帰国子女―逆カルチュア・ショックの波紋 (中公新書)

  • 12人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 宮智宗七
  • 中央公論社 (1990年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121009579

帰国子女―逆カルチュア・ショックの波紋 (中公新書)の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

帰国子女―逆カルチュア・ショックの波紋 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

帰国子女―逆カルチュア・ショックの波紋 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

帰国子女―逆カルチュア・ショックの波紋 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

帰国子女―逆カルチュア・ショックの波紋 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

帰国子女―逆カルチュア・ショックの波紋 (中公新書)の作品紹介

帰国子女はなぜ社会問題となるのか。その原因を探るため、彼らが帰国したとき体験するさまざまの違和感-逆カルチュア・ショック-を調査し分析する。そして同じショックが彼らの両親の属するビジネス社会でも発生していることを明らかにする。ここで著者は経済ジャーナリストの立場から、問題を経済と社会の接点で捉え、日本経済が直面する社会の意識変化を伴う「国際化」という大きな枠の中で、帰国子女問題を再検討する。

帰国子女―逆カルチュア・ショックの波紋 (中公新書)はこんな本です

ツイートする