いじめのある世界に生きる君たちへ - いじめられっ子だった精神科医の贈る言葉

  • 77人登録
  • 3.80評価
    • (5)
    • (4)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 中井久夫
  • 中央公論新社 (2016年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (100ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120049217

いじめのある世界に生きる君たちへ - いじめられっ子だった精神科医の贈る言葉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いじめに関する本は子供向けから大人向け、小説、教育・心理学専門書など山のようにあり、まあそれぞれためになることが書いてあるようにも思えるが、これは子どもも(小学校高学年くらいなら)読める文章で書かれている本としては、出色の本ではないか。
    いじめの構造と展開が非常にクリアにまとめられており、どんないじめもこのパターンに当てはめることができる。いじめの当事者(加害者・被害者・傍観者)はそれぞれの立場で混沌とした思いを抱き、事態は複雑で、そう簡単に分析はできないと思いがちだが、こうして考えると非常にわかりやすい。「なんだ、客観的に見ればこんなことか」と。
    それだけでも救われた気持ちになる気がするし、何より(ここが一番大事なことだけど)書き手に優しさと知性と人間的な大きさがあるため、分析されて、「自分は学者の研究の道具じゃない!」と感じる余地がないこと。
    優しくて温かいが客観性や分析力に欠ける人、分析力があって知的だが冷たい人というのはゴマンといるが、優しさと冷静さと知性を兼ね備えている人は非常に少ない。(だからこそ優れた精神科医なのだろうが。)こんな人に話を聞いてもらえたら、と私ですら思う。
    具体的な対応法が書かれているわけではないが、事態を客観視できるようになると、自ずと変わってくると思う。

    いじめの渦中にある子供の手に届けばいいな、と思う。

    パワハラ、モラハラについてもほぼ同じ分析ができると思うので、子どものいない大人にも読んでほしい。

  • ▼福岡県立大学附属図書館の所蔵はこちらです
    https://library.fukuoka-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=151516

  • 短い文章の中に、いじめに対する深い洞察といじめられてる子どもへのいたわりが込められている。この本を読んでいじめられている子が自分を客観視し、重荷から解放されるとは思わない。むしろ、第三者が当事者にこの本を勧めるというその行為自体が救いになる可能性はあるだろう。それこそ、孤立化から無力化、透明化への進行を食い止めることになるのだから。

  • 371

  • このメカニズムは何も特別なことじゃなくて、この社会のどこでも、ごく普通に行われてしまうということ。
    そして、みんなそんなことしてるという自覚がないまま行われるので、気づいたときには取り返しがつかないことになっていたりするということ。
    当たり前に起きていることだから、起こさないようにすることはできない。起きていることに気づいたとき、どう動くか。

    ひとりでは難しいね。仲間を作るの大事。
    でも、それが始まる原因も、仲間作りだったりするのね。

  • いじめのプロセスについて、的確に解説しているのですが、酷い具体的な描写がある訳ではなく、子どもにも分かる表現で書かれてあるのですが、凄くストレートに心に突き刺さります。私も酷くはないが、からかわれていたので、凄く腑に落ちました。
    大人として、どうやったらいじめられている子どもを助けられるか、具体的ではないが、的確にその方法が表現されています。
    精神科医の巨匠ならではの、全力の誠実さが感じられます。

  • 帯にも、編者あとがきにもあるように、これを「読むと読まないでは」対応がまったく違ってくると思う。

  • 日本を代表する精神科医、中井久夫の「いじめの政治学」を子ども向けに訳した本。いじめの過酷なプロセスを精神会の知見から叙述。いじめられている子ども、いじめ体験に傷ついた子ども、いじめをみている子どもたちが、自分の状況や体験を理解し、サバイバルのきっかけをつかむ心の1冊。親や教師、子どもの近くにいる大人たちが、いじめを軽く見ず、真剣に向き合うための必読の書。

全9件中 1 - 9件を表示

中井久夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
最相 葉月
村田 沙耶香
三浦 しをん
ヴィクトール・E...
又吉 直樹
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

いじめのある世界に生きる君たちへ - いじめられっ子だった精神科医の贈る言葉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いじめのある世界に生きる君たちへ - いじめられっ子だった精神科医の贈る言葉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いじめのある世界に生きる君たちへ - いじめられっ子だった精神科医の贈る言葉を本棚に「積読」で登録しているひと

いじめのある世界に生きる君たちへ - いじめられっ子だった精神科医の贈る言葉の作品紹介

精神科医の卓越した人間論に裏づけされた「いじめ」論であり、学校関係者にも必読の書です。読むか読まないかで、いじめへの対応が変わります。深い「いじめ」論が、やさしく読める。精神医科が自身の体験をもとに綴ったバイブル。

いじめのある世界に生きる君たちへ - いじめられっ子だった精神科医の贈る言葉はこんな本です

ツイートする