人生にとって組織とはなにか (中公新書)

  • 47人登録
  • 2.69評価
    • (0)
    • (1)
    • (8)
    • (3)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 加藤秀俊
  • 中央公論社 (1990年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121009852

人生にとって組織とはなにか (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 小売業から農業まで、産業のあらゆる分野で法人化が進み、多くの人びとが「組織人」として振舞うことを求められる時代にあって、組織の中で生きることの問題を論じた本です。

    基本的にはエッセイとみなすべきなのかもしれませんが、もう少し社会構造の変化についての詳しい考察がほしかったように思います。

  • [ 内容 ]
    本書は、伝統的地縁・血縁社会から近代的“社縁”社会への転換のなか、〈会社〉を中心に組織の歴史をたどり、組織と組織人の諸相を分析、組織と人間のさわやかな関係を模索する。

    [ 目次 ]
    序章 組織人のつぶやき
    第1章 社縁人間の誕生
    第2章 組織の時代
    第3章 建築としての組織
    第4章 組織人間の諸相
    第5章 不安の解析
    第6章 流動化する組織
    終章 人生にとって組織とはなにか

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 肩書きのない生活のほうがかっこいい。
    満足度5

  • 経営組織論の授業で紹介された参考文献。
    組織だとかシステムについて哲学するのが楽しくて、題名に惹かれて借りた。
    私が期待しているのとは違う内容だったと思う。自分の中で考えついていた意見ばかりで新しい示唆は何もなかったかな。
    20年前の本だから少し感覚がズレている気もした。

全4件中 1 - 4件を表示

人生にとって組織とはなにか (中公新書)を本棚に登録しているひと

人生にとって組織とはなにか (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人生にとって組織とはなにか (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生にとって組織とはなにか (中公新書)はこんな本です

ツイートする