元禄御畳奉行の日記―尾張藩士の見た浮世 (中公新書 (740))

  • 138人登録
  • 3.47評価
    • (6)
    • (11)
    • (29)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 神坂次郎
  • 中央公論社 (1984年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121007407

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

元禄御畳奉行の日記―尾張藩士の見た浮世 (中公新書 (740))の感想・レビュー・書評

  • 読了。

    元禄御畳奉行の日記 尾張藩士の見た浮世 / 神坂次郎

    尾張徳川家に250年間秘匿されていた朝日文左衛門の日記「鸚鵡籠中記」を読み解く本です。

    なんか隠されてたみたいですね。
    とにかく時勢を批判ありきでいろいろ書きまくってるからか隠されてたのかしらね。
    公表されたのは昭和の戦後からさらに20年くらいたったころだそうですね。

    元禄の世から始まる日記です。
    女、酒、賭け事を愛し、演劇などの娯楽を愛す。
    さらに噂(ゴシップ)好き、あっちに事件があれば野次馬に行くこっちに事件があればやっぱり野次馬にいく、釣りを楽しみ、また仲間と酒を飲む。
    まさしく某銀英伝2期のオープニングの如き

    「時は変わり、所は移ろえど、人の営みに何ら変わりはない」

    という印象につきます。

    最後は酒の飲み過ぎによる肝硬変でおなくなりのようです。
    24年ほど37冊にも及ぶ日記録のようですね。

    生類憐れみの令も尾張でも発布されたようだけど江戸ほど厳しくはなかったもよう。
    江戸中心の世でも、地方の各藩はいろいろなんでしょうね。

    華の元禄文化と言われても文化だけで経済は衰退待ったなし状態だったようで。

    この元禄御畳奉行の日記って横山光輝が漫画化してるんですね。amazon見て初めて知りました。

  • 神坂次郎 (1984)『元禄御畳奉行の日記――尾張藩士の見た浮世』中公新書

    ・著者の神坂次郎(1927-)は、時代物が多い作家。
    ・名古屋城下の御畳(おたたみ)奉行「朝日文左衛門重章」の書いた『鸚鵡籠中記』を紹介するというもの
    ・2008年には文庫化(中公文庫)された。
    ・新書版は、文字がつぶれ気味で読みにくいかも。


    【目次】
    目次 [/]

    八千八百六十三日の日記 001
      もうひとつの元禄
      朝日家の来歴
      武芸者志願
      花嫁のくる夜
      親父どの攻略
      御目見の衆

    武士学入門 023
      文左衛門の初登城
      刀の忘れ物
      酒飲めば世は愉し
      文左衛門の劇評
      天野源蔵との出会い
      生類憐愍の令
      でんぼこ殺生

    御畳奉行どの 057
      文左衛門出世する
      文左衛門の俸給
      二人の妻に妾ふたり

    元禄社用族 071
      御奉行どのの上方出張
      京の義恩蝶・大坂の縮皮で豪遊する
      御奉行どの遊び疲れる
      御側同心頭御国御用人になる

    おかしな侍たち 089
      ところてん自殺
      奇妙な刃傷
      好色な落し物
      愛欲無惨
      ばくち侍
      女左衛門と母ばくちに熱中する

    浮かれ妻騒動 109
      密通ばやり
      さまざまな姦通
      不義の季節
      女のいくさ
      本寿院様ご乱行

    心中ばやり 129
      さまざまな恋
      文左衛門心中を目撃する
      ものぐさ心中
      文左衛門無理心中事件に活躍する
      女左衛門またまた心中に遭遇

    城下の事件簿 145
      姿なき怪盗
      けったいな泥棒たち
      御勝手不如意につき簡略節減令
      にせもの列伝
      盗っ人宿駕篭かきと裸女

    街談市語 169
      町の噂
      丑の刻まいりの女
      土に毛が生える話
      江戸城内の喧嘩
      貧窮無類の世
      士水之介乞食になる

    文左衛門の退場 189
      娘の嫁ぐ夜
      文左衛門酒に倒る
      ひとつの終焉

    あとがき(昭和五十九年七月 神坂次郎) [200-201]
    参考文献 [202-203]
    関連年表 [204-208]

