スズメのお宿は街のなか―都市鳥の適応戦略 (中公新書)

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 唐沢孝一
  • 中央公論社 (1989年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121009487

スズメのお宿は街のなか―都市鳥の適応戦略 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    稲作が伝播したむかしから、日本人とともに生きてきてもっとも親しまれてきた鳥・スズメではあるが、小さくて、そのうえあまりにもありふれた印象を与えるために逆につかみどころがなかった。
    どこからともなく人家の庭などに飛来してまた去っていくが、スズメはいったい何を食べ、どこで眠り、どのような一生を送っているのだろうか。
    個体識別がむずかしいため、これまであまり知られることのなかったスズメの生態をさぐる。

    [ 目次 ]
    序章 民衆の鳥としてのスズメ
    第1章 葦のずいから
    第2章 スズメの食性と採餌空間
    第3章 桜花を食べるスズメたち
    第4章 田舎のスズメと都会のスズメ
    第5章 スズメ型繁殖法
    第6章 スズメのルーツを探る〈稲作とスズメの分布〉
    第7章 遺伝子の分散と供給
    第8章 スズメたちの夜
    第9章 人とスズメの博物学

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 私たちにとってとても身近な鳥であるスズメ。でも案外「雀の一生」がどんなであるか、知らない。庭に来る雀の出席を取ることから様々な雀の姿を浮かび上がらせる様は子供向け科学読本「がんばれ!赤すずめ」に詳しい。この本では更にそこから一歩踏み込んで、雀と我々日本人とのつながり、そしてこれから先の生活について思いをはせる。大きな話を随分大ざっぱな根拠で論じるなぁと粗さが気になるところがないわけではないが。さらっと読むには好適。それほど読書の時間がない向きには、子供向け図書版をオススメする。

全2件中 1 - 2件を表示

スズメのお宿は街のなか―都市鳥の適応戦略 (中公新書)の作品紹介

稲作が伝播したむかしから、日本人とともに生きてきてもっとも親しまれてきた鳥・スズメではあるが、小さくて、そのうえあまりにもありふれた印象を与えるために逆につかみどころがなかった。どこからともなく人家の庭などに飛来してまた去っていくが、スズメはいったい何を食べ、どこで眠り、どのような一生を送っているのだろうか。個体識別がむずかしいため、これまであまり知られることのなかったスズメの生態をさぐる。

スズメのお宿は街のなか―都市鳥の適応戦略 (中公新書)はこんな本です

ツイートする