駅を旅する (中公新書 (738))

  • 12人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 種村直樹
  • 中央公論社 (1984年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121007384

駅を旅する (中公新書 (738))の感想・レビュー・書評

  • 1984年刊。著者は元毎日新聞記者のレールウェイ・ライター。個人的には宮脇俊三氏よりもお世話になったライターさんである。「駅」を定点に全国各地を巡る鉄道旅行エッセイ。著者の個人的趣味だろうが、寄稿対象のかなりが地方ローカル線。また、ライターになる前(例えば学生時代)の著者の経験・見聞談も織り交ぜる一方、国鉄最晩年期に当たる刊行時の模様も垣間見させる。田中角栄期に地方線を新規開業したが、10年程度で廃止対象になったこと、国鉄職員(特に現業)の政府批判は片手落ちと見ること(何れも著者は批判的)などがそれ。
    今では見ることの敵わない、北海道・東北の雪景色のローカル線駅、出雲大社の最寄り駅たる大社駅は感慨深い。

全2件中 1 - 2件を表示

駅を旅する (中公新書 (738))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

駅を旅する (中公新書 (738))を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする