漱石の倫敦、ハワードのロンドン―田園都市への誘い (中公新書)

  • 24人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 東秀紀
  • 中央公論社 (1991年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121010377

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
東野 圭吾
レイチェル カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

漱石の倫敦、ハワードのロンドン―田園都市への誘い (中公新書)の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

漱石の倫敦、ハワードのロンドン―田園都市への誘い (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

漱石の倫敦、ハワードのロンドン―田園都市への誘い (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

漱石の倫敦、ハワードのロンドン―田園都市への誘い (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

漱石の倫敦、ハワードのロンドン―田園都市への誘い (中公新書)の作品紹介

明治33年、ロンドンに留学した夏目漱石が見たのは、産業革命達成がもたらした富と情報の中心であり、その影に渦巻く孤独と悲惨と不安であった。この都市の危機を雄大な構想をもって改善しようとする英国近代都市計画の先駆者こそ、エベネザー・ハワードである。彼はロンドンを、本来の町と村の集合体群として甦えらせようとした。漱石の見た近代の病を、ハワードは田園の再発見によって克服しようとしたのである。

ツイートする