村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事

  • 294人登録
  • 3.87評価
    • (15)
    • (20)
    • (18)
    • (2)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 村上春樹
  • 中央公論新社 (2017年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120049675

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
又吉 直樹
村上 春樹
村上 春樹
本谷 有希子
村田 沙耶香
西 加奈子
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事の感想・レビュー・書評

  • 1980年代初め頃から、ほぼ同時代的に彼の翻訳したものを読み続けて来たけれど、先に息切れしたのは私だった(笑)
    読むの追いつけないほど訳すって凄すぎる。
    後半の柴田先生との対談を読むと、翻訳が楽しくてしょうがない様子がよくわかる。
    翻訳作業は「究極の熟読」。写経と同じで、いちいちぜんぶ引き写している、本当にいい勉強になる、と。

    また、アンソロジーや短編集が好きな村上さん、最近の電子書籍の短編ばら売りに、「あれはどうかな」と言っていた。確かに一冊の書籍にする際にどんな作品をどんな順番で入れようか、すごく悩んで時間をかけているはず。「総合的な成り立ちを大事にしていかなくちゃならない」って、同感。

    カタログとしてもわくわくが止まらない、素敵な本です。

  • 解説付きのビブリオグラフィかな、くらいなイメージで手に取りましたが、すごくおもしろくて、いろいろと考えさせられました! 良い方向にビックリした本です。
    村上春樹の仕事録、っていうより、「本好きの人が好きな作品について語る本」っていう感じの本でした。文学に対する愛にあふれていて、読んでいる私も幸せな気分に。

    昔は、「本についての本」って、正直言って全然おもしろくなくて好きじゃなかったけど、最近の「本についての本」ってすごくおもしろくて驚きます。桜庭一樹さんの本とか、翻訳者が翻訳について語る本とか。
    この本の最後に、都甲氏(って誰か知らなかったんですけど・・・)が、「教養主義の終わり」について述べておられたけど、確かに、昔の「本についての本」って「教養主義」な匂いがしたな、と思ったり。いやー、いい時代です。こういうのも広い意味でインターネットのお陰なのかな。価値観を多様にしたって意味で。ネットって本の敵みたいに思われているけど。

    カーヴァーの作品は、映画化されたものを先に見て、それらがあんまり好きじゃなかったので、短編を1、2作読んだきりずっと敬遠していました。
    でも、この本を読んで、居ても立ってもいられず、まっすぐ本屋に行って「足もとに流れる深い川」をその場で立ち読み。うおぉ、おもしろい!と震えました。映画監督たちが彼の作品を映画化したがる気持ちがちょっと分かった。映画みたいに脳裏に映像が浮かびます。でも、残念ながら、というか、当然ながらこれは文字で読むべき作品だと思った。すごいなぁ。
    ぜひ「大聖堂」とかちゃんと読んでみたい。

    てことで、いくつか読みたい本リストが増えました。うれしいな。
    フィリップ・ロス(おしゃべり)とか、カポーティ(始まりがキラキラ)とかの印象を語ってるのを読むと、そうそうそうそう、分かる分かる、と、彼らの作品でまだ未読のものを読みたくなってウズウズ。

    とにかく読んでいて心踊る本でした。

  • 村上春樹の翻訳した本の一覧もさることながら、柴田元幸さんとの翻訳に対する対談が面白い。全翻訳読破しようっと。

  • 先日、村上春樹さんが翻訳したマイケル・ギルモア『心臓を貫かれて』をはじめて読んで、まさにハートを貫かれてしまい、これに気をよくして彼の翻訳したティム・オブライエンの作品を久しぶりに読み直してみると、これまた素晴らしい……。そんなこんなで彼が翻訳した本はいったいどのくらいあるのかしらん? 

