理科系の作文技術 (中公新書 (624))

  • 3674人登録
  • 3.81評価
    • (239)
    • (278)
    • (338)
    • (26)
    • (7)
  • 318レビュー
著者 : 木下是雄
  • 中央公論新社 (1981年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121006240

理科系の作文技術 (中公新書 (624))の感想・レビュー・書評

  • 本来、大学の卒論執筆前に読むはずでしたが、二十年以上サボっていました。当時は既に名著として殿堂入りでして、今読んでも十分に学べます。うちの社長さんの思考回路は木下先生の影響を多分に受けていると確信しました。もっと早く読んでおけば、もっと論理的な文章が書けるようになったはず。修行の道はまだ遠い。

  • レポートを書く時だけでなく、その他様々な文章を書く際にも生きる技術だと思った
    必要に応じて再読したい

  • KCなし レビューから古いがかなりイイみたい!

  • 理工系の学生や技術者を主な対象としているものの,文章を書く際に誰にとっても役に立つ情報が詰まっている。内容がタメになるのはもちろんのこと,この本の文体自体が大いに参考になると思った。

  • 大学時代、レポート作成に役立った。今後も読み返して、論理的な作文技術を身につけたい。

  • 古い部分もあるが、今でも充分役立つ情報ばかり。修飾しすぎて幹がよくわからない文章を書きがちな日本人の特徴がよくわかった。読み手に伝わらなければ書く意味がなく、ただの自己満足になってしまう。一旦立ち止まって読み返すといい。

  • 理系学生の定番書。読んで損になることが何もないので、理系の学生は本当に一度読んだほうがいい。

    --
    理系の文書の特徴:伝えるべき内容が事実(状況を含む)と意見(判断や予測を含む)に限られていて、心情的要素を含まない。
    記述の順序は2つの面から:「文章全体が論理的な順序構成」「読者は真っ先に何を知りたがるか」

    自分は何を目標として文章を書くのか:目標規定文
    それが「どんなものか」を記述するときは、まず似たものをさがせ。つぎにどこが違うか考えよ。
    ある問題を論ずるときには
    ・何が問題なのかを明確にせよ
    ・それについて確実にわかっているのはどんな点かを明らかにせよ
    ・よくわかっていなくて、調べる必要があるのはどんな点かを明らかにせよ
    序論:読者が本論を読むべきか否かを敏速・的確に判断するための材料を示す
    本論の主題となる問題は何か
    結論を先に書く方式でない限りは、序論は、みじかく、みじかく
    駅との関係位置を示せ、歩く道筋の説明にかかるのはそれからだ
    トピックセンテンスは、それを並べれば文章全体の要約にならなければいけない。
    日本語は逆茂木型
    日本語の文章だとここは読者が補ってくれるだろうと飛ばして書くところも、英語ではくどく書く
    明白でないよりもくどいをよしとする
    ひとつの文の中には二つ以上の長い前置修飾節は書きこまない
    論文は読者に向けて書くべきもので、著者の思いをみたすために書くものではない
    見解は、断定的な言い方をした方がいい
    「と思われる」「と考えられる」を使わないで(自分は)「と思う」「と考える」と書く
    英語に state という動詞がある
    事実と意見をきちんと書き分ける
    事実の記述は二価、意見の記述に対する評価は多価
    事実を記述する文はできるだけ名詞と動詞で書き、主観に依存する修飾語を混在させない
    破格の文を書かない
    理系の文書では受け身の文は少ないほどいい
    同じ形で文が終わることが続くのを避ける
    メモに年月日を入れる
    研究機関名には、その研究を行った機関名を書く
    議論・考察ではいったん立場を変えて自分の研究に残っている課題を吟味する
    講演:人に理解してもらうためには繰り返しが必要
    聴講者の1/3がわかるように、もう1/3が分かったような気がする、という話をする



    --
    米国の小学生 Patterns of Language
    「科学英語の書き方についてのノート - 日本の物理学者のために」

  • 1981年刊行。著者は学習院大学名誉教授(専攻は物理学)。

  • ちょっとかたいけど
    理工系の人は読んでおいて損はないかな
    って感じの本

    あとがきでも触れられているが
    後半手書きの時の注意点にかなり
    触れられているが
    今はあまり関係なさそうなので
    後半はあまり読まなくてもよさそう

  • 井上ひさしが勧めていたので読んでみた。
    数式のように、論理的に積み上げていく
    文章の書き方が参考になった。
    学校教育にも取り入れて

  • 研究者・技術者などの理科系の人のために、明快な文章の書き方から、学会講演での話し方まで、様々な技術がまとめられている。簡潔かつ意味が一意に決まる文章の重要性がわかる。技術的でない文章を書くときも応用できそうだ。日本は心情をつづった文章(感想文など)ばかり書かせるが、事実が何かを判断し、論理的に説明させる練習もさせた方がよいというのは同意。

