シャーマニズム―エクスタシーと憑霊の文化 (中公新書 587)

  • 13人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 佐々木宏幹
  • 中央公論新社 (1980年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121005878

シャーマニズム―エクスタシーと憑霊の文化 (中公新書 587)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • トランス状態、というものは出てくるものの
    それに関して霊的な要素では捉えていない、
    というところに注意が必要。

    いたってまじめな本です。
    そして、このレーベルの新書としては
    難解な部類に属します。

    だけれども、このシャーマンというものには
    2種類の属性がある、ということだけは
    なんとなくではあるものの理解できました。

    日本の場合は両方あるような感じですね。
    一方的に憑かせるタイプと
    啓示をもらうタイプと…

    それと、やはり、シャーマンになる資質と
    言うのも出てきていました。
    どこの国でも、あるものですね。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

佐々木宏幹の作品

シャーマニズム―エクスタシーと憑霊の文化 (中公新書 587)を本棚に登録しているひと

シャーマニズム―エクスタシーと憑霊の文化 (中公新書 587)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シャーマニズム―エクスタシーと憑霊の文化 (中公新書 587)を本棚に「積読」で登録しているひと

シャーマニズム―エクスタシーと憑霊の文化 (中公新書 587)はこんな本です

ツイートする