文章読本X

  • 31人登録
  • 3.25評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 小谷野敦
  • 中央公論新社 (2016年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120049118

文章読本Xの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者の本を初めて読んだが、著者は教養主義と反教養主義とのあいだでほどよくバランスをとっていると感じた。根拠のない断定と根拠ある推測とが入り混じっていて面白かった。けっきょくは著者自身が魅力的な人物なのだと思った。

  • 何が主張したいのか?今一つ得られるものが少ない本である。文章について書かれているという意味では、この題名でよいけれど、その中身はX(わからないもの)である。

  • 2016/12/10

  • なんというか全体的に中途半端な本だったという印象。
    文章にとって肝要なのは「美しい」ことではなく「正しく伝えられること」で、概ねそういった文章は美しくはない、というのが筆者の大きな主張の一つなのですが、その割に本文では文章の美しさについて、実際の小説を引用しながらかなりページ数を割き、分析している。著者の主張に基づいて分析するのであれば引用するのが小説ばかりなのはおかしいのではないかと思わざるを得ない。また同時に小説で「文章が美しい」と評価されることはあるけれどそれは必ず内容と不可分なものであるはずという主張もあり、これは賛成とも反対ともいえるなあという感想で、例えば一冊まるごと文章が美しいというだけで評価されるのはさすがにとは思うけれど、短編小説や長編の一部の風景描写に限れば描写の美しさだけで評価を得る部分もあり得るのではないか、という感じだ。
    だいたい、結局この本はどういった層に向けて書かれたものなのかがはっきりしない。SNSの発達した社会で、普通の人々が文章を発信する機会は比較にならないほど増えたからそのためなのだろうかと思うけれど、そういった人々がわざわざこの本を手にとって読むだろうかというのが疑問として残る。そういった普段本を読まない人が手にとったとしても引用は小説からばかりだし、参考にはならないのではないか。小説家を目指す人向けに書かれた訳ではないようだし(オマケ程度にその人々へ向けて書いてある)。
    結局この本の中で批判しているわざわざ水増しさせているだけの本のようにも感じられた。

  • 文体の章面白かった。加えて接続詞と使い方など実践的なところもあります。

  • 文章を書くことの敷居がインターネットの普及により歴史上最も低くなった現代。SNS時代の「文章の書き方」を実践的に指南する。

全6件中 1 - 6件を表示

小谷野敦の作品

ツイートする