  •  本書は論理的な文章を書く上で注意することについて述べられています。
     この本は1981年に出版されておりかなり古いが、内容は今でも変わらず通じるものでしょう。現在でいえば仕事上でのメールでも役に立つかもしれません。
     日本語の「~と思われる」といった表現はただ単にぼかしているだけで、論文には不向きであることなど、言い切りがたの文章で分かりやすく書く習慣も身に付けられればと思います。

  • ずっと気になっていたので読んでみました。

    > 「私がこの書物の読者と想定するのは、ひろい意味での理科系の、わかい研究者・技術者と学生諸君だ。これらの人たちが仕事でものを書くとき――学生ならば勉学のためにものを書くとき――に役立つような表現技術のテキストを提供したい」。

    序章で著者がこう述べているように、本書は主に理系層がターゲットとなっています。
    しかし、実際に読んでみると、文書を書くすべての人におすすめできる内容になっています。

  •  ○○と思われる
     ○○と考えられる

     とかいう論文読むとイライラするんじゃボケェ!と言いたいところだけど、いざ論文を書くとなると多用しちゃうんだよね。
     だって、○○である、とか、○○だ、という断定しかねることも多いし。
     例外もあるかもしれないし、他の人はそう思ってないかもしれないし。

     だがそこは、あえて断定しろというのが理系の論文の書き方だ。
     曖昧な表現や、他の意味にとれる書き方は理系の論文には許されないという。

     ですよね~。そうなんですよね~。
     特に英語論文書いてみると、It seemsが使われる論文なんて見たことないしね。
     かといってI think、I supposeとか主語が私なのも見たことがない。

     理系の論文は A is Bなのだ。

  • 学生時代のレポートを思い出したら、恥ずかしくなってきた。研究室は、論文の書き方はしっかり指導してくれたと今になって思う。

    今、会社員の僕が読んでも明日から心がけられることばかり。

  • (サポートスタッフ 文学 D1 )

    ▼名古屋大学附属図書館の所蔵情報はこちら
    http://nagoya-m-opac.nul.nagoya-u.ac.jp/webopac/WB01921103

  • 序章
    チャーチルのメモ
    この書物の目標
    「作文」について
    準備作業(立案)
    準備作業の必要
    文書の役割の確認
    主題の選定
    与えられた課題
    一文書一主題
    長さの制限
    読者
    なまの情報
    目標規定文
    材料あつめ
    思いつくままのメモ
    ジャーナリストの定石、その他
    図・表
    文献
    文章の組み立て
    記述の順序
    起承転結
    重点先行主義
    新聞記事
    序論・本論・結び
    序論
    結び
    本論の叙述の順序
    概観から細部へ
    細部の記述の順序
    論理展開の順序
    文章の構成案の作り方
    構成表を作るやり方
    スケッチ・ノート法
    カードによる整理・収束法
    パラグラフ
    パラグラフ序説
    パラグラフの満たすべき条件
    トピック・センテンス
    展開部
    文章の構成要素としてのパラグラフ
    パラグラフのたて方
    パラグラフの長さ
    パラグラフの連結
    文章の構造と文章の流れ
    レゲットのいうこと
    文の構造-逆茂木型の文
    文章の流れ-逆茂木型の文章
    はっきり言いきる姿勢
    レゲットのいうこと(続)
    明言を避けたがる心理
    明確な主張のすすめ
    <はっきり言い切る>ための心得
    事実と意見
    事実と意見
    事実とは何か 意見とは何か
    事実の記述 意見の記述
    事実と意見の書き分け
    事実の持つ説得力
    わかりやすく簡潔な表現
    文は短く
    格の正しい文を
    まぎれのない文を
    簡潔
    読みやすさへの配慮
    字面の白さ
    漢語・漢字について
    受け身の文
    並記の方法
    文章の中の区切り記号
    「私の流儀」の書き方
    漢字の使い方
    文末の述語
    書き言葉と話し言葉
    執筆メモ
    日付
    辞書
    単位・量記号
    単位
    量記号
    文献引用
    原稿の書き方
    原稿用紙の使い方
    数式の書き方
    字体その他の指定
    書き直しと清書
    図と表の書き方
    読み直しと校正
    手紙・説明書・原著論文
    手紙
    用件の手紙の扱い方
    用件の手紙の形式
    本文
    説明書
    説明書の書き方の教育
    使用説明書
    説明書の模範例
    原著論文
    科学論文の区分
    論文のオリジナリティー
    原著論文の書き方
    再討論・仕上げ
    閲読制度について
    学会講演の要領
    「読む」のではなく「話す」
    話の構成
    スライドの原稿
    手持ち用メモ
    登壇するときの心得
    英語講演の原稿

