デンジャラス

  • 201人登録
  • 3.55評価
    • (8)
    • (22)
    • (25)
    • (5)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 桐野夏生
  • 中央公論新社 (2017年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120049859

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
東野 圭吾
宮部 みゆき
原田 マハ
米澤 穂信
東山 彰良
吉田 修一
宮部 みゆき
奥田 英朗
宮下 奈都
辻村 深月
吉田 修一
桐野 夏生
伊坂 幸太郎
池井戸 潤
湊 かなえ
雫井 脩介
西 加奈子
東野 圭吾
西 加奈子
辻村 深月
東野 圭吾
西 加奈子
桐野 夏生
有効な右矢印 無効な右矢印

デンジャラスの感想・レビュー・書評

  • 谷崎潤一郎の妻松子の妹重子の目線で書かれている、谷崎家の妖しくもデンジャラスな暮らし。
    こういう作家の暮らしぶりの小説を読みたかったのです。
    しかも谷崎潤一郎なんて、まさにうってつけ。
    「細雪」は実はまだ読んでいなかったから、読む前にこちらを読んで良かったかも。

  • 小説を書くためならば、息子の嫁でさえも
    愛せる男・・・さすが、谷崎潤一郎。
    現実と小説の境目をわざと曖昧にすることで
    人々のさらなる関心と興味を集めていた谷崎作品は
    最も身近にいる女性たちに
    深い喜びと嫉妬をもたらしていたのですね。
    細雪のモデルになった重子さんの誇りと恥辱の間を揺れ動く心に魅入られてしまいました。
    今度は千萬子さんサイドから見た
    谷崎とその女たちの物語を読んでみたいと思う。

  •  思っていたような『デンジャラス』ではなかった。もっと肉体的にもドロドロした感じになるのかと思ったが、肉体的なドロドロは皆無。でも、より心理的な妖しさは強く感じられた。

    内容は、かの文豪、谷崎潤一郎の物語。と言っても、語り手が妻の妹であるので、妹の重子の目を通した谷崎潤一郎にまつわる人物たちの物語となっている。
    途中からは桐野夏生ではなく、実際に重子が描いているのではないか?と錯覚しながら読んだ。

    内容的にはそれほど面白いものではないが、女の欲であったり嫉妬であったりが実に巧みに描かれた作品。谷崎潤一郎の本を読んでみたくなった。

  • 谷崎潤一郎の三人目の妻の妹の視点から、晩年の谷崎家のデンジャラスな暮らしを描く。

    語り手となる妹は『細雪』のモデルであり、谷崎を慕う主人公はそのことが生きる上での支えとなっている。語り口調は上品で穏やかだが、谷崎に愛されることを切望している女性たちの姿は何とも痛々しい。
    奔放に振る舞う谷崎も、さもありなんという感じで、桐野夏生のとらえかたが実に巧みだ。

    文豪と称される谷崎、『春琴抄』『刺青』『痴人の愛』などを読んだのはたぶん10代の頃で、禁断の美を感じるどころか純真な心には気持ちの悪さしか感じなかった。が、30歳前後で読んだ『細雪』はおもしろかった記憶がある。
    興味のある女性を身近に置いて執筆の原動力とする、老いてますます盛んな作家、やはり読み手もある程度熟していないと魅力はわからないのだと、本作を読んで改めて思った次第。

  • 主人公は酔夢の中で、自分自身を文学的な人=夢と現のあわいをいったりきたりする=小説の中に生きる人と位置付ける(谷崎潤一郎に語らせる形で)。小説の中に生きるということは現実の人生をコントロールできないということに繋がり、主体性がなく人に頼って暮らすということになるわけだ。
    谷崎潤一郎の”家族王国”をメタモチーフとして用いるこの本では、谷崎が家族たちを小説のネタにする罪深さと、私たちが実在の人物を虚構のキャラクターとして消費する罪深さを2重に感じさせる仕掛けになっている。さらに谷崎ほどの文豪になら主人公のように物語に消費されてもよいかもしれないというほの暗い喜びを堪能できる。