    なんと70冊! 翻訳本の集大成。一冊一冊丁寧に撮影された翻訳本とオリジナル本の写真が美しい、翻訳にあたっての思い出やコメントはとても興味深く、未読本にもがぜん親近感が沸きます♪ なんといっても翻訳家の柴田元幸さんとの対談がよかったな~。

    そういえば、奇しくもこの本と同じころに発刊されたポール・オースター。柴田元幸訳の『冬の日誌』&『内面からの報告書』は、64歳のオースターが半生を回想した面白い作品。村上さんもそうですが、もしかすると人は還暦を迎えると自分の活動をひととおり振り返り、もじどおり心機一転、またあらたな人生を歩み始めるのかも。いいですね~。

    忍耐を要する翻訳を趣味のように心から楽しみ、優れた作家から貪欲に学んでいこうとする村上春樹の自然体がなんとも印象的で、そんな彼の生き方に元気をもらいました。ということで、私も面白そうな未読の翻訳本に挑戦してみよう~♫

  • 村上春樹が翻訳した作品について語る本で、村上春樹翻訳の本はチャンドラーの翻訳を中心に数冊しか読んだことが無くて、こんなにたくさん翻訳していたんだ、と改めてびっくりした。もっと村上春樹翻訳の本を読んでみたいな、と思った。

  • もし世の中に「翻訳の神様」みたいなものがおられるとすれば、
    僕はたぶんその神様を祀った神殿なり神社なりを、
    どこかに建てなくてはならないのではないか。
    いつもそのように考えている。 ーーーー村上春樹

     村上春樹といえば、言わずと知れた大小説家だ。決して寡作でもないのに、これまで70冊もの本を翻訳してきたという。…天才を超えて変態だ。村上春樹3人いる説でも唱えたくなるけれど、本書を読むと本当に翻訳を心から楽しんでやっていることがよくわかる。他の人が努力しているときに、笑いながらやってるんだから敵うはずがない。
     訳文は古びる、重訳に対する考え方とか、読んでて面白かった。
     ペーパーバックに手出そうかな。途中で心折れるだろうけど。。

  • 【No.114】「翻訳という作業は、根っから性格に向いていたのだと思う。そしてそういう”向いたもの”にうまく巡り会えただけでも、僕の人生の幸福度の目盛りは、確実にいくつか刻み目を上げることができた」「自由に好きにやれることと、制約の中でベストを尽くさなくてはならないこと。どちらか一方だけの人生だったら、やはりちょっと疲れていたかもなと思わなくもない」「人気もそんなになかったらしいんですよね。だれも喜ばない。だけどやっている。そういう、取り込んでは出す、というのを、ちょっと異様なくらいできる人だった」「何か指摘があるということは、何かしらの問題があるはずだから、指摘のとおりに直すとは限らないけれども、必ずそこについては考えることにしている」

  • 翻訳について語る時に村上春樹が語ること。とても楽しそうに翻訳をしている風が欲望伝わって来た。

  • 小説家・村上春樹は大の苦手で、「The ムラカミ」な著作のタイトルを見ただけでぞっとしたりもする(笑)
    だけどR・カーヴァーをはじめ、翻訳作品は素直に読んでいた。
    この本はタイトル通り村上春樹が今までに手掛けてきた翻訳作品をひとつずつ本人のコメント付きで振り返り、
    後半には翻訳家の柴田元幸との対談←これがボリュームも中身もあって読み応えあった~
    翻訳のプロセスなども書かれていて興味深いし、「誤訳」についての持論、作家たちとのエピソードとか、色々と盛りだくさん。
    村上の小説はちょっと。。。っていう人(私)でも、翻訳家に興味があったり海外文学が好きだったりするなら読んで損はないです!

