知的機動力の本質 - アメリカ海兵隊の組織論的研究

  • 73人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 野中郁次郎
  • 中央公論新社 (2017年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120049743

知的機動力の本質 - アメリカ海兵隊の組織論的研究の感想・レビュー・書評

  • この本の意図を読み取るには、p.102からの「知識創造モデルの哲学的基盤」を理解しておく必要がある。そこの敷居を超えられなければ、難解な本かもしれない。
    「アメリカ海兵隊」、「失敗の本質」、「史上最大の決断」を読んでいる人にとっては、程よいまとめの一冊となっている。

  • ちょっと難解。難解というか難しい内容というのではなく
    わかりにくい表現や、文書が多く頭にすっとはいってこない
    ものが時々ありました。
    理解できれば、その内容は有意義な内容ではあると思う
    のですが。
    ただ、軍隊の戦略なので、ちょっと違う気がする部分も
    あるような。
    でも、海兵隊の考え方について仕事での組織運営には
    ためになることも。

  • 確かに、日本型組織と通じるところはあると思う。
    グローバルという言葉に踊らされる中、ぶれてはいけない何か...
    自分含め、日本人も軟弱になり過ぎた事も問題ですが。
    海兵隊と陸海空軍の違いも勉強になりました。
    来年のフレンドシップデーは楽しみ方が変わるかも?

  • 途中哲学的な議論が入りやや読解に苦労しそうに見えるけど、それほど難解ではない。夏休みにじっくり読みたい本。
    アメリカ海兵隊の組織論はかつて日本型組織の強みとされていたことや、東洋哲学、ギリシア哲学と類似点が多いことに気付かされる。また、常に存続の危機にさらされていた組織がいかに新しい価値を生み出していくかを考える上では、卑近な話として学ぶところが多い。

  • 本書は、2部構成となっており、第1部はアメリカ海兵隊の知的機動力というテーマで海兵隊の歴史概観にはじまり海兵隊の組織論的分析、また海兵隊の知的機動力を著者自身が提唱した組織的知識創造理論とリーダーシップに呼応させて解説されいる。
    興味深かった点は、海兵隊のジョン・R・ボイド空軍大佐が提唱した意思決定モデル「OODAループ」と、野中郁次郎氏が提唱したSECIモデルは直接経験を起点とする点において共通項を持つ点である。つまり、組織的知識創造の起点は主観的・身体的な暗黙知の直接共有にはじまるという各々の指摘は、現在私自身が関わりを持つマーケティングの領域において、顧客ニーズやインサイトを発掘する手段としての顧客観察や共体験の重要性を裏付ける貴重なモデルと捉えた。
    第2部では、海兵隊が訓練や実践のマニュアルと位置付ける「ウォーファイティング」が掲載されている。本マニュアルは、アメリカ海兵隊を特徴づける哲学について書かれており、ここに含まれるのは単に戦闘行動の手引きではなく考え方である。アメリカ海兵隊は、陸海空軍とは異なり常に存在意義を問われ続ける中で自己否定と革新を繰り返しながらも、名誉、勇気、献身という3つの中核価値を基本的価値観として組織運営を行う点において企業組織が学ぶべきことが多数あった。

  • 旧日本軍の敗因を分析した『失敗の本質』から33年。姉妹篇となる本書では、日本軍を敗北に追い込んだアメリカ海兵隊の強さの秘訣を解き明かす。経営学の泰斗による研究の集大成。

  • 消耗戦に対する機動戦の本質とは何か。そして機動戦を得意とする米国海兵隊の根底にあるビリーフは何かを教えてくれる。優れた組織の秘訣は採用にあると思っていたが、採用後のブートキャンプでも変えることが可能だと理解。今後の日本企業は採用前の厳選か、採用後のブートキャンプ、どちらかを選ぶ必要があると思う。

全7件中 1 - 7件を表示

知的機動力の本質 - アメリカ海兵隊の組織論的研究を本棚に「読みたい」で登録しているひと

知的機動力の本質 - アメリカ海兵隊の組織論的研究を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知的機動力の本質 - アメリカ海兵隊の組織論的研究を本棚に「積読」で登録しているひと

知的機動力の本質 - アメリカ海兵隊の組織論的研究はこんな本です

ツイートする