陪審裁判を考える―法廷にみる日米文化比較 (中公新書)

  • 24人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 丸田隆
  • 中央公論社 (1990年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121009722

陪審裁判を考える―法廷にみる日米文化比較 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 裁判員制度が始まった現在、時代遅れかと思ったがなかなか意義深い内容。アメリカの陪審裁判の流れもよく分かる。法律分野独特の難解さもない。

  • 日本に存在しながら、文化性が合わなかったのか「眠り続けていた」陪審員裁判について説明した本。海外の例をとって、その運用や利点と欠点などについて語られる。
    今度、新たに導入(というか陪審制度の復活?)される裁判員制度の参考となると思われる。
    中公新書刊。

全2件中 1 - 2件を表示

陪審裁判を考える―法廷にみる日米文化比較 (中公新書)はこんな本です

ツイートする