荘子―古代中国の実存主義 (中公新書 (36))

  • 105人登録
  • 3.89評価
    • (9)
    • (7)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 福永光司
  • 中央公論新社 (1964年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121000361

荘子―古代中国の実存主義 (中公新書 (36))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 福永さんの荘子であって、価値がないわけではないけど、その部分は時代が反映されてます。

  • 20150514読了せず
    今月の「100分de名著」に荘子が取り上げられており、なかなかおもしろいので借りてみた。が、詳しすぎて飽きた。もっとライトなもののほうが取っ掛かりとしてはありがたい。素直に「100分~」のテキストを買うか・・・玄侑宗久さんの荘子に関する書籍を探すか・・・。

  • ここに書かれていることは、
    すごく親近感が湧くことでしょう。
    古代に、このような思想を持ち、
    混乱の世を嘆くものがいるとは…

    特に出てくる内容、
    古代だろうが、現代だろうが、
    問題の根本はぜんぜん変わらないものですね。
    言っていることは簡単で「流されない」ということ。

    だけれども、流されやすいのも
    また人間であるということ。
    もしも、本当に平和を望むのならば
    人を思いやる気持ちがなければ
    けっしてありえないということ。

    特に「流されない」部分は
    ああ、と思いましたね。
    なんと自分もそうですが、そういうことが多きことか。

  • ヘーゲルが自由なき生活と決めつけた古代中国の専制支配のまっただ中に生きて、泥まみれの現実と苦闘しながら、自由なき生活の中の自由、不自由の自由を必死に追求したところに荘子の自由の独自性があるのである。

    自由とは荘子にとって、それぞれの自己がそれぞれの自己として、それぞれの自己の直面する極限状態の中で、なおかつ生きてゆくことであった。古代アジア的専制支配下の最も不自由な歴史的現実、人間の現実的な在り方の極限状況の中から追及された自由であるところに、荘子の哲学の特異性が考えられるのである。

    「わたしの哲学が実存主義であろうとなかろうと、それはわたしの知ったことではない。実存主義であるというのであれば、それもまた結構だ。実存主義でないというのであれば、それもまた結構である。要するに、それは大した問題ではなく、問題であるのは、このわたし自身が生きるということである」

    どこかが狂っているのだ、と彼は考える。そして、何が彼らを狂わしたのか、とひそかに自問してみる。要するに、彼らが権力の世界に身を置いたからではないか。権力が彼らの血を狂いたたせ、彼らの行為を凶暴化し、彼らを救いようのない惑溺の中で破滅させたのだ、と彼は自答する。

    正義を求めることに情熱的であり急進的である人間ほど、正義に対して背を向けやすく、それを無造作にふみにじりやすい

    なるほど、人間は第三者的な立場に立つばあいは理性的にふるまいうる。あるいは傍観的な一般者として発言するばあいにはきわめて理性的である。しかし、自己がその渦中におかれ、己れ自身が決断を迫られるばあいには、人間は必ずしも理性的ではない。理性的でないばかりか、しばしば恐れとためらいとに心ひるみ、無暴と短気とに思慮を失う。差恥と悔恨とがそのあとにつづき、自責と自己嫌悪とが理性へのあこがれを嘲笑する。

    自分が優等生だからといって現実の人間をみな自分と同じ秀才に仕立てようとするのであれば、それは聡明なるがゆえの無知というものである。彼には鈍才凡愚の世界がよく分かっていないのではないかと荘子は疑いたくなる。

    それは人間の幸福が何であるかという問題とも関連する。人生の幸福を富貴に求める者は心安らかな貧窮者を軽蔑する。しかし、人生の幸福を満ち足りた精神の喜びに求める者は心おちつかぬ富者貴者を憐れに思う。問題は何を自己の人生の究極的な幸福とするかである。

    己れ独りを善しとして己れを他と区別することのみ汲々とし、他人の立場を公平に理解する謙虚さ、他人の主張に己れを虚しくして耳を傾ける寛容さなど少しも持ちあわせない。そのくせ、己れの意見に逆らうものは不倶戴天の仇敵視し、己れの主張に同調するものは百年の知己よばわりする。

    彼らは何か事あれかしと待ち構え、無理にでも仕事をでっちあげ、刹那的な刺激と目さきの変化と露骨な自己の誇示とを求めて、たえず他人を気にし、あくせくと世間を追いかけている。

    彼らは己れの小ささを恥じるかわりにすべての偉大なるものをせせら笑い、己れの陋さを反省するかわりに高く天翔けるものをけなしつける。あたかも灌木雑草の間に低迷する蜩や学鳩が、九万里の上空に図南の翼を張る大鵬の雄姿をあざ笑うように。彼らは地上をいざりながら、弱々しいつぶやきを遥かなる大空のかなたに向かってなげかける。

    今という時間を精一杯生きることこそが己れが生きることのすべてであり、これを離れて個物(人間)の真実なる生き方が別個にあるのではない。

    およそ真の勇気をもつもの、真に偉大なる力をもつものは、むやみに凄んだり、無理に虚勢を張ったりすることがない。

    人間は一瞬一瞬に断絶の深淵の上をふまえながら、その断絶を一つの連続として自己の一生を生きてゆく。絶えず死の前に立たされているのが人間の生である。

  •  中国古代の思想家として知られる荘子の思想を「実存」の観点から解き明かした本。

     荘子は春秋戦国時代の政治闘争が人を狂わせることを激しく認識していた。生者の世界は絶望、不自由、侵略、飢餓に満ちているのだ、と。彼の哲学はそんな悲惨な時代に「それでも生きていかなければならない」ということを前提に成り立っている。

     だから、孔子など儒家とは異なり、相手が凡愚、小人であっても彼らが有意義に生きることを肯定し、人間のありのままを捉えようとした。

     そんな彼が理想としたのは「真人」、「至人」という存在。何ものにも囚われない知恵は「真知」であり、それを会得した人間のこと。

     自分が、相手がどうであれ現状をありのままの形で受け止めて確信を持つ。他人と共にありながらも、他人に流されず、一切を受け容れる。まさにニーチェの「超人」思想の先駆けと言える思想である。

     他にも、
    ・道徳は人間存在の実存に立脚し、機微を洞察していかなければ形骸化し、偽りとごまかしを強要するようになる。
    ・「世俗の人はみな己に同じきを喜び、人の己に異なるを悪(にく)む」=世間の人は、人と同じであることを喜んで、違うことを嫌う。だからこそ異なる者同士の対立と闘争がやまない。
    ・「兵を偃(や)めんとするは、兵を造(おこ)すの本(もと)なり」=戦争否定の議論は裏返された戦争肯定である。こういう「好戦的な平和主義」という矛盾した思想が生まれるのは、結局妄想である。

     ここまで世界と、人間と真摯に向き合った思想家も史上稀有ではないだろうか。このような素晴らしい、一生をかけて体現したい思想に出会えたことに感謝する。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 当たり前のことを当たり前に語りかけられるのって、すごく良いことです。

  • 荘子万歳

  • obtnd.old

  • 蝶の夢のお話で有名な人の本。

全11件中 1 - 10件を表示

福永光司の作品

荘子―古代中国の実存主義 (中公新書 (36))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

荘子―古代中国の実存主義 (中公新書 (36))のKindle版

ツイートする