錬金術―仙術と科学の間 (中公新書 9)

  • 24人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 吉田光邦
  • 中央公論新社 (1963年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121000095

錬金術―仙術と科学の間 (中公新書 9)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • テーマが「金」だったので、OPACで「金」で検索して、新書を何冊か借りて読んだ中で、一番面白かったので、選びました。

  • 東洋の錬金術についての部分が特に面白かったです。

  • 日本、中国、西欧での錬金術の存在のあり方の違いが各国の思想の違いを反映している

  • ごく初期の中公新書の本ですが
    文章、図ともに古臭さはありませんでした。
    (前に読んだ別の同社の新書には古臭いのはありました)

    つくづく感じるのは
    人の欲の深さは限りないということ。
    特に金というものはとりわけでしょう。
    それはコロンブスが日本を探したところからも
    容易にうかがえるものでして…

    そしてあとがきには別の視点の
    錬金術(金以外)があります。
    ある人物の警鐘の言葉があります。

    それが現実になってしまった今…
    錬金術の苦悩もすごいものがありましたが
    この結びの文も胸に深く突き刺さりました。

全4件中 1 - 4件を表示

吉田光邦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンブローズ ビ...
アンブローズ ビ...
セルジュ・ユタン
有効な右矢印 無効な右矢印

錬金術―仙術と科学の間 (中公新書 9)はこんな本です

ツイートする