わざと忌み家を建てて棲む

  • 74人登録
  • 3.70評価
    • (5)
    • (14)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 三津田信三
  • 中央公論新社 (2017年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120049927

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

わざと忌み家を建てて棲むの感想・レビュー・書評

  • ホラーミステリの第一人者、三津田さんの新作長編。
    忌み家に住んだり訪れたりした人達の四つの記録がホラー仕立てで、幕間の三津田さんと編集者がその記録の中の怪奇現象の謎を憶測を交えて推理するパートがミステリ仕立て。
    ホラーの部分は不気味で怖かった。ミステリがイマイチ。どうせ最後はウヤムヤになるのだから、もっと強引で突拍子の無い推理の方が楽しめたと思う。読者に呪われない様に注意を促すのも、そろそろ飽きてきた。
    タイトルは語感が良くて巧い。著作の中でも一二を競う名タイトルだろう。

  • シリーズ化して登場。家にまつわるホラーだが、「何かがいる」曰く付きの家に実験的に住む者たちの連作短編集。住んでいくうちにおかしな感じになったり、最初から不気味だったりと色々な恐怖があったが、一番気味が悪かったのは「黒の家」。普通の暮らしをしていると想像しながら読んでいくうちに徐々に何かがおかしいと気づき、次の話でその謎が解ける部分にゾッとした。慣れたのか前作ほどの怖さはなかったが、こういう普通だと思っていたことが異常だったことに気づいたときの気持ちの悪さが強く印象に残る話だった。

  • めっさ怖い。。(´・ω・`)

  • もう怖すぎる。一人でいる時に読んでるとビクビクしてしまう!昼間でも。夜に一人では読めない。
    特段怪異が起きなくても良かった。
    この人の本を読んでホントに怪異かと思っ事あったし
    「首無…」だったか。
    後味悪い怖さって分かってて読んでしまう自分が馬鹿だなぁと思う。

  • 相変わらず怖い。日が暮れてからは読めない。

  • 読んでいて気分のいいものではなかったが、この建てる人の趣味が分からない。

  • 青い邸宅が面白かったが、白い屋敷の得体の知れないものに迫られる怖さが、ホラーとしては良かった。

  • すっごい怖いんだけど所々自分の著作の広告的なのが入って怖さを和らげてくれる。最初の黒い家が1番怖かったかな。

  • 結末のない怖さ。

  • 【収録作品】序章/黒い部屋/白い屋敷/幕間 1/赤い医院/幕間 2/青い邸宅/終章

  • いわくのある家を一軒に集めて建て直し、そこで暮らすとどうなるかを試みる。
    そんな「家」に住んだ者たちに降りかかる運命は・・・。
    ありえない設定の幽霊屋敷怪談です。
    実話かフィクションか。
    現実と虚構が入り交じり、その災いは読者にも降りかかる。
    ぞくぞくとさせるミステリホラーです。

  • 友人が読み始めるとすぐ怪異が起きた。
    その夜は金縛りにあったらしい。

    「どこの家にも怖いものはいる」続編とも言える内容で、待ってました!・・・・なんだけど、私は前作の方が怖かったかな。

    いわくのある家や部屋を一軒に纏めて建て直し、そこで暮らすとどうなるか――。
    なんことするんだ。物理的に無理なのはすぐわかる。え、デコボコ?

    「赤い医院」が嫌だった。
    カバーイラストもいつも素敵。

全14件中 1 - 14件を表示

わざと忌み家を建てて棲むを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わざと忌み家を建てて棲むを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わざと忌み家を建てて棲むを本棚に「積読」で登録しているひと

わざと忌み家を建てて棲むはこんな本です

わざと忌み家を建てて棲むのKindle版

ツイートする