真淵と宣長 - 「松坂の一夜」の史実と真実 (中公叢書)

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 田中康二
  • 中央公論新社 (2017年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120049484

真淵と宣長 - 「松坂の一夜」の史実と真実 (中公叢書)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

真淵と宣長 - 「松坂の一夜」の史実と真実 (中公叢書)を本棚に登録しているひと

真淵と宣長 - 「松坂の一夜」の史実と真実 (中公叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真淵と宣長 - 「松坂の一夜」の史実と真実 (中公叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真淵と宣長 - 「松坂の一夜」の史実と真実 (中公叢書)の作品紹介

「松坂の一夜」とは、本居宣長が賀茂真淵に出会い、古代研究の志を受け継いで国学を大成するきっかけとなる、一期一会の一夜を指す。一九一七年に佐佐木信綱が発表した同名の文章は、二人の出会いを劇的に構成した。以来、麗しい師弟関係は人の記憶に残る物語として、国語教科書などさまざまなメディアを通して流布することになった。しかしこの「美談」は、一方の当事者である真淵から見ればどのようなものであったか。あるいは別の第三者の視点で切り抜けば、どのような姿を現すのか。残された資料を読み解き、いくつもの様相を呈する「松坂の一夜」の真実を描き出す野心的な試み。

真淵と宣長 - 「松坂の一夜」の史実と真実 (中公叢書)はこんな本です

ツイートする