理科系の作文技術 (中公新書 (624))

  • 3790人登録
  • 3.81評価
    • (247)
    • (283)
    • (342)
    • (27)
    • (9)
  • 328レビュー
著者 : 木下是雄
  • 中央公論新社 (1981年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121006240

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン カー...
ヘミングウェイ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

理科系の作文技術 (中公新書 (624))の感想・レビュー・書評

  • ブクログ仲間さんのレビューを拝見して読んでみました。

    文章を書くことを指導するための文章を書く、というのは想像するだけで難しそうなのに、著者の筋道立った筆の運びはとても整っており、見習わねばならぬことばかりでした。
    指導の内容を本文の中でしっかりと実践されていて、著者のきめこまやかな配慮とライティングに対する静かな情熱が感じられます。
    全体の構成、段落や文の作り方、記号や単位の使い方まで、明解かつ簡潔に論文を書くための基本を学ぶことができました。

    最近はイラストや大きな文字で論文やレポートの書き方を解説している本も増えていますが、学生さんにはぜひ本書も薦めたいと思います。

  • 大学生なら必ず一度は勧められるであろう、作文技術の名著。
    本書が教えるのは、画期的な文章術というよりは、作文のごく基本的な心得のようなものだ。
    この本を読んでいて感じるのは、著者の木下是雄先生がめちゃくちゃすごい人だということ。本の中で教える心得を、徹底的に実践しているのがひしひしと伝わってくる。
    本書で理想とされる、簡潔・明快で、誤解の余地を与えず、読みやすい文。流れがすっと頭に入ってくる章立て。本書それ自体が、こうしたことの最大のお手本になっている。そこがこの本のすごいところだと思う。
    作文技術を教える本を書くという行為には、自分が書いたことを完璧に実践してみせることが求められる。ここに生まれる緊張感と、それをやってのける手腕の見事さ。こうしたものを本書を読むことで感じることができる。実用書としてすぐれているだけでなく、魅力的な読書経験を与えてくれる本。

  • ずっと気になっていたので読んでみました。

    > 「私がこの書物の読者と想定するのは、ひろい意味での理科系の、わかい研究者・技術者と学生諸君だ。これらの人たちが仕事でものを書くとき――学生ならば勉学のためにものを書くとき――に役立つような表現技術のテキストを提供したい」。

    序章で著者がこう述べているように、本書は主に理系層がターゲットとなっています。
    しかし、実際に読んでみると、文書を書くすべての人におすすめできる内容になっています。

  • 「理科系」とあるだけあって例文が理科系のものが多く、読むのに疲れたが、理科系に限らず一般的な文章論として通用する本だと感じた。

    印象に残ったのは「逆茂木型」文章を極力書かないようにというところ。
    日本語は欧米語と違い修飾語が被修飾語の前に来るため、修飾語が長くなると分かりづらくなるので注意する必要があるといった意味合いのようであった。

    あと月並みであるが「事実」と「意見」を明確に区別するというところも改めて認識させれたれた部分であった。

  • 日本語の文章でよく見られる「であろう」や「といってもよいかと思われる」は英訳されないそうです。そもそも、事実と自己の見解を明確に示すべき理科系の文章に、そのような曖昧な表現は必要ありません。ただし、特許の明細書では少し勝手が違うようです。

    少しでも広い権利範囲を獲得すべく、構成要素の表現などにおいて機能的に記載されることがあります。また、「本実施例では…を用いたが、…でもよい」などの記載をよく見かけます。後者の記載はいいとして、問題は前者の記載です。広く権利を取りたい気持ちはわかりますが、その機能を有する構成要素をすべてカバーして何の意味があるのでしょうか。また、その機能を有する物が現実として使用される場合、数種類に限られるのではないでしょうか。機能的記載は、不明確として拒絶されるのが関の山です。

    機能的記載は対象製品が明確でない特許によく見られます。企業人なら、製品と結びつけて(売り上げに貢献)なんぼです。知財人として、常に製品と結びついた明細書の作成に臨みたいと思います。

  • 文系が読んでも素晴らしい。

  • 名著と呼ばれているが個人的には嫌い。

  • 論文で伝わるように書く日本語とは、どのようなものであるべきか、
    そういったことをまとめている本。
    理系論文に求められることは、小説などに求められることとも
    違うので、どういった書き方をするのがいいか、を根拠を持って
    勉強できる点がいい。
    日本語で理系文章を書くときには必須の視点である。

  • 書くことに慣れていない人は、誰が読むのかを考えずに書きはじめるきらいがある。

  • 職場の方のオススメ。図書館で常に借りられているので未だ読めず。そんなにも良書なのか。やっぱ買うか…

  • さすが名著ですね。

    まさに「現代ビジネス文書の書き方」と言っていいでしょう。
    昭和56年時点で、これほど明確な読みやすさのルールを確立していたことにビックリです。

    欠点として「例題の難しさ」「古さ」はあります。
    でも、なぜか現代のやさしい本よりも「ビシッ」と頭に入ってきます。
    これが著者の「作文技術」のなせる技なのか!