  • 伝説の名著。理系なら読むべし。

  • 「大学生 理系 本 おすすめ」でぐぐった結果たどり着いた本。某国立大や有名私立大の生協で売り上げ1位と聞いて読んでみた。読んでいる途中、内容が内容なだけあって(著者は物理学者で例が難しい、、)、読書しなれていない私にはなかなかペースが掴めず読了までだいぶ時間がかかってしまったが、読み終えてみて間違いなく理系大学生が読むべき本だと思った。題名の通り、文章の構成の仕方(序論・本論・結び)、パラグラフの立て方などの作文技術について述べられているのはもちろん、理系の仕事の文書とはどういうものなのか、理系の文書内における「情報」「意見」「事実」等の言葉の定義や、学術講演会の準備まで理系文書に関わる情報を網羅した内容であり、とても読みごたえがあった。また著者が理系であるからこそ持つ文章へのこだわりが垣間見え、そのためか文書の書き方を説明した本ではあるが、教科書風ではなくしっかりと意見(ここでの「意見」の使い方があっているかはわからない。。)が伝わってくるものであった。それに加えて、この本の文章にも本の内容となっているような技術が使われていて読んでいること自体が勉強になったと思う。30年前の本ではあるが、ここまで読み継がれているその経緯を考えると、この分野において重要な事柄は変化しないということも強く実感した。これから文章を書くことが多くなる年齢なので、時間を空けてまた何回も読み返したい。

    二回目の読了(H29.2.7)。ここ一年は昨年に比べて文章を書く機会が多くなったため改めて文章を書くことへの意識付けとして二回目を読んだ。一回目読んだときよりだいぶ話が頭に入ったが、その分自分の文章がまだまだであることにも気づかされた。
    序論の重要性
    トピックセンテンスを意識すること
    逆茂木型の文章や破格の文章にしないこと
    事実と意見を明確にすること
    読み手側の持つ知識を把握し見合った文を書くこと
    この辺りは改めて意識していきたい。

  • この本に描かれていることを理解し,実践することで,課題レポートや志望動機などの「文章を書くという行為」について理解が深まったように思います.

  • memo
    P143
    コンマの使い方
    1.受けることばが、すぐに続くときはつけない。離れているときはつける。
     例)ぼくは少年です。
     例)ぼくは、おじさんの家へ行った。
    2.二つの文からできている文は、間につける。
     例)雨が降ったので、遠足は中止になった。
    3.コンマが多すぎてくどい場合は、1の限りでない。
     例)きのう、ぼくはおじさんの家へ行った。

  • 理系の人がレポート・論文を書くときに参考になる本。文章の構造と流れ、明確な主張をする心得、事実と意見の使い分けなど、重要な内容が盛り込まれている。初版本は1981年に出版された本であるため時代遅れな記述もあるが、基本的な事柄は全く色褪せていない。
    (生命科学科 B4)

    【紹介文A】とにかく早く読んでほしい一冊です。「目標規定文」、「重点先行主義」、「逆茂木型の文章を避ける」、「はっきり言い切る」、「事実と意見」、「まぎれのない文」、などなど。どれも重要です。11章の「スライド」の説明には時代を感じます。

    【紹介文B】レポートの書き方の本としては、まさに王道中の王道の本です。文章の書き方のみならず、図や表の書き方や単位・量記号の使い方などの理系独特の文書作成技法が余すところなく収録されています。読む本に迷ったら、まずはこの本を読んでみては?
    (推薦者:機械物理工学専攻 M2)

    【紹介文C】東工大に入学したからには、研究計画書や論文などの「理科系文書」を作成する機会が、今後多くなるだろう。
    文章の組み立て方、事実と意見の書き分けなど、理科系文書を作成する際のマナーがこの書には明快に記されている。
    (推薦者:集積システム専攻 M1)

    【紹介文D】レポート初心者の『古典的』道しるべがこちら。独特の読みにくさもある一方、現教員が学生時に参考にした本でもあります。「図表のキャプションの場所は?」、「事実と意見の書き分けは?」、「参考文献のつけ方は?」などの質問にドキッとしたら、ぜひ参照して下さい。特に、目標規定文、抄録の重要性、逆茂木型の文章、の部分は必見です!
    (推薦者:地球惑星科学科 B2)

    【紹介文E】本書では理科系の学生や社会人に向けて、論文・レポート・説明書・仕様書など、様々な目的で書かれる文章の技術をわかりやすく伝えている。30年以上前に出版され、今なお多くの人々に読み継がれている名著。
    (推薦者:物理電子システム創造専攻 M1)

全318件中 1 - 25件を表示

理科系の作文技術 (中公新書 (624))に関連する談話室の質問

理科系の作文技術 (中公新書 (624))に関連するまとめ

理科系の作文技術 (中公新書 (624))はこんな本です

理科系の作文技術 (中公新書 (624))のKindle版

ツイートする