朱印船時代の日本人―消えた東南アジア日本町の謎 (中公新書)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小倉貞男
  • 中央公論社 (1989年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121009135

朱印船時代の日本人―消えた東南アジア日本町の謎 (中公新書)の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

朱印船時代の日本人―消えた東南アジア日本町の謎 (中公新書)を本棚に登録しているひと

朱印船時代の日本人―消えた東南アジア日本町の謎 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

朱印船時代の日本人―消えた東南アジア日本町の謎 (中公新書)の作品紹介

厳しい鎖国時代に入る以前の約半世紀、朱印状という貿易特許をえて、果敢に雄飛した日本人がいた。彼らはヴェトナムをはじめ、東南アジア各地に町を造って交易を行い、また日本政府と東南アジア諸国王朝とを結ぶ情報の拠点とした。日本人の海外進出を描く絵巻を糸口に、東南アジアに残る日本人の足跡を踏査し、当時の貿易の実態を解明する。

朱印船時代の日本人―消えた東南アジア日本町の謎 (中公新書)はこんな本です

ツイートする