  • 請求記号:910.26/Mur
    資料ID:50087054
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • こういう過去の仕事をまとめたアーカイブものの本は、「データベースとしてはいいけど、読み物としてはちょっとなぁ」と感じることが多いが、本作では小説とは違う翻訳の楽しみ方を教えてもらった。
    「村上春樹ほどの人なら、最初から翻訳なども軽くこなしてたんだろう」などという思い込みは軽く吹き飛ばされる。
    何度も間違え、たくさんの朱を入れられながら翻訳の腕を磨いてきた姿に背筋を正される思いがした。
    それでも「血の滲むような努力」みたいな悲壮感は微塵もなく、翻訳は「自分へのごほうび」であり「午後からの楽しみ」であり「時間さえあればついやってしまうもの」という。
    「これからは国際社会なんだから英語くらい…」などと100回説かれるより、遊ぶように学ぶ大人の格好良さは刺激になる。

  • 村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事読了。職業小説家としての一面と翻訳家としての一面。その二つの面は似ているように見えて実はまったく違うものである。そして、翻訳家の一面があったから職業小説家としての力を強めることが出来たという。では、その翻訳した作品はどんなものがあるのか知りたかったので読んでみた。その結果、スコット・フィッツジェラルドやレイモンド・チャンドラー、レイモンド・カーヴァー、カポーティなど数え切れないほどの量の翻訳をしていたことがわかった。グレートギャツビーやささやかだけれど、役にたつことは前々から気になっていたので今度読んでみようと思った。

  • タイトルどおり村上春樹さんが今までに翻訳した約70冊の本の紹介と翻訳時のエピソード。おすすめ本という意味では、それを翻訳してしまうほどおすすめと言われると説得力ありますね。文体などは全く違うそうで、違う文体の中に入って仕掛けを見るのが楽しいとか。後半は翻訳家柴田元幸との対談。「翻訳夜話」の延長のようで、詳しい世界ではないのだが、舞台裏が面白い。

  • 洋書読みたくなった。

  • 現存する職業作家のうち、自らの創作活動と平行して最も多くの翻訳活動を行っているのが村上春樹であるのは間違いがない。僕自身にとっても、レイモンド・カーヴァーやレイモンド・チャンドラー、ティム・オブライエン、ジョン・アーヴィングなどとの出会いは、彼の翻訳がなければなかった可能性があるし、スコット・フィッツジェラルドやJ.D.サリンジャー、トルーマン・カポーティなどの新訳によって、改めて作品の持つ素晴らしさに触れるなど、彼の翻訳作品を読むのは大きな楽しみであった。

    本書では、彼の翻訳作品の全仕事のクロニクルや、そのサポート役を長年務めたアメリカ文学者/翻訳家の柴田元幸との対談等を通じて、彼の翻訳活動の全体像を掴むことができる。改めて読んでいない作品もたくさんあることに気づき、1冊ずつ読んでいく楽しみが今後も得られることを嬉しく思う。

  • 村上春樹の翻訳は数冊しか読んでないが、この本は読みたかった。
    柴田元幸さんが、結構関わっておられることは知らなかった。

  • ★3.5。
    作家が翻訳に勤しむ秘密が垣間見える。文章の習得、究極の熟読等々、年間2冊程度の翻訳本を世に送り出してきた実績から重みがあります。
    それにしても他の作家はどうやって文章・文体を我が物にしているんだろうか?村上春樹を通して心に浮かんだ素朴な疑問であり、本作読了後の最大の関心事です。Bruceじゃないけど学校じゃぁ学べんでしょ?他の小説なのかな?

  • 翻訳におけるこれまでのランドマークという感じで、翻訳家としての村上春樹の魅力いっぱい。カーヴァーやフィッツジェラルドを日本に紹介した功績はとてつもなく大きい。

  • 翻訳本には(スティーブン・キングは別)あまり興味がなかったけど、あまりに著者が夢中になって読んでこれを訳したいって(日本にも紹介したい)って思ったほどの小説なら
    読んでみたくなった。
    小説と翻訳が上手く連動して(別の筋肉を使ってそれぞれに相乗効果があるらしい)書けるってのがすごい。
    翻訳は柴田元幸氏との対談でも触れてたけど楽しい作業らしい。
    絶賛しているいくつかの春樹翻訳の本、読んでみよう。