  • 谷崎潤一郎と彼を囲む女たちの話。
    小説のモデルとなったとも言われている
    妻や妹、息子の嫁、女中らなど
    女が彼の創作の源だった。
    女たちから見た谷崎は
    さぞかし憎らしかっただろうが
    だからこそ愛しかったのだろう。
    読み終わって謝辞を見てびっくり、ちまこさんご存命…

  • 失礼なことに千萬子さんお亡くなりになったのかと思ってしまった。ご存命の間によくお許しになったというか、あまりよく描かれてないのがお気の毒な感じ。だけど、重子さんから見てよく描かれない方が、より谷崎に対して強い影響力があったということだから、その方がいいのか。

    松子さんが朝10時まで寝ていたとか、重子さんが朝から飲んでいたとかいうのが、個人的にとても気に入ったのだが事実なのかな。

  • 好きな女性だけを手元に置いた谷崎。谷崎の妻である松子の妹・重子の視点から、その生涯が描かれる。谷崎の千萬子への愛。松子と重子の嫉妬。こういう話は苦手なはずなのに、面白く読めた。読み終わった後で謝辞を見て、まさか!と二度見してしまった。この小説を描いた桐野さんの気持ちがデンジェラスだったのかな。

  •  日本文学史上もっとも貪欲で危険な文豪・谷崎潤一郎。
     その文豪の創作の源は彼の築き上げる「家族帝国」の女たちであった。3人目の妻―松子、その妹重子、そして重子の嫁―千萬子。
     その女たちは彼の創作活動の源でありながらも、彼の個性と生き様に翻弄され、四角関係のなかで喘ぎ、悦び、落胆するという煩悩の炎を燃やし続けてゆく。

     谷崎の生涯については教科書レベルでの知識しかなかったが、今回、桐野の描き切る谷崎の「家庭帝国」での谷崎の生き様に驚嘆するとともに、重子を通して女の怖さ恐ろしさを見せつけられるが、重子はまた魅力的でもあった。

    (内容紹介)から

     君臨する男。
     寵愛される女たち。

    「重ちゃん、ずっと一緒にいてください。死ぬときも一緒です。僕はあなたが好きです。あなたのためには、すべてを擲つ覚悟があります」兄さんはそのまま書斎の方に向かって歩いて行ってしまわれました。
     その背中を見送っていた私は思わず目を背けたのです。これ以上、眺めていてはいけない。 そう自戒したのです。(本書より抜粋)

     文豪が築き上げた理想の〈家族帝国〉と、そこで繰り広げられる妖しい四角関係――
     日本文学史上もっとも貪欲で危険な文豪・谷崎潤一郎。
     人間の深淵を見つめ続ける桐野夏生が、燃えさかる作家の「業」に焦点をあて、新たな小説へと昇華させる。

  • 「細雪」の雪子のモデルと言われる谷崎潤一郎の妻松子の妹重子の目から見た谷崎と彼を取り巻く女達のどろどろした,なまぐさい心模様.物語と現実の人間関係が交差し虚構が実生活を侵食する.面白い.

  • 谷崎潤一郎の私生活と作品がリンクしているってことは聞いていたけれどここまで?どこまでがフィクションなのか史実なのか。桐野さんの技で味わい深くのめり込む。一気読み。
    「細雪」の登場人物に重ね合わせより一層楽しめる。谷崎潤一郎本人の気持ちの行き場が不明なのがまた高評価ポイント。知らないままでいた方が良い場合もあるので。
    未読の谷崎作品もますます気になるところ。

  • 谷崎潤一郎と彼を取り巻く女たちを描く1冊。妻、妹、息子の嫁など谷崎潤一郎が本当に愛していた女は誰なのかを軸に谷崎を巡る女たちの嫉妬、優越感、嫌悪感、そして空しさを作者ならではの女性の描き方でじっくり(と言うかじっとり)見せている。「細雪」のモデルにもなっている女性たちだけに再度「細雪」を読むとまたひと味違った谷崎作品になるかもしれない。

