新しい分かり方

  • 666人登録
  • 4.18評価
    • (18)
    • (23)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 佐藤雅彦
  • 中央公論新社 (2017年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120050084

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
伊坂 幸太郎
ヨシタケ シンス...
都築 響一
スティーヴン・ガ...
塩田 武士
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

新しい分かり方の感想・レビュー・書評

  • 大人のピタゴラスイッチって感じね。普段の分かり方を、詳しく説明。違った見方があることを知らせてくれる。面白いね。何か遊んでいるような簡単なテストをしているようなそんな感じ。この人からは目が離せない。

  • ピタゴラスイッチやIQ、最近だと2355も。どっかでお世話になってるクリエイターによる新しい読書体験。
    前半の200ページほどは作品が並んでいて、懐かしのゲームブックではないけれど遊ばれているような、遊んでいるようなゆったりとした気持ちになります。紙の本としての価値があるコンテンツです。
    後半の100ページ弱は解説の役割を兼ねた随筆で、前半パートをより良く理解するための、でもそれだけではない意外なところを突いて来るような文章が読めます。

    早く読み終えようと思えばいくらでも早く読み切れるけど、それだけじゃ勿体ないと思える本。

  • 今度の新刊案内はこれ!
    体験する本、ですね。

  • まさに新しい分かり方、です。

    新しい本、とも言えます。

    簡単にウェブに飛ばされ、動画で見せられるよりも、普通の本の形をしているのに、中身は斬新。

    こういう本を読むことが、新しい本を読む醍醐味です。

    佐藤さんって、すごい。ほんとに。

  • 単純にページをめくっていくのが楽しい。

  • 行動経済学とかいわゆる脳の本みたいなので流行りの認知バイアス関連の本なんだけれど、それを主体的な実験装置として設計するってところがすごいかっこいい。上品な本。

  • 写真やイラストを使い、実際に自分の手を動かすこともあり、人の「分かり方」の不思議、理由を説明、なるほど、と思うことも多い。

  • 「ピタゴラスイッチ」など企画・監修した番組や、生み出した数々の広告で知られている佐藤雅彦氏の、マイルストーンとなる一冊。構想されてから世に出すまで10年かかったそう。

    「『こんなことが自分に分かるんだ』とか『人間はこんな分かり方をしてしまうのか』というようなことを分かるための機会をたくさん入れようと構想しました。そういう意味で、本のタイトルを『新しい分かり方』としました。」(p.262 あとがき)

    アートやコミュニケーションに関わる人にはぜひ読んで欲しい。
    弱肉強食の世の中を、この街がジャングルだった頃から生き残ってきたぼくたち人間は、本当に不思議な力を持っている。
    例えば、ある写真とまた別のある写真を見てその間に何が起こったのか想像できる力とかね。こうした力が暴走すると変なことになってしまう。どんなことになるのかは、この本を開いてみて!
    こんな人間の不思議さを利用して、さらに新しい、面白い表現を生み出してほしい。生み出したい…!

  • ‪特別の説明もなく、ある事象の前後の写真を提示すると観る側は自然に解釈し新しい体系を作る。豊富な写真やイラストを提示して様々な解釈と体系づけを促す一冊。普段意識することがない考えるということを誘発される。‬

  • 子供の頃に読んだ‥というか感じた図鑑を思い出させる雰囲気。心地良い。

ツイートする