アメリカン・ロイヤーの誕生―ジョージタウン・ロー・スクール留学記 (中公新書)

  • 63人登録
  • 3.39評価
    • (2)
    • (11)
    • (19)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 阿川尚之
  • 中央公論社 (1986年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121008190

アメリカン・ロイヤーの誕生―ジョージタウン・ロー・スクール留学記 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 阿川さんが若い頃にどんな苦労をして今があるのかが良く分かった。

  • ジョージタウンのJDに留学された阿川先生の記録。JD体験記を日本語で読める機会はあまりなく、貴重。

  • [ 内容 ]
    弁護士社会といわれるほどロイヤーの活動の場と機会が多いアメリカで、ロイヤーはいかにして生れるのか。
    本書は1981年当時、ロー・スクールのJ・D・プログラムに進む日本人が極めて少なかった頃、正規の3年間のコースを修めるために留学した一企業人の奮戦記である。
    ジョージタウンという名門ロー・スクールでの厳しい学問修業を卒え、無事司法試験に合格するまでを描いて、アメリカ社会の一断面を鮮やかに浮び上らせる。

    [ 目次 ]
    プロローグ 3人のロイヤー
    ジョージタウン・ロー・スクールへ
    第1学年秋学期
    第1学年春学期
    ワシントンの夢、ニューヨークの夢
    お茶の子さいさい
    司法試験狂騒曲
    エピローグ ロイヤー誕生

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • アメリカのロースクールの生活のイメージが湧いた。
    80年代の話なのと、著者が一般企業から留学した点が
    これからの自分と異なるので、評価は難しいところ。

  • 学部長に親近感を覚えました。

  • 日本のロースクールはアメリカのロースクールの猿マネだとか、失敗するとかよく言われますが、

    この本を読めばアメリカのロースクールという世界がいかに厳しいものかを十分に思い知ることができます。

    MBAとは違い、生半可な気持ちでロースクールへの留学をすることは自殺行為なのだということが身にしみて良く分かります。

  • 尊敬すべき阿川先生。
    マジでこの人すごすぎ。

    ジョージタウンローの様子が細かく描写されていて、
    この道を目指していた者としては
    最初から最後まで興味深かった。
    この本読み終わった後は
    ロー進学の為に渡米しようかと本気で考えた。
    (諦めたけどw)

    周りの生徒達や、個性的な教授陣、
    お世話になった人々などなど、
    阿川先生を取り巻く人々のことも多く書かれている。

    類は友を呼ぶ、とは本当だと思った。

    阿川さんが素敵な人だからこそ、
    これだけ暖かい人々に囲まれるんだろうな。
    尊敬。

  • 80年代(ちょっと古い!)にアメリカのロースクールに入学した著者の体験記。
    日本のロースクールはアメリカをモデルにして作ったそうなので、それを念頭に置きながら読んでみた。とかくアメリカの学歴インフレはすごい。アメリカ企業と対等に接しいきたいならば、日本でも修士号や弁護士資格などの学歴(目に見える資格)が必要となってくるというのが納得できた。専門化が進み、その中でも競争の激しさがあることが伝わってくるロースクール内の報告書である。

    第一学年の成績が有名ローファームに入れるかを大きく左右することやロージャーナル(学校で出版している法律雑誌)の編集者になることは成績優秀者の称号みたいなものでこれも有名ローファームに入れるパスのようなものだとか、州ごとの司法試験は60パーセント受かるとか(だから最初日本の法科大学院も新司法試験の合格率を8割とか6割とか言ってたのかな。)・・・ロースクールの学生を著者は3グループにわけているが第一グループは上記のような優等生グループ。第二は中堅ローファームに入ったり、司法試験も比較的やさしい州の弁護士さんになったりするのだそうだ。第三グループは端的に言うと落ちこぼれ。ロースクールを卒業しさえすれば、就職先にこまらなかったのは一昔前とのコメント。(お、おそろしい。)成績が低いとそれだけチョイスが少なくなるのだそう。勉強していい成績をとるのは将来の選択肢を広げることなのだ。

    大部分は著者の報告書みたいなもの(先生の特徴や生徒のことなど学校生活の日記みたいな感じ。結構どうでもいい著者のプライベートでのことも書いてある)
    著者によく頑張ったと拍手をおくりたい。

全8件中 1 - 8件を表示

阿川尚之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

アメリカン・ロイヤーの誕生―ジョージタウン・ロー・スクール留学記 (中公新書)を本棚に登録しているひと

アメリカン・ロイヤーの誕生―ジョージタウン・ロー・スクール留学記 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アメリカン・ロイヤーの誕生―ジョージタウン・ロー・スクール留学記 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アメリカン・ロイヤーの誕生―ジョージタウン・ロー・スクール留学記 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アメリカン・ロイヤーの誕生―ジョージタウン・ロー・スクール留学記 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

アメリカン・ロイヤーの誕生―ジョージタウン・ロー・スクール留学記 (中公新書)はこんな本です

ツイートする