新しい分かり方

  • 521人登録
  • 4.17評価
    • (12)
    • (11)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 佐藤雅彦
  • 中央公論新社 (2017年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120050084

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
松村 真宏
村田 沙耶香
塩田 武士
夏目漱石
佐藤雅彦
エラ・フランシス...
スティーヴン・ガ...
ミヒャエル・エン...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

新しい分かり方の感想・レビュー・書評

  • 写真やイラストなどによる作品+短い解説という体験パート、そして最後に関連する随筆6本。頭から一気に読まなくても、気の向くところ気になるところから楽しめそうな、読むピタゴラスイッチ。わかるカタルシスが大きいもの小さいもの、わからないままのもの、人によって違うだろうけれど、時間をおいて読み返すとまた違う分かり方が待っていたりもするのだと思う。随筆には「新しい分かり方」体験の解説として読む以上の叙情と不思議な余韻が感じられた。「モダリティの話」と「象嵌」が印象深かった。

    「読むピタゴラ」という見立ても大げさじゃないようで、今日買ってきてわたしが読み終わらないうちから子らが先を争って読んでおもしろがっている。さすがピタゴラ育ち。

  • 面白かった。
    ぞんぶんに学問的知識も入っている感じですが、やわらかく自分のこととして感じられるように作られています。

    えーっ、なんで!
    と思ったところに、見えていなかった中間がある。

    新しい分かり方、分からない方を常に意識する必要のある仕事にも示唆があり、良かったです。

  • なんだこの本は⁈
    いかに自分が固定観念に縛られているか。
    分かると、ふふふってなる喜び。
    分からなくてもいいんだって。「新しい分からない方」なんだって。
    正解、を求めてしまいがちだから、こういうの一番弱い苦手分野。
    誰に発表するでもないから間違えることも怖くない。自由に読めて楽しかった。

  • ‪特別の説明もなく、ある事象の前後の写真を提示すると観る側は自然に解釈し新しい体系を作る。豊富な写真やイラストを提示して様々な解釈と体系づけを促す一冊。普段意識することがない考えるということを誘発される。‬

  • 目からうろこ。もっと柔軟にならなくちゃね。

  • めちゃくちゃおもしろい読書体験だった

  • もっと色んな 分かり方、伝え方 を探りたくなる一冊。「知る」欲がむくむく。

  • 子供の頃に読んだ‥というか感じた図鑑を思い出させる雰囲気。心地良い。

  • ちょっと込み入ったアハ体験、
    というか、ザワ体験。

    このザワッとする感じは、なんなのだろう。
    身体の違う知性、たとえば人工知能は、こんなふうにはわからないのだろうか。もちろん彼らは彼らで、我々にははかりしれない、新しい分かり方をするのだろうけれども。

  • 0655、ピタゴラスイッチと、かたい頭を柔らかくしてくれる大好きな番組。それに携わる佐藤雅彦さんの新刊。
    以前からファンなんだけど、本当に頭のいい方なんだと実感。難しいことを分かりやすく説明できるのって、すごい。
    久しぶりに頭をつかった気がする。心地よい。

  • 佐藤雅彦の新書。新しいわかり方。人間がものごとをどう理解するのかを体験させてくれる、驚きを与えてくれる一冊。もっと早くに、もっと多くの人に伝えたい一冊だ。わかるって、おもしろい。勉強の本質だと思う。

  • ピタゴラスイッチもだが、著者の作品にはいつも「自分がいかに常識にとらわれていたか」と、はっとさせられる。
    本という媒体の特性を上手く使った構成や、シンプルながら独特の世界観を表現する写真、著者の実体験も交えた興味深い文章。
    どれも素晴らしい、です。

全14件中 1 - 14件を表示

新しい分かり方を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新しい分かり方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新しい分かり方を本棚に「積読」で登録しているひと

新しい分かり方の作品紹介

バザールでござーる、だんご3兄弟、ピタゴラスイッチ、0655……。30年間、表現と教育の分野で、「伝える」方法を追究し続けてきた著者。そのマイルストーンとなる1冊。50数点の作品と解説エッセイで、「分かる」ことの喜び、楽しみを体感する本。「分かる」とは、人生が広がることだと実感できます。

新しい分かり方はこんな本です

ツイートする