦の本のどれを読もうと思ったり、同じ作品を違う視点で紹介していることもあったりと、盛りだくさんの内容で満足。
    手元に置いておきたい。
    台湾好きな私としては「路」を買いに行こうと思う。

  • 2017年1月22日に開催されたビブリオバトルinいこまで発表された本です。テーマは「リョウ」。

全37件中 1 - 10件を表示

きみに贈る本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きみに贈る本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きみに贈る本を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする