刑吏の社会史―中世ヨーロッパの庶民生活 (中公新書 (518))

  • 125人登録
  • 3.67評価
    • (9)
    • (14)
    • (25)
    • (0)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 阿部謹也
  • 中央公論新社 (1978年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121005182

刑吏の社会史―中世ヨーロッパの庶民生活 (中公新書 (518))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 膨大な文献を元に中世欧州での"処刑"概念、刑吏の蔑視と賎視をさまざまな実例を元に、あっさりと描いた。1978年刊行、著者初期の代表作。感情を変にこめず、淡々と記述してゆくがゆえに、個々のエピソードが興味深く現れる。「罪は個人や状況が問題でなく、共同体秩序を乱した結果が問題である。よって情状酌量の発想なし」という部族法の概念。14世紀前に欧州で一般的だったという。不勉強で知らなかった。

  • ネタバレ 1978年刊行。◆ドイツ中世期において、刑の執行(特に、磔刑等の執行)に従事した刑吏職は、その前期と後期では、彼等への社会的目線、すなわち賤民性の度合いが全く異なった。◇この刑吏職の実態と賤民性拡大に関し、刑罰(特に死刑)の種類、その社会的意味や目的、キリスト教の社会的普及と呪術性減退との関係性、ドイツの社会構成体の史的変遷、刑事法の目的の変容と絡めて解説する。◆その内実分析は、ドイツの学説を駆使しつつ明瞭に説明する。◆しかし、著者の結論には些かの疑問もないではない。◇刑執行という権力行使への民衆の怨嗟。
    これが刑吏への卑賤観を亢進させたと著者は看做している。◇しかし、権力行使の源泉にない末端権力への非難にすぎず、直ちにそれが首肯できるか。◆ただの駒に過ぎない彼らに対する怨嗟というであれば、もう少し、刑吏の権力行使の恣意性、かつ上層機構とは無関係な独断性の説明にもっと紙数を費やすべきではないか、との感。◇むしろ「死」との直接的な関わりを持つ者に対する忌避感、恐怖感が卑賤観の淵源にあると正面から認めた方が、座りが良い印象がある。◆ところで、本書意外には、西欧・賤民のキーワードでなかなか類書が見つからない。
    したがって、確かに古い本だが、新書サイズとして貴重な一書かもしれない。◆なお、本筋ではないかもしれないが、科罰法(科刑法ではない)の史的変遷はその目的論を含め興味を引く。罪刑法定主義の誕生経緯とも絡み、勉強したくなった領域。◆著者は一橋大学教授。

  • 17世紀、神聖ローマ帝国を舞台にした小説『聖餐城』を楽しむために。主人公の恋する少女が刑吏の娘という設定なので。
    かつて神聖な儀式であった処刑が、12〜13世紀頃から「名誉をもたない」賎民の仕事に変わっていく、職業としての刑吏が出現し、彼らは蔑視され激しい差別を受けるようになる。その蔑視、差別の根元は何かを探る、スリリングな研究書。
    いつも思うけれど、阿部氏の文章は読みやすく飽きさせない。資料のつもりで斜め読みするつもりが、しっかり読み込んでしまう。

  • ◆単なる「刑吏の歴史」ではなく、社会のなかでの刑吏・処刑の位置づけ、つまり人びとにとっての刑吏・処刑観の変遷を描き出す、ダイナミックな一冊。

    ◆刑吏という職業は、13世紀ごろに登場してから、ながらく市民としての権利をもたない差別の対象だった。しかしそれは、彼らが人の死に触れていたからではない。「刑吏」が登場するまでは、「処刑」をおこなうのは原告(被害者)であったし、復讐のために殺人を行った人は卑賤の対象にはならなかった。なぜならそれは、共同体の必要上から誰かしらが担ってきたからだ。
    ◆ところが、やがて職業としての刑吏や制度としての刑罰が誕生する(このあたり理解がいまいち)。著者によれば、中小都市の初期では、刑吏は土着の神の使者であり、市民権が認められていたという。しかし、キリスト教の終末思想的平和観(勝手な造語!)によって現れた「処刑」に対する恐れや、ツンフトの組合員が自らの名誉(純粋性)を示すための相対的な穢れた対象として、刑吏が位置づけられていった。刑吏が市民としての名誉を回復するためには、19世紀近代を待たなければならなかった。

