新しい分かり方

  • 859人登録
  • 4.11評価
    • (34)
    • (48)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 48レビュー
著者 : 佐藤雅彦
  • 中央公論新社 (2017年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120050084

新しい分かり方の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 「ピタゴラスイッチ」や「ポリンキー」のCMなどの佐藤雅彦。…だったんですね!いや、表紙やタイトルからは全然予想してなかった。なんか硬そうな本だなと思っていた。
    めくってびっくり、中身はほとんど写真やイラスト、図になっていて、ぱっと開いたページを見れば「分かる」ようなシンプルでいてユニークなつくりになっている。
    この「分かる」というのがこの本のテーマなのだけど、確かに、確かに「分かる」。
    自明であったような、初めて体験するような、少しひねった作品たち。うん、好きだ。

  • 大人のピタゴラスイッチって感じね。普段の分かり方を、詳しく説明。違った見方があることを知らせてくれる。面白いね。何か遊んでいるような簡単なテストをしているようなそんな感じ。この人からは目が離せない。

  • ピタゴラスイッチやIQ、最近だと2355も。どっかでお世話になってるクリエイターによる新しい読書体験。
    前半の200ページほどは作品が並んでいて、懐かしのゲームブックではないけれど遊ばれているような、遊んでいるようなゆったりとした気持ちになります。紙の本としての価値があるコンテンツです。
    後半の100ページ弱は解説の役割を兼ねた随筆で、前半パートをより良く理解するための、でもそれだけではない意外なところを突いて来るような文章が読めます。

    早く読み終えようと思えばいくらでも早く読み切れるけど、それだけじゃ勿体ないと思える本。

  • TV番組「ピタゴラスイッチ」の観衆でも有名な著者の人の認識方法について、図や写真、あるいはエッセイを交えて説明している。大人向け「ピタゴラスイッチ」の書籍版といった感じ。私の理解が浅く、「?」の部分もあったが、「なるほど」と思わせられるところが多かった。
    後半の随筆で、著者が大学時代文系学部にもかかわらず、医学部の解剖実習に参加していた話を読んで、著者の発想の多様性の源泉の一つを垣間見た気がした。

  • 愉しい!
    面白い!
    が、体験できる本ですね。
    頭も心も柔らかくなります。

  • 人は物をみるときに、目に見えるあらゆるものを勝手に処理して理解しているということに、あらためて気付かされました。

    こうだと思っていたことが、実は自分の思い込みから解釈していたこともあったかもしれないと思うと、思わず自分を疑いたくなります。

    一方で、見方を変えるとシンプルな事実に気付くこともあります。その事実に気付くことができるかどうかが問われる本です。

  • 本というメディアでのワークショップ。
    今までの佐藤さんの著作の何かで見たり読んだりしたものが多いような気がする。それでもクスリとかホーとかさせられるから驚く。
    解剖の話は初めてだった。

  • 写真とその解説は「動画の方が分かりやすい」感を否めない。
    しかし、末尾の随筆は秀逸。聴覚障がい者の章も、人体解剖の章も、異なった分かり方であるが、でもわかる。

  • ひとつひとつの問題を眺めていくうちに、頭が柔らかくなるような快感が生まれる。
    「ピタゴラスイッチ」が好きな人は必読!

    佐藤雅彦さんの発想力の柔軟さには、本当に感心させられる。
    カチッと新しい脳のスイッチが入る感覚、ぜひ色んな人に体験してほしい。

  • 佐藤雅彦氏の著書や展覧会で氏の文章や作品をご存じの方にはもしかすると、既に知っている事が多数掲載されているかもしれません。ですが、分かっている・知っていると思っている事をもう一度確認するという稀有な機会を与えてくれる本だなあと思いました。

佐藤雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
ヨシタケ シンス...
ミヒャエル・エン...
三浦 しをん
エラ・フランシス...
伊坂 幸太郎
佐藤雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする