住まい方の演出―私の場を支える仕掛けと小道具 (中公新書)

  • 54人登録
  • 3.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 渡辺武信
  • 中央公論社 (1988年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121008954

住まい方の演出―私の場を支える仕掛けと小道具 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 住まいについて、扉にはじまり家具にいたるまで、豆知識を交えて書かれている。

  • [ 内容 ]
    住まいは単なる食事と就寝の場でも、労働力再生産のための施設でもなく、「人生観の表現」である。
    住環境が年々悪化するなかで、近隣との交際、家族の触れ合いを保ちつつ私性を守り、“自分らしく”住める安らぎの場をどうつくっていくか。
    映画の一場面から、ミステリーの一節から、そして建築家としての体験から、ドア、家具、本棚、電話、食器など住まいの細部をなす仕掛けや小道具の小さなドラマを素材に、住まい方の演出を追求する。

    [ 目次 ]
    第1部 登場と退場(玄関扉;上がり框;階段;障子と襖;カーテン)
    第2部 大道具(テーブル;椅子;ソファー;ベッド;寝具)
    第3部 背景(屋根;天井;窓と壁;縁側;庭)
    第4部 仕掛け(本棚;鍵;冷蔵庫;食器;テレビ;電話;風呂;神棚と仏壇)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    住まいは単なる食事と就寝の場でも、労働力再生産のための施設でもなく、「人生観の表現」である。住環境が年々悪化するなかで、近隣との交際、家族の触れ合いを保ちつつ私性を守り、“自分らしく”住める安らぎの場をどうつくっていくか。映画の一場面から、ミステリーの一節から、そして建築家としての体験から、ドア、家具、本棚、電話、食器など住まいの細部をなす仕掛けや小道具の小さなドラマを素材に、住まい方の演出を追求する。
    目次
    第1部 登場と退場(玄関扉
    上がり框
    階段
    障子と襖
    カーテン)
    第2部 大道具(テーブル
    椅子
    ソファー
    ベッド
    寝具)
    第3部 背景(屋根
    天井
    窓と壁
    縁側
    庭)
    第4部 仕掛け(本棚

    冷蔵庫
    食器
    テレビ
    電話
    風呂
    神棚と仏壇

  • 渡辺さんは「住まい方〜」シリーズを数冊だしていて、あたしはそのうちの「思想・演出・実践」を購入。
    これ、高校のときに先生に薦められて読んだたんだけど、渡辺さん自身が映画ツウで、話の中に映画のワンシーンが例え話ででてきたりする。
    だから、建築やってなくても結構面白い本。
    だとあたしは勝手に思う。

全4件中 1 - 4件を表示

渡辺武信の作品

住まい方の演出―私の場を支える仕掛けと小道具 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

住まい方の演出―私の場を支える仕掛けと小道具 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

住まい方の演出―私の場を支える仕掛けと小道具 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

住まい方の演出―私の場を支える仕掛けと小道具 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

住まい方の演出―私の場を支える仕掛けと小道具 (中公新書)の作品紹介

住まいは単なる食事と就寝の場でも、労働力再生産のための施設でもなく、「人生観の表現」である。住環境が年々悪化するなかで、近隣との交際、家族の触れ合いを保ちつつ私性を守り、"自分らしく"住める安らぎの場をどうつくっていくか。映画の一場面から、ミステリーの一節から、そして建築家としての体験から、ドア、家具、本棚、電話、食器など住まいの細部をなす仕掛けや小道具の小さなドラマを素材に、住まい方の演出を追求する。

住まい方の演出―私の場を支える仕掛けと小道具 (中公新書)はこんな本です

ツイートする