    * 感想 *
    ◆人びとにとって必要だったもの(共同体の修復のためにみんなで行っていた儀式)が制度(官吏としての刑吏)として独立し、忌避の対象となる。社会のなかで刑吏の位置づけが二転三転してゆく様子は、ともすれば話の迷路に迷い込みかねないのだけど、この本はすっきりまとまっていると思った。けれど、図書館で借りた本書はボロボロすぎて、破かないか怯えながら読んだ。

    ◆穢れた存在ではあるけれど、人体を知り尽くした刑吏は医者としても有能だったから、人びとは夜にこっそり刑吏のもとを訪れる。そんな歪んだ社会の在り方も興味深い。サンソン家を題材にしたマンガ(http://booklog.jp/item/1/4088795652)が最近あるので、そちらも読むといっそう本書が面白く読めると思う(逆もしかり)。

  • 書名のインパクトで手に取った一冊。不勉強で著者の功績もよく知らない。
    中世、処刑は共同体の傷を治す儀式・供犠・祭祀であり、都市の擡頭とともに刑吏という職業が生まれたという内容。
    市民から賤視・蔑視されるも給料は良く裕福であったという。

    本書後半に次のようにある。
    刑吏が蔑視されたのは倫理観や同時の人はヒューマニズムに欠けていたと回答するのは簡単だが、共同体が崩壊したという点を見逃してはならない。
    犯罪とは社会的な規範の元で定義される。時代が変われば罪ではない犯罪もある。犯罪は社会のほころびから生まれるもので、罪を個人の責任に全て科しそれでほころびを無視するのは個人主義の陥穽に陥っている。
    現代までこの流れは繋がっているという。

  • 死刑について考えられる作品。一般的に言うと死刑は
    威嚇/予防の為の刑であると考えられていた。
    だが12~13世紀、つまり都市が発展するまでは、死刑は
    儀式(神への生け贄)という側面を持っていた。

    刑吏が蔑視されるようになったのも都市の成立〜発展に
    かけてであり、宗教的側面を忘れつつも死に対する恐怖心が
    残ったためであると筆者は述べている。
    おもしろいのは刑吏が蔑視されながらも高収入を得つつしかも、医術に関しては最高レベルの知識をもっていたというのは何とも
    皮肉な結果である。

  • フォン・アミラその他諸氏の分析の努力にもかかわらず、ある時代・空間に生活する人間集団に共有された単一の整合性ある「世界観」を再構成しようとする努力は、いつも失敗する運命にあるように思われる。いつの時代もひとは、良くも悪くももっと柔軟に、矛盾だらけの方法でもって世界を観ていたのであってみれば。

    そのようなわけで終盤の刑吏賤視の起源をめぐる考察はよいけれど、前述の諸学説を紹介する際の著者(阿部)の無批判な態度にはちょっと残念な気持ちにさせられた。

  • 1月8冊目。中世ドイツ史を研究する阿部氏の1冊。当時人々から差別の対象となった刑吏―賤民―の歴史を先行研究と史料からを描き出した。処刑の持つ意味とそれを行う刑吏への人々のまなざしを分析した珠玉の1冊。専門的な用語・単語が出てくるが、伝えたい箇所はわかりやすく、著者の思いが伝わってくる。また、氏のところどころにみられる現在への意識は、歴史学で何かものを書くときに見習わなければならないものである。

  • ジョジョ第7部「スティール・ボール・ラン」のジャイロ・ツェペリの本職が首斬り役人ってことで、読んでみました。

    ジャイロの父親グレゴリオは高潔、厳格で冷徹な執行人だったわけですが、そんなイメージの人物も実在したんですね。

    ニュールンベルクの刑吏フランツ・シュミット。自らの職務に誇りを持ち、人間の首の太さと長さを常に意識していたようです。日記をずっとつけていたってところはグレゴリオとは違うところかな。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全16件中 1 - 10件を表示

刑吏の社会史―中世ヨーロッパの庶民生活 (中公新書 (518))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

刑吏の社会史―中世ヨーロッパの庶民生活 (中公新書 (518))はこんな本です

ツイートする