ミュンヘンの小学生―娘が学んだシュタイナー学校 (中公新書 (416))

  • 207人登録
  • 3.81評価
    • (24)
    • (27)
    • (37)
    • (2)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 子安美知子
  • 中央公論新社 (1965年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121004161

ミュンヘンの小学生―娘が学んだシュタイナー学校 (中公新書 (416))の感想・レビュー・書評

  • @k_oomura さんの九九のプリントの話題でこの本を知りました。
    R・シュタイナーの九九の糸かけ http://bit.ly/2oBaLwO という指導法がドイツでは60年代にあったことに驚きました。

  • 1975年刊行。私の所有本が1995年刊行(34刷)で、シュタイナー教育を日本に紹介する上で多大な影響を及ぼしたと考えられる。本書は、著者らのドイツ行、S学校との出会い、1、2年生の様子等を叙述。ただ、本書はS教育の紹介本でなく、著者らの駐独経験を核にしているので、シュタイナー教育の内容は、六週間も続く「書くエポック」等触りに止まる。日本の小学校の対極に位置し、そのアンチテーゼたりうるし、興味深い教育であることは確かだ。が、独特の理念・思想に基づく教育である以上、日本の公立学校で思想を共有化するのは無理。ましてバックボーンまで含めて導入するのは不可能だろう。私立ではどうか。京田辺での実践など、日本国内の現況を知りたいところ。

  • シュタイナー教育ののびのびとしたカリキュラムは、単純に羨ましいと思った
    しかし私が大ベテランの教員から教わった考え方、やり方にとてもよくにていた
    日本は日本のカリキュラムであると言われればその通りだけれど、やり方で子どもを伸ばせることは間違いない
    その方法のひとつとして、シュタイナーの取り入れられるべきところは参考にしていきたい

  • 2015.8.7読了。ベストセラーになったのが頷ける良書。「教育は芸術である」「教師は人生の芸術家でなければならない」という思想と、その独創的な実践であるシュタイナー教育は、非常に魅力的だ。「読む」より先に「書く」ことを重視、それも7歳以前に始めるべきではない、という主張は、充分に説得力があると感じた。

    「戦争や窮乏が人間をよくすることはありえない。だが、経済の高度成長や、富もまた人間をよくしえない。道徳的なお題目は、どこからくるものであっても、けっして人間をよくしない」
    なかなか含蓄のあることば。

  • 子供の発育段階を七年ごとの周期にわけ、小中高一貫で芸術を中心とした学習を旨とするシュタイナー学校の教育に触れられる一冊。

    シュタイナー教育以外にも、著者の娘さんフミちゃんの通学や、お友達とその家族のふれあいを通じてミュンヘンやミュンヘンに暮らす人たちの気質を感じられるのもイイ。

    著者ご夫婦ともに研究職の一環として渡航されたミュンヘン。そしてその赴任先で戸惑いつつも徐々に環境をモノにしていくフミちゃんの、家族の冒険が愛しい。

    フミちゃんはどんな大人になられたんだろうか。

  • えぇ〜。この本も、まだ私
    登録してなかったんだ〜☆うわぁ

    日本の多くのお母さん、教育者たちが
    これをきっかけにシュタイナーに目覚めちゃった本!

    学者である子安さんが
    一人の母親としてある様子も伺えて
    何だか嬉しい。

  • シュタイナー教育の入門書。教職の課題図書であった。日本の公教育しか知らな

    い人は多くの驚きがあると思う。
    しかし、その衝撃を以てシュタイナー教育を盲信するのはよくない、これを読み

    終えた後は著者の娘が書いた『私のミュンヘン日記』を読んで懐疑的に見直すこ

    とも必要であろう。その後で評価できる部分、評価できない部分を見極めた方が

    良い。
    ちなみに、本書を課題図書とした先生はシュタイナー教育とルソーの目指した教

    育との類似性を見出すよう誘導していたが、少なくとも日本の公教育よりかは類

    似しているとはいえ、イコールとして見るのは危険であると思うことは強調して

    おきたい。また、本書はエッセー形式故、シュタイーナー教育がどんなものかが

    わかるだけで、体系的な説明はない。シュタイナー教育に興味をもった方は他に

    も本を読むべきだろう。(シュタイナー教育を行っている学校のHPなんかは意外

    に詳しい説明が載っている)
    いずれにしろ、一読に値する本だと思う。

  • (1987.05.18読了)(拝借)
    娘が学んだシュタイナー学校
    *解説目録より*
    学者夫妻がミュンヘンに留学して、娘さんを入学させた学校のユニークな教育―最初は詰め込みをさけて、ゆったりと授業を進めて行き、ドイツで一般的な落第もさせないし、能力による選別もやらないで、障害者と一緒に教育をする。しかし十二年間の一貫教育のあとでは、公立の学校の生徒以上に実力が身についている。「エポック授業」「オイリュトミー」など変った、しかし子どもの能力発達に適した方法も面白く説かれている。日本の教育が直面している難問題を見事に解決している学校を、娘の生活を通して母親が生き生きと綴る。1976年毎日出版文化賞受賞。

    ☆関連図書(既読)
    「すべてのこどもに確かな学力を<小一年篇>」岸本裕史著、部落問題研究所、1982.05.05
    「1年生の教室から」金子真著、大月書店、1986.09.29
    「小学生の心とからだ」坂元忠芳著、岩波書店、1984.04.19

  • 1965年の本とは思えない良書。
    私の本棚の中で、購入が一番古いほんかな。
    購入に至った経緯にとても思い入れのある本でもあり、
    えらくひさしぶり、約10年ぶりに読み返しましたが、何度読んでも好き。
    文章もすいすいはいるし、教育法としても私のなかでは理想、
    何もかもがツボ。
    好きな本ベスト5にはいります。

    新しい場所で、一家が少しずつ地に根をおろしていく様がとても愛おしい。
    人生って、教育って素晴らしい。
    これを読んで、気持ち新たに毎日を過ごします。

  • 面白かった!