    チョット古いので減点してますが、現代風に書き換えてくれたら間違いなく★5つ。
    オススメです。

  • 何十年も前に出た本なのに、
    これだけ社会の状況が変わった世の中なのに、
    近年出版されている同じような内容の本は全て、その本を基にしているんじゃないかと思わせられる一冊がある。

    その1つがこれ。

    ・事実と意見の書き分け (混同しない)
    ・字面の白さと黒さ  (無駄に漢字を多用しない)
    ・はっきり言い切る姿勢 (『~と思われる』『~ではないか』は使わない)
    ・わかりやすく簡潔な表現 (短く、1つの文に言いたいことは1つ)

    など、理科系に限らず大切なことがいっぱい。

    「~ではないか」という表現は普段接する文章に特に多いけど、
    そういう文章を見るとイライラしてくる。

  • 昔、父から借りて読んだ本だと思い込んでいたが、それは勘違い。読んだのは、当時の中央公論社が出していた雑誌「自然」に連載された記事の方だった。格の正しい文を書く努力するようになったのは、その記事を読んだおかげ。若い頃からそういうことを意識するようになったのは、幸運だったと思う。最近、仕事で長い文章を書く機会が増えたので、思い立って読み直したら、いろいろと反省すべき点が見つかった。原稿は手書きが普通だった時代に出た本なので、著者が「改版へのあとがき」に書いているように、書き直しが必要な部分もあると思う。しかし、この本に書いてあることは、今も十分役に立つ。原稿をパソコンで書くことが常識になった今、著者が勧めていることは、ずっと簡単に実行できるようになった。例えば、「書き直しにはハサミとノリが役立つ。机のひきだしによく切れる鋏とスティック糊を常備しておくといい。」(48ページ)と言われるまでもなく、誰の手元にもハサミとノリ(カット&ペースト)は常備されている。「私は、わが愛する日本語は、事実や論理を冷徹に、明確につたえる能力を内蔵した言語だと信じている。」(61ページ)という一文には、強く共感した。法律を引用するのに、「特許法(昭34.4.13、法律第121号)」(199ページ脚注)と、法律番号まで書いていることにちょっと感心。

  • 理科系の論文の書き方について

    ・(理科系の仕事の文章を、いわゆるいい文章と対比して)すなわち、情報と意見の伝達だけを使命として心情的要素を含まないことと対応する。
    ・私は、仕事の文章はすべてこういう重点先行主義で書くべきものと考える。
    ・スケッチ・ノート法
    ・このときの私のやり方はKJ法の技術に負うところが大きい。
    ・真実をかいているのか、意見をかいているのを常に意識して、両者を明らかに区別して書く。
    ・文は短く。

  • この本が書かれた後にいろんな新しいツール (アウトラインプロセッサとかプレゼンソフトとか) が登場したり、と状況がいろいろ変わっているんだけど、文章書く人ならジャンル関係なく一度は読んでほしい。

  • 大卒でない私は論文を書いたことがありませんでしたが、
    仕事で必要な資格を取るために技術論文を書くことになりました。
    そんな私に先輩がまず渡してくれたのが本書でした。

    論文のみならず、エンジニアがものを書くにあたっては必要なことが十分に書いてありました。
    人生のバイブルになりました。

  • 筑波大学の授業科目「国語Ⅰ」「研究者入門」「研究・開発原論」の指定参考書。
    “読める”文章を書くために、“全系”が読むべき手引書。

    不特定多数の読者に対して、読みづらさが無く・不親切で無く・内容が素直に理解できる、そんな文章の書き方を解説する。こういった文章が書きたいなら、理科系に限らず文系も読むべきである。理科を題材にしてはいるが、重要なポイントは文理共通であろう。(逆に、特定あるいは不特定少数だけにメッセージが伝えられる文章や、真意を濁した文章を書きたい場合には向かない。)
    私は父にすすめられて中学生のときに本書を読んだ。大学の参考書になってはいるが、中学生でも問題なく読める。さすがは“読める”文章を解説するだけはある。若い内に読んでおくに越したことはないだろう。
    巻末には、発表の際の技術にも触れられている。OHPの使い方など、やや時代遅れの感は否めないが、ポイントは参考にできる。
    厚さ・価格は手頃。文章は読みやすくサラッと読める。

  • 理科系の作文技術ということで、理科系の学生に送る論文の書き方指南といったところ。
    私も最近ひょんなことで文章を書く事がおおくなったので、購入。
    簡潔な文章。
    意見と事実をわける。
    主語を文章の途中で変えないなど。
    重要な部分をひろい読み。

  • 本来、大学の卒論執筆前に読むはずでしたが、二十年以上サボっていました。当時は既に名著として殿堂入りでして、今読んでも十分に学べます。うちの社長さんの思考回路は木下先生の影響を多分に受けていると確信しました。もっと早く読んでおけば、もっと論理的な文章が書けるようになったはず。修行の道はまだ遠い。

  • レポートを書く時だけでなく、その他様々な文章を書く際にも生きる技術だと思った
    必要に応じて再読したい

  • KCなし レビューから古いがかなりイイみたい!

  • 理工系の学生や技術者を主な対象としているものの,文章を書く際に誰にとっても役に立つ情報が詰まっている。内容がタメになるのはもちろんのこと,この本の文体自体が大いに参考になると思った。

  • 大学時代、レポート作成に役立った。今後も読み返して、論理的な作文技術を身につけたい。

全328件中 1 - 25件を表示

理科系の作文技術 (中公新書 (624))に関連する談話室の質問

理科系の作文技術 (中公新書 (624))に関連するまとめ

理科系の作文技術 (中公新書 (624))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

理科系の作文技術 (中公新書 (624))はこんな本です

理科系の作文技術 (中公新書 (624))のKindle版

ツイートする