博物館と美術館―館長対談 (中公新書 625)

  • 13人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 梅棹 忠夫 
  • 中央公論新社 (1981年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121006257

博物館と美術館―館長対談 (中公新書 625)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1981年に出版された本なので、出版当時と今とは違うところもいろいろあるかと思いますが、勉強になりました。

  • 今日、訃報が届いた梅棹先生の本。昭和56年刊行のものが
    本棚にあったので数十年ぶりにページを繰る。
    使っていた蔵書印からすると、大学生の頃に読んだものの筈。

    鹿内信隆や江上波夫といったそうそうたる人たちとの対談集だ。
    立派な博物館や美術館を日本中にこしらえてきた人たちが、
    最も熟達していた当時に行われた対談らしく、大きな夢がちょっと
    した自負とともに語られている。

    目に止まったのは、山種美術館を作った倉田公裕先生との対談。
    私の博物館学の先生だった。講義は厳しかったけれど、博物館に
    対する情熱は一線を退いた後も消えていなかった。

    ほとんどの学生が、可をつけられた。優は稀。それでも、つけら
    れた可は、うれしかった。
    そんな倉田先生と梅棹先生の対談が面白くないわけがない。

    哀悼の念とともに、読みふける。

全2件中 1 - 2件を表示

博物館と美術館―館長対談 (中公新書 625)はこんな本です

ツイートする