日本の外交―明治維新から現代まで (中公新書 (113))

  • 252人登録
  • 3.84評価
    • (21)
    • (18)
    • (26)
    • (3)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 入江昭
  • 中央公論新社 (1966年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121001139

日本の外交―明治維新から現代まで (中公新書 (113))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 明治維新から1960年代までの日本外交のあり方を、その思想的基盤、国際環境との関わりから論じた名著。
    読了し、自らの底の浅い歴史観を払拭された思いである。また同時に、現代の世界・日本を生きる一人の人間として、これからの外交・国際関係・国家のあり方等についての深い考察の必要性を痛感した。

  •  入江昭氏の古典的名著。

     明治維新から現代までと副題が付いているが、描かれているのは、1950年代までとなっている。

     本書の、最大の特色は日本外交の本質を描こうとしたことにある。つまり、明治までのナショナル・インタレストと外交政策が終始一貫していた時期と、大正以降の終始定まらぬ外交姿勢とがダイナミックに説明されている。

     帝国主義国家の仲間入りを果たし、国際政治の場に登場した日本であったが、結果的には第一次大戦後のアメリカやソ連のユニバーサルな思想とは相容れず、アジア主義を標榜し、他の諸国家との協調が破綻することになった。

     衰退した中国が、辛亥革命以後、「ヤング・チャイナ」としてナショナリズムを昂揚させ、アジアの中心たらんとした日本と衝突することや、アジア市場をめぐる日米の相克を、ミクロの外交施策というよりも、「思想・イメージ」でさくさくと説明していくところに本書の最大の特徴があるのではないだろうか。

     古さは否めないが、「古典的」と言われるにはそれ相応の理由がある。

  • 161009読了

  • 時折り見られる、活字(フォント)が細く印字されている部分は訂正箇所だと思う。朝鮮半島を植民地にしていて当然視する整理の仕方に賛成できない。土下座ものかな。27版1993年。 55

  • ハーヴァード大学で外交史ないし国際関係論を教える著者が、明治から太平洋戦争後までの日本の外交史を概観した本です。

    日本が国際社会の舞台に踊り出た19世紀は、西洋諸国が帝国主義的な覇権を競い合っていた時代でした。そのような状況の中に置かれた日本は、国土の安全と貿易の進展をめざし、軍事・経済両面での国益を追究することになります。著者は、日本の外交の基本的な枠組みはこうした現実的、実際的なものであり続けてきたと言い、西洋諸国のように宗教的、人道主義的、理想主義的な外交理念が存在しなかったと指摘します。日露戦争以後は、西洋と東洋の調和という思想が、ある程度外交の中に入ってきますが、著者によれば、その場合でも世界における日本の位置づけについての不安に基づいていたにすぎず、日本には独自の外交理念が欠けていたと論じています。

  • 戦前の日本の指導者たちの思想から外交を捉えた名著

  • Never 教養

  •  扱う時代は明治維新から1960年代までと幅広い。時代ごとに主要国が何を考え、どう行動し、日本政府がどう対応したか、内在的論理が丁寧に説明されている。
     例えば、国際連盟の脱退に至る「東洋平和確立の根本方針」、その源流となる石原莞璽の思想が国防という現実主義に基づいている点、先立つ幣原の経済主義外交が世界恐慌の影響で力を失ったことなど。
     著者は日本の外交に思想がないことを折々に嘆いているが、着実に現実的対応を進めていたことを記してもいる。これは意外な発見だった。日本が外交を通して何を追い求めていたのか、その思想や行動原理を描き出してくれる、興味深い1冊です。

  • 明治期から、戦後すぐまでの日本の外交しについて概観した本。時期ごとに、事実とその時の外交当事者が何を考えたのかということについて、まとめられている。
    日本外交は一貫した思想が無く、その状況に応じた対応をしてきたということを軸に、著者なりの見解についてまとめられている。わかりやすいし、的確だと思う。しかし、残念なのは、日本外交の一貫した思想が一体何かということについては、言葉で触れられている程度で詳しく述べられておらず、そのことから、漠然とした理解しか出来なかった。

  • 大学時代に授業で買って積読になっていた本を、10年ぶりくらいに読んでみた。入江さんと言えば、戦後すぐにアメリカのハーヴァードに渡ってずっとアメリカで研究し続けている大歴史学者。その著者が、1960年代の30代半ばで書いた日本外交史。
    日露戦争後から朝鮮戦争後までの日本外交について振り返っているのだが、外交の上で基本的に日本は確固たる思想がなく、その場その場の列強の状況に左右されてきたというお話。日本では、人種、宗教、道徳上の原理で外交が動いたことはほぼなく、もっぱら軍事(防衛)、経済戦略上の状況に応じて動いていた。唯一、思想的に統一したものが出来上がったのが、太平洋戦争においての「大東亜共栄圏」構想だったが、これとて資源確保という経済的大前提があったうえで、アメリカがドイツのソ連侵攻によって想像以上の対日強硬路線をとってしまったという状況からきている。外交上の思想がないというのは、よく持て囃される石原莞爾についても例外ではない、と入江先生は指摘している。最終章では、今後日本は新しい外交思想を作り出していくべきとしている。ここで入江先生が言っているのは、南北問題などが念頭にあるのだろうが、結局、その後の日本外交には新思想など出ることもなかったというのが現実ではなかろうか。安倍政権とて、中国の強硬政策に振り回されて反応しているだけに思えるのは気のせいではない。

全26件中 1 - 10件を表示

入江昭の作品

日本の外交―明治維新から現代まで (中公新書 (113))に関連する談話室の質問

日本の外交―明治維新から現代まで (中公新書 (113))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本の外交―明治維新から現代まで (中公新書 (113))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の外交―明治維新から現代まで (中公新書 (113))を本棚に「積読」で登録しているひと

日本の外交―明治維新から現代まで (中公新書 (113))のKindle版

ツイートする