マザー・グースの唄―イギリスの伝承童謡 (中公新書 (275))

  • 188人登録
  • 3.56評価
    • (12)
    • (18)
    • (40)
    • (2)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 平野敬一
  • 中央公論新社 (1972年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121002754

マザー・グースの唄―イギリスの伝承童謡 (中公新書 (275))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 英国童謡学の入門書として他になかなかお目にかかれない中、貴重で興味深い。事例が多いだけでなく、唄の解釈も充実しており素晴らしい。

  • マザー・グースを数十篇紹介。北原白秋と谷川俊太郎の日本語訳の比較も交える。
    イギリスの歴史や文化など、背景と唄の強い関係性について言及。マザー・グースがイギリス(やアメリカ)の人々の思考の土台部分にしっかりと埋め込まれていることに気づく。私たち日本人に馴染みある『不思議の国のアリス』についても『そうなのか!』と面白さを再発見することができそうだ。個人的にはコック・ロビンの唄について知れたことがよかった。

  • 英語圏文化の土台にあるものといえば聖書、シェイクスピア、そしてこのマザーグース。辞書を見ただけではわからない、その生活に根付いた言い回しの由来はとても興味深かった。多くの例が挙げられる中で印象的なのは、どれも巧みな韻回しで何となく口ずさんでしまいたくなるその響きの良さ。そして、多くの唄が真面目なふりをして裏であっかんべーをしている様な、シニカルでナンセンスな内容となっていることだ。音韻が意味を裏切り、言葉が好き勝手に踊り出している唄の数々。もしかしたら、今の日本語は少しだけ生真面目すぎるのかもしれない。

  • 面白かった。

  • マザーグースが気になっているときに見つけたので購入。
    原文と日本語訳付きでマザーグースについての考察が進む。
    若干、訳が硬い印象が受ける。

  • 〝マザーグース〟って、なんとなく知ってはいるけど、実のところこれっていったいなんなのだろう?と、今更ながら興味をひかれて読んでみました。
    イギリスをはじめとする英語圏では、わたしたちには思いもよらないほど〝マザーグース〟が人々の精神に深く溶け込んでいて、その影響は、日常会話や文学、その他の文化にまで及び、あらゆる方面で〝マザーグース〟が元になっている表現が頻繁に使われているようです。〝マザーグース〟を知らないと、言葉(英語)の裏にある微妙なニュアンスがつかめないし、言葉のもつ味わいも随分違ったものになってしまうみたいですね。
    〝マザーグース〟には英国的発想の原型があり、英語圏の人々の集団的無意識をも形成するものだと知り驚きました。本書は40年ほど前に書かれたモノなのですが、歴史や背景がよくわかり、その面白さも充分伝わってきて、たいへん勉強になりました。

  • 萩尾望都氏にまるまる影響を受けた高校時代。
    これもその延長で手に取った本。
    マザーグースの歌が生まれた時代やその背景など、少しでもマザーグースに興味を持った人なら必読だと思う。

    「だーれが殺したクックロビン♪」←いや違うって。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 色んな事が分かりやすく書いてあるマザーグースの入門書です。代表的な詩はあると思います。

  • 高校生になったばかりマザー・グースに興味を抱くようになったときに手に取った本。そして、マザー・グースって誰か一人の呼称じゃなかったのか、というショックを受けた。作者不明のものが多いという現実・・。面白いと思ったのは、本当にネイティブな英語を使えるようになるには、マザー・グースの知識が実は欠かせないというくだり。他国の文化を本当に理解するためには、このような伝承童謡がとても強く関わってくる。目から鱗のような気持ちになりました。あと、童謡自体も思ったよりも多くの数が英文と日本語両方で紹介されているので、ただマザー・グースの唄を読みたかった私には満足いく一冊だった。

全25件中 1 - 10件を表示

平野敬一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
梶井 基次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

マザー・グースの唄―イギリスの伝承童謡 (中公新書 (275))に関連する談話室の質問

マザー・グースの唄―イギリスの伝承童謡 (中公新書 (275))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マザー・グースの唄―イギリスの伝承童謡 (中公新書 (275))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マザー・グースの唄―イギリスの伝承童謡 (中公新書 (275))を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする