国際主義との格闘 - 日本、国際連盟、イギリス帝国 (中公叢書)

  • 17人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 後藤春美
  • 中央公論新社 (2016年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120048548

国際主義との格闘 - 日本、国際連盟、イギリス帝国 (中公叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  WWIの教訓から国際協調のために作られた国際連盟、というのが教科書的な理解である。しかし東アジアはほとんど戦場とならず、既存の国際秩序が維持されていたため欧州とは前提が異なっていた。国際連盟とて既存の帝国主義に挑戦はしていなかったが、公的には植民地や委任統治領ではなかった中国には国際連盟が援助/協力を行う余地があり、東アジアに次第に介入してくる国際主義に反発する日本、というのが大まかな構図である。日本の視点ではリットン調査団とそれに続く連盟脱退が有名だが、前述の大きな流れで理解する必要があろう。
     連盟(というより事務局保健部長だったポーランド人のライヒマン)があまりに中国に肩入れしすぎているように日本には見えた(そしてそれはある程度事実)ことも日本の不信を買った大きな要因だろう。連盟が行ったのは技術的・人道的協力と言えど、政治性と無縁ではなかったということである。その一方で自らも帝国を持つ英国は少なくとも日本に完全に敵対的ではなかったわけであり、リットン調査団自体もそうだった。後世から見ると、日本が多少損をしても連合国側を敵に回すのを避けられる方策はなかったのかと考えてしまう。

  • -

    近年再評価が進む国際連盟だが、東アジアでは国際協調を模索しながら満洲事変後の日本脱退を防げなかった。日本やイギリスの帝国主義はなぜ連盟の国際主義と対立したか、新視点で検討する。

全3件中 1 - 3件を表示

後藤春美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
英『エコノミスト...
アントニー・ベス...
有効な右矢印 無効な右矢印

国際主義との格闘 - 日本、国際連盟、イギリス帝国 (中公叢書)を本棚に登録しているひと

国際主義との格闘 - 日本、国際連盟、イギリス帝国 (中公叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

国際主義との格闘 - 日本、国際連盟、イギリス帝国 (中公叢書)はこんな本です

ツイートする