江戸の料理史―料理本と料理文化 (中公新書)

  • 30人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 原田信男
  • 中央公論社 (1989年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121009296

江戸の料理史―料理本と料理文化 (中公新書)の感想・レビュー・書評

全4件中 1 - 4件を表示

江戸の料理史―料理本と料理文化 (中公新書)の作品紹介

人間はそれぞれの歴史的環境に応じて、時代に見合った食の文化を生み出してきた。わが国も例外ではなく、生活に余裕がみられるようになった江戸時代には、室町時代を通じて独自の発展を遂げてきた日本料理が、徐々に庶民生活のレベルまで根を下ろし、独特の料理文化が花関いた。本書は、幅広い展開をみせた江戸の料理文化の在り方を、300年それぞれの時代相を写す多くの料理書を中核にすえて、社会状況との関連の中で考察する。

江戸の料理史―料理本と料理文化 (中公新書)はこんな本です

ツイートする