  • 尾張に居たサラリーマン武士の日記について書かれたものです。
    あとがきにもあったのですが、主家批判をしてたり、幕府批判?をしてたりしたのに、何故か藩でしっかり保存して禁書扱いになってたのが不思議ですね。
    実在の登場人物が、他の資料と合わせてあっていたりしているので、創作にしては微妙ですしね。
    もっとも、書いた本人の役職表記がいろいろ微妙だったりするので、実在の人物を利用した日記風読み物の可能性も。
    なかなかおもしろくて、江戸、特に元禄時代の武士から見た世間を読めます。
    この日記を書いた文左衛門が野次馬根性丸出しだったり、芝居好きとかだったり、うわさ話や心中話、浮気やそういった話も大好きな上に、記録魔っていうのが面白いんでしょうね。
    料理関連で一品一品全部書いてみたり、行かなくてもいいのに死体見に行ったり、酒飲むなって怒られてるのにすぐに酒飲んで吐いてたりと、なんというか楽しいです。
    難点は非常に読みにくいことですかね。
    あとがきにもありましたが、元々が漢文だったり和文だったり当て字だったり言い換えてたりと、暗号文的なのが多かったようで、それをある程度読みやすくしてくれは居ます。
    が、それでも結構読みにくい。江戸時代の文書絡みの特徴的な読みのふりがなが少なかったのがちょっと残念。後の版では良くなってるかもしれませんが(それでも昭和60年の16版読んだのですが)
    なかなかおもしろくて良かったです。

  • 大昔に買った(s63.4.25 25版)ものをいまさら読む。当時の文章・単語は難しく勉強しなければいかんですね。この手のむかしの文献をスラスラとよめるようにはなりないものです。内容は、、今とさして変わらず・・です。

  • 筆まめといおうか、変態といおうか、武士なのに野次馬な人で、なんでも見に行き首を突っ込み日記に記録している。今から見ると当時をしる貴重な資料だが。。食べたものは逐一記録し、自殺や磔と聞けば見に行く。磔の柱の値段まで控えている。

  • ずーっと気になってたけど、なかなかきっかけがなくて保留してた本。江戸の食卓かなんかそんな本にこの本のことが出てたので、「いつ読むの!?今でしょ!」とばかりに図書館で借りてみた。

    いやー、面白いわ!元々の日記の内容(江戸時代の、どっちかっていうとダメ武士のノーテンキな日々を綴った日記(笑))も面白いけど、神坂さんの解説文?が読みやすくて興味をそそる。さすが小説家!一見固そうな文庫本を、電車の中でも構わずクスクス笑ながら読んでしまった(^◇^;)

    江戸時代好きならゼヒ御一読を!
    あ、そんな人はもう読んでるか…

  • 元禄時代、尾張藩士だった朝日文左衛門が書き残した日記「鸚鵡籠中記」。
    本書はタイトル通り28年以上にも及ぶ膨大なその日記を通して、元禄時代の下級武士の生活を垣間見る。
    武士というと堅苦しいイメージがあるが、文左衛門の日記を紐解くと、酒好き芝居好き女好き、という何とも情けない姿が浮かび上がってくる。「御畳奉行」などどいう何だかいかめしい名前の職についているのに、日記の中には仕事に関する記述が殆ど見られないという。そのため著者が「御畳奉行」の仕事内容についてはよく分からないと残念がっている。個人の日記に何を書くかはそれぞれだからなと思いつつも、文左衛門の仕事に対する姿勢が思いやられて、何ともおかしい。世間の噂話や自身の遊んだ記録は事細かに記しているのだから、興味の差というものなんだろうな。
    そういえば、女遊びの記録は妻の目をはばかってなのか、わざわざ造語を作って記している。気にするなら書かなければいいのに、記録好きとしては書かずにいられなかったんだろうなあ。しかも折角の造語なのに、ばればれなのがまた笑える。その辺りも含めて何だか憎めない人物だ。

  • 尾張の下級武士朝日文左衛門の元禄時代を中心とした26年間にわたる日記.お勤めは九日に一回しかなく後はお酒を飲んだり,釣りに行ったり,芝居に行ったり,妾に入れこんだりとなかなかお気楽な暮らしぶりが描かれる.これだけならただのおもしろ本なのだが,この朝日文左衛門は好奇心が旺盛で城下でおこった心中や事件などがたくさん書かれていて,この時代の武士や庶民の生活が浮かび上がってくる所がもっとおもしろい.それにしても最後に書かれている元禄バブルがはじけて経済が衰退していく様はとても怖い.ついつい今の日本に重ねてしまう.