  • 文豪谷崎潤一郎の生涯を賭したミューズ探しの旅、と言ってしまうともう一言で終わってしまうのですが、うーん、ここまで実在していた人物及び家族を赤裸々に描いてしまうところに桐野さんの凄さを感じました。

    谷崎の築いてきたミューズ候補の女性たちで成される家族帝国ではあったけど、彼がずっと待っていたのは作品世界に縛り付けられそこから抜け出せない女性よりも、それを打ち破る自分の予想や現実を遥かに超えた女性だったのだろうかと思いました。

    終盤近くの重子がひれ伏す谷崎を足蹴にするシーンなどは、ちょっと「痴人の愛」を重なりましたが、現実で彼を本当に足蹴にした女性は小説世界のナヲミではなく重子しかいなかったのでしょうね。

    だけど、そんな重子でさえも、実は二重に張り巡らされた小説世界の住人でしかなかったのでは…とラストはちょっとゾクッとさせれました。
    一つ目の枠は超えてきたけれど、実はもう一つ枠があって…などと思うとやはり文豪って業が深いよ、と嘆息せざるを得ません。

  • おもしろかった!今まで谷崎潤一郎の本は1冊も読んだことがなく、武者小路実篤とごっちゃになっていて、なんの興味も持てずにいたけれど、早速「細雪」を読んでみたい。その前に千萬子さんとの往復書簡集も。

  • 谷崎潤一郎の代表作「細雪」に登場する三女・雪子のモデルとなった信子の視点から描かれた物語。
    谷崎作品は、本で読んだと言うより、映像で子供の頃、観た印象。もちろん「細雪」も…華麗に描かれていた4姉妹の実状を思い知らされたようで、あまり読後感は良くない。
    戦前、戦時中、そして戦後を生き抜いた人たちの物語を戦後生まれの自分が理解出来るはずもなく、終始、女の小さな嫉妬が描かれる部分は目を背けたくなる部分も。
    嫉妬を描いたら上手い作家さんとは、うまく噛み合ってた作品だと思う。

  • 請求記号:913.6/Kir
    資料ID:50087728
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 谷崎潤一郎。。。
    普通ではないとは思っていましたが、こんな背景があったんですね。
    思春期のころドキドキしながら読んだ「痴人の愛」。
    再読しよかな。
    でもね、あらためて桐野さんの重さと暗さは天下一品。
    また、タイトルも絶妙で私には絶対につけられない・・・

  • 平成29年7月8日読了

  • 細雪ヒロインのモデルになった谷崎の義妹が語り手。
    自分こそが文豪のミューズである、そうありたい、と願う女たちの争いを描く。
    谷崎は物語の核にいるはずなのに、女たちの凄まじさ逞しさにはじかれて、やや影が薄い。

  • 本書に名前の挙がっている谷崎の作品は「細雪」以外全部読んでて、「細雪」読んでない私が言うのも烏滸がましいですが、谷崎作品よりゾワッとしました。小説の中にしか生きられない人々、小説に書かれたことが現実になってしまう人生、そのことに一喜一憂しながら抗えない人々。ミステリー小説の趣もあります。
    重子が谷崎の肩に足を置き引導を渡すシーン、描写といい、会話といい、最高にゾクゾクしました。「痴人の愛」も真っ青。
    桐野さんて本当に多彩で近著は円熟味も増して、読みやすいのにすごく深く、ずっしりとした読後で圧倒されます。是非ノンフィクションも書いて貰いたいです。

  • 君臨する男。寵愛される女たち――。谷崎潤一郎が晩年に作り上げた理想の〈家族帝国〉で繰り広げられる妖しい四角関係の行く末とは? 桐野夏生が、日本文学史上最も危険で貪欲な文豪の「業」に焦点をあて、新たな小説へと昇華させる!

全22件中 1 - 22件を表示

デンジャラスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デンジャラスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする