関ケ原合戦―戦国のいちばん長い日 (中公新書 (642))

  • 40人登録
  • 3.35評価
    • (2)
    • (4)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 二木謙一
  • 中央公論新社 (1982年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121006424

関ケ原合戦―戦国のいちばん長い日 (中公新書 (642))の感想・レビュー・書評

  • 1600年9月15日、中世から近世へ、豊臣から
    徳川へ、天下分け目の戦いが行われた。日本列島の
    すべてを巻き込んだ、この戦国のいちばん長い日は、
    一体どんな一日だったのか。
    戦国乱世の時代像を24時間に凝縮する迫真の歴史
    ドキュメント。(初版は1982年の刊)

    本書は関ヶ原に関する著作の参考文献にあげられる
    古典的な本である。関ヶ原については、多くの論者
    が扱っており、研究の進展がみられる。笠谷和比古
    (1994年)や光成準治(2009年)などによ
    って、新しい視点が開かれており現在からみると本
    書の内容は古びているが入門書として最適である。
    9月14日に西軍が大垣城を出発し関ヶ原に向かう
    ところから始まる。翌15日午前8時に開戦、午後
    2時に西軍が敗走、家康は午後5時に諸将に謁見、
    その後の戦後処理までを扱っている。

    以下、備忘録的に
    14日の正午。島左近、当初、家康の到着を信じな
    かったという話を紹介している。名将として讃えら
    れるがどうなのか。開戦時には速攻で銃撃(本書の
    流れだと8時に開戦し9時に重傷をおっている)さ
    れるし精彩を欠く。軍記物により造られたイメージ
    が大きいという事かしら。
    メッケルの逸話。本書にも出てくる。司馬遼太郎の
    創作という話を聞いた時は、のけ反るほどに驚いた
    が、海音寺潮五郎の方が早いらしい。海音寺はドイ
    ツ軍人としているとの事から、まったくの創作では
    無く、何らかの元ネタがあると推測している人もい
    るが、司馬は何とも罪深い。
    上杉景勝。景勝ファンとしては残念なことだが、著
    者の評価は高くない。秀吉死後、旧領越後の回復を
    狙い家康に見咎められ、打倒家康の意地も度胸も無
    いとボロクソである。
    毛利輝元。苦労知らずの三代目の甘さが出ていると
    している。本書に限らず苦労知らずの甘ちゃんとい
    う見方をされる事が多いが、実質2代目として戦国
    の世を生き抜いており苦労知らずとは言えまい。
    (軽んじられるのは他の要因か。)
    小早川の裏切りにより、簡単に壊滅したような気が
    したが大谷、平塚、戸田連合の勇戦ぶりがわかって
    良かった。
    論功行賞。蒲生秀行の18万石が60万石は破格。
    加藤、福島、黒田、最上でも2~3倍なのになぜな
    のか不思議。
    巻末の関係略年表、大名配置一覧は重宝。

  • 関ヶ原の合戦を三成挙兵から、家康の戦後処理までを描く。
    新書なのだが、中身は物語調で、史学の大家には珍しい語り口調である。

    著者の二木教授は非常に文才豊で、ライトな歴史ファンでも充分に楽しめる内容。

    関ヶ原入門書としては最高です。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 刻々と変化してゆく戦況とそこに立つ漢達の心理。

    改めて関が原を俯瞰することで、戦の前にもう戦の結果はある程度
    見えていたものの、勝負は時の運、ギリギリのところで家康は勝利をつかんだのだと感じた。

    直江状が偽書であるとか、初めて知ったこともあった。

    日本史の教授がここまで読み物としておもしろい本を書いているというのが意外だった。

全4件中 1 - 4件を表示

関ケ原合戦―戦国のいちばん長い日 (中公新書 (642))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

関ケ原合戦―戦国のいちばん長い日 (中公新書 (642))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

関ケ原合戦―戦国のいちばん長い日 (中公新書 (642))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

関ケ原合戦―戦国のいちばん長い日 (中公新書 (642))を本棚に「積読」で登録しているひと

関ケ原合戦―戦国のいちばん長い日 (中公新書 (642))はこんな本です

ツイートする