平安朝の母と子―貴族と庶民の家族生活史 (中公新書)

  • 64人登録
  • 3.19評価
    • (1)
    • (3)
    • (11)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 服藤早苗
  • 中央公論社 (1991年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121010032

平安朝の母と子―貴族と庶民の家族生活史 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平安時代の母と子の関係性を語る一冊。
    結婚・出産についていくつか例が取り上げられていて、面白かった。
    平安時代の后妃は本当に大変だ…。

  • 平安時代の人々の結婚や子どもの考え方がよくわかる。一夫多妻制だと、夫権が強いように思うが、実は妻の家に入る婿入り婚が一般的であった。高校で和歌を習い、その和歌で恋を伝え、通うことは知っていたが、結婚後はどうなるのかを知らなかったので、面白かった。とはいえ、当時の結婚は今のように婚姻届を出すわけではないので、緩やかなものである。正妻の実家に住みながら、その妻の父親から資金援助をしてもらうスタイルである。だから、父親がなくなり力がなくなるとでていくこともあったようだ。

    一方、子どもには父親が正妻与奪の権利を大きく持っていた。もう通わなくなった女性の子どもは女性と同じく捨てられることもあったようだ。だから、当時の文献には多くの子どもが犬に食われていることが述べられ、国も度々子どもを捨てないように通達を出している。しかし、時の帰属が気にしているのは子どもを守ろうということではなく、穢れだ。自分の使用人の子どもが犬に食われたことを知り、その穢れがどこまで及んだかを気にしている。なんとも残酷な時代である。

  • 服藤 早苗さんの著書はわりと読んでいるはずで、この本も大学時代ぐらいに読んだことがあるはずなのですが、
    改めて読むといろいろと発見があって面白かったです。

  • 内容紹介:今日、子育てノイローゼによる子どもの悲劇、夫婦関係のひずみによる母子癒着、そのための家庭内暴力などの子どもの病理等々、子育てによる様々な問題が生じている。親子関係、子育て、子どもの生活は歴史的に変化をしてくるが、本書では「家」の成立途上にある、また女性の男性への従属・子どもの父権への従属が開始される、社会の一大転換期であった王朝時代の貴族と庶民の家族生活史に、これら今日的問題の具体的あり方を探る。 (「BOOK」データベースより)

    資料番号:010694651
    請求記号:367.3/ フ
    資料区分:文庫・新書

全4件中 1 - 4件を表示

服藤早苗の作品

平安朝の母と子―貴族と庶民の家族生活史 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

平安朝の母と子―貴族と庶民の家族生活史 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

平安朝の母と子―貴族と庶民の家族生活史 (中公新書)の作品紹介

今日、子育てノイローゼによる子どもの悲劇、夫婦関係のひずみによる母子癒着、そのための家庭内暴力などの子どもの病理等々、子育てによる様々な問題が生じている。親子関係、子育て、子どもの生活は歴史的に変化をしてくるが、本書では「家」の成立途上にある、また女性の男性への従属・子どもの父権への従属が開始される、社会の一大転換期であった王朝時代の貴族と庶民の家族生活史に、これら今日的問題の具体的あり方を探る。

平安朝の母と子―貴族と庶民の家族生活史 (中公新書)はこんな本です

ツイートする