    こんな授業だったら私もワクワクしただろうなぁ!

  • 【動機】シュタイナー教育の存在を日本に広めた本とWIKIPEDIAに書かれている。ミヒャエル・エンデ→千夜千冊の流れで、氏と関係あるとされるルドルフ・シュタイナーについても知るために読んでみたい。
     
    なお、シュタイナーは20世紀初期にその思想を提唱しており、本著は1975年に出版されたといわれる。

  • 教育書におけるベストセラー。教職の試験の課題図書。シュタイナー教育の紹介だけにとどまらず、筆者のドイツでの生活もかなり紹介されており、楽しく読める。
    シュタイナー教育があまりに独特でかなり驚いたが、それはひとりの人間を育てるということをしっかり守っていて、誰のための教育か、確固たるものを教育者たちが持って教育に携わっているからなのだと思う。

  • 全体を通じては、教育と勉強することの意味を問いなおしている。
    シュタイナー教育は子どもたちの能力を“引き出す”教育なのだなあと感心した。先生方の力量にも脱帽。
    ドイツの暮らしについても興味深く読める。クリスマスのくだりなんかは好きだったな。

  •  教師は人生の芸術家でなければならない。

     著者は、
     「ミュンヘンの中学校」
     「シュタイナー教育を考える」
     「私とシュタイナー教育」
     「エンデと語る」
     「モモを読む」
     「幸福の法則」
     を書いている。登場する娘とは、

     「菜多沙」
     を共著とのこと。また、娘は、
     「私のミュンヘン日記」
     を書いているとのこと。

     訳書として
     「ミヒャエルエンデ」
     「ハーメルンの紙の舞踏」
     「シュタイナーの学校、銀行、病院、農場」
     がある。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • シュタイナー教育を、日本の教育にも導入したい。

    本書を読みながら感じたことです。

    NPO法人で全国にいくつかシュタイナー学園が設立されているみたいですが、
    現状はどうで、どんな問題点があり、日本人には受け入れられているのか?
    そういったことを分析し、問題解決していきながら、
    日本の「教育」を改めて考えたい。

    そう思わせてくれた本書でもありました。

  • シュタイナー教育の具体的な進め方がわかる。

  • シュタイナー教育を日本に紹介した定評ある教育本だが、同時に1971〜3年の近代化されつつある西ドイツ・ミュンヘンが変わっていく様を見事に描いた本でもある。

    1972年のミュンヘンオリンピックにあわせて開通した地下鉄が5年もかけてのんびり造られながらも人々の生活を合理化していく過程や、アドヴェントカレンダーで一日いちにちとクリスマスが迫ってくるのを楽しむ人々の姿など、時代の空気をみずみずしく描いている。

    シュタイナー教育に興味がある人にはもちろん、ない人にも移り変わるミュンヘンの姿の美しさを感じて欲しい。

  • 何かを創るのが芸術であるとき、人を創るという点で芸術としての教育を考える場合、そこで感性を無視してそれを成り立たせることは不可能である、とおもう。

  • ドイツのシュタイナー教育の雰囲気が伝わってくる。
    ハウツー本というよりも読みものとしてサッと読めるのでオススメ。

  • 悩み多き子育て中ずいぶんお世話になった子安先生の著書。そして日本のシュタイナー教育を推進するサークルでの講習会や会誌発行にも微力ながら参加していたことが懐かしい‥。ミュンヘンのシュタイナー学校の、温かく尊厳に満ちた慈愛にあふれた教育!こんな教育を受けたかった‥。生まれ変わったら、この学校に入りたい。心からそう思う。

  • 6歳になる娘と夫妻がドイツに渡り、
    ドイツの教育環境や風習について書かれている新書。

    小学校単位で教育環境があまりに違いすぎるので、
    この国の教育法はどうなっているのだろうと感じた。

    幼少期に受ける教育の重要性がひしひしと伝わっていて、
    古傷に塩を塗られた感じであった。

  • シュタイナー教育への関心が深まった本。こういう教育を受けたかったと思った。今、求められている教育はこういうものだと思う。

全29件中 1 - 25件を表示

子安美知子の作品一覧

子安美知子の作品ランキング・新刊情報

ミュンヘンの小学生―娘が学んだシュタイナー学校 (中公新書 (416))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ミュンヘンの小学生―娘が学んだシュタイナー学校 (中公新書 (416))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミュンヘンの小学生―娘が学んだシュタイナー学校 (中公新書 (416))を本棚に「積読」で登録しているひと

ミュンヘンの小学生―娘が学んだシュタイナー学校 (中公新書 (416))はこんな本です

ツイートする