  • 尾張徳川に250年間もの間、秘匿とされた『鸚鵡籠中記』という稀有な日記がある。
    その筆者、朝日文左衛門重章。
    酒好き、女好きの侍、部類の記録マニア。そんな彼の生きた元禄文化の世界を垣間見れる。

    実に面白い。

    元禄と言えば、町人文化、華の元禄と称されるイメージが強いが、最も華やかであり最も廃れた時代かもしれない。

    豪商のみならず、庶民の世相も伺える味わいある一冊。

    どの時代も、こういうやつがいるんだなと、思わず笑ってしまう。
    飲んでは懲りて、自らを戒めて。されど懲りずにまた飲んで。
    まるで、我がことのようで。笑

    電車内で読まない方が良いね。
    思わず吹くよ。

  • 関ヶ原より百年、江戸文化の花開いた元禄時代に生きたある尾張藩士の日記に沿って、特に武士階級にとって、この時代はどういう時代だったのかを読み解いてゆく。

    日記の著者は、朝日文左衛門という尾張藩百石取りの藩士で、初め城代組本丸番を勤め、のちに御畳奉行に出世する。 延宝二年(1674)に生まれ、18の時から45歳で亡くなる前年まで、体験したことや見聞したゴシップなどを細かく記した日記を書き続け、これを「鸚鵡籠中記」と題した。 この日記は尾張徳川家に250年間秘匿され、世に現れたのは昭和40年代とのこと。

    文左衛門は、実に自然体で生きている。 お役目を適当にこなしながら、酒と女と芝居をこよなく愛し、釣りや博打を楽しみ、ヒステリックな妻に悩まされつつも浮世の楽しみを満喫する。 お役目の旅行では接待の酒席や紅灯の世界に酔い痴れ、ついには酒が元の病で世を去ることになった。 好奇心旺盛で、様々な武術(腕前は今一つのよう)や読書にも親しんだ。 この好奇心の発露たるゴシップ好きと記録マニアのおかげで、その頃の流行や世相がよくわかる資料となっている。

    元禄時代は文化の爛熟期。 武士階級は、長く続く戦乱の無い世のために緊張感を無くし、経済の発展によって大商人が現れる一方で、餓えや貧窮に苦しむ下層の民衆もいた。 政治的には悪名高い生類憐れみの令が発布された頃だが、表向きはこれに従いつつも、尾張藩のあたりではかなり緩やかだったようである。 また元禄と言えば思い出すのが「忠臣蔵」。 討ち入りがあったのもこの頃だが、文左衛門の日記からは特に大きな感銘を受けた様子はない。 芝居として流布してから、世間の注目を浴びたようである。この頃流行ったのが心中で、これは近松門左衛門の「曾根崎心中」の影響が大きいそうな。

    こんな世の中じゃあっという間に滅んでしまいそうな気もするのだが、徳川の世はまだまだ続き、その間に明治維新が起こるだけのポテンシャルが日本人に養われていった。 今の世の中も、文化の爛熟と精神の弛緩が甚だしいように思えるが、なんとかなるような気もちょっとして来る。 [2 Apr 2007]

  • [ 内容 ]
    無類の記録マニア朝日文左衛門の27年におよぶ日記「鸚鵡籠中記」は、元禄に生きた好奇心旺盛なサラリーマン武士が、太平の世の武士や庶民の生活を的確に、倦むことなく綴った記録である。
    この時代の人と生活、文化に精通した著者によって、はじめて明らかにされた、話題沸騰の超ベストセラー。

    [ 目次 ]
    八千八百六十三日の日記
    武士学入門
    御畳奉行どの
    元禄社用族
    おかしな侍たち
    浮かれ妻騒動
    心中ばやり
    城下の事件簿
    街談市語
    文左衛門の退場

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 面白いんですが、少し居たたまれなくなる本。尾張藩のお侍さんのスチャラカ(死語)日記です。
    どんだけ自分がスチャラカだったか後生に残りまくりです。仕事しろ朝日文左衛門重章。

  • 元禄時代のゴシップ好きで日記魔な武士、朝日文左衛門の日記。平和すぎてたいくつだった当時の武士の生活や庶民の生活がうかがえます。

全16件中 1 - 16件を表示

元禄御畳奉行の日記―尾張藩士の見た浮世 (中公新書 (740))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

元禄御畳奉行の日記―尾張藩士の見た浮世 (中公新書 (740))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

元禄御畳奉行の日記―尾張藩士の見た浮世 (中公新書 (740))はこんな本です

ツイートする