  • 気軽にも読めるが、知識次第では人それぞれ深めることもできる。
    翻訳を全然知らない人から、翻訳に携わる人まで。

  • 語学もできないくせにいつかじっくり翻訳…ぢゃなくても、読みたい本を言語で読みたい。と思うけど、好きな人は時間があるないの問題ぢゃなく、読んで、楽しんで訳すんだな、と。翻訳本はどうも苦手だったけど、訳者に村上春樹の名前を見るとつい手にとってしまう、翻訳本も訳者で選べる楽しみ。とりあえず「バースデイ・ストーリーズ」を図書館予約。

  • 初読。図書館。小説家・村上春樹の本はほぼすべて読んでいるが、翻訳家・村上春樹の仕事はずいぶん前に数冊しか読んでいない。どの作家にものめりこめなくて、「翻訳してる時間あったら新しい小説書いてくれよぉ」と思ったものだ。でも村上さんにとっての仕事としての翻訳の話はとても面白くて、今は「翻訳したいだけしていただいて、さらに新しい小説もお願いします」と思っています。

  • ほとんど読んでいる、と思ったら絵本など読んでいないものがあって、村上さん結構な数を訳しているのだなと改めて。
    小説はほぼコンプリートなので、「グレイス・ペイリーとジム・フジーリとダーグ・ソールスターを読んだ者だけが村上×柴田トークイベントの落選メールに石を投げなさい」と言われたら進んで石を拾いにいくのだが。
    「翻訳夜話」ももちろん読んでおり、翻訳トークとしてはすごく新しいネタがあるわけではないのだが面白く読んだ。村上さんには、小説も書いて欲しいが翻訳も期待している。なにしろ、「Novel 11, Book 18」のように、「空港でちょっと買ってみた本がすごく面白かったので翻訳した」などというやり方で本が出版されるのは村上さんだけだろう(ビッグネームだから許されると言う意味で)。

    村上さんは翻訳は無私の状態で相手の作家の中に入っていくのだと言う。しかし彼の翻訳には彼ならではのタッチがある、と皆が思っているはずだ。村上さんの小説世界という巨大なものがあるからそう思うのかもしれない。そしてそれだからこそ村上訳はいいのだ。

  • 良書。盟友柴田元幸との対談もよいが、村上春樹の翻訳家としての全仕事について、なぜこの本をその時期に自分が翻訳しなければならなかったのか、という村上自身の現時点での見解が紹介されている点に何よりも価値がある。原書の写真も全てカラーで紹介されており豪華。ああ、これ読んだなとか、これ読んでみようとか、次に繋がる本であり、最良のブックガイドである。印象的だったのは、村上春樹の中で、(知ってたけど)、フィッツジェラルドとカーヴァーは特殊な位置づけであること(改めてカーヴァーを読み直してみようと思った)、カーヴァーの全翻訳は愚作も含めて翻訳しなければならないので辛かったとの点である。4月27日発売のインタビュー集「みみずくは黄昏に飛び立つ」もとても楽しみ。MONKEYで川上未映子のインタビュワーぶりが素晴らしかったからである。

    以下備忘録
    【小話】
    ・「空飛び猫」シリーズは、村上春樹の読者に勧められて翻訳したが、その読者とは、ポスドク時代の福岡伸一であった(!)
    ・中央公論の山荘で缶詰になっていたとき、朝から仕事をする村上春樹と、朝まで仕事をしていた橋本治が、朝のひとときを源氏物語(!)の話をして過ごしていた(源氏物語の何を話していたのだろう?)
    ・早川書房は翻訳部門が充実しきちんと校閲をしてくれるため、柴田元幸がアドバイスしていない。

    【読んで面白かった村上春樹の翻訳小説】
    ・Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選
    ・誕生日の子どもたち

    【今後読もうと思う村上春樹の翻訳小説】
    ・ワールズ・エンド(世界の果て)ポールセロー
    ・極北 マーセル・セロー

全30件中 1 - 25件を表示

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事を本棚に「積読」で登録しているひと

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事はこんな本です

ツイートする