江戸の花嫁―婿えらびとブライダル (中公新書)

  • 15人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 森下みさ子
  • 中央公論社 (1992年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121010636

江戸の花嫁―婿えらびとブライダル (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸時代の嫁入り風習から庶民の暮らしを伺える民俗本。
    わりと離縁や再婚がしやすかったとか、
    離縁時には持参金もろもろを花嫁側で持ち帰るとか、
    三下りはんは再婚の際に必要なので夫からもらう必要があるとか、
    なんだかいろいろ面白かった!

全1件中 1 - 1件を表示

森下みさ子の作品

江戸の花嫁―婿えらびとブライダル (中公新書)の作品紹介

いつの時代も、結婚は娘にとっての一大事業であるが、地縁的つながりの薄い江戸時代の大都市の適齢者は、いかにして相方を求めたのか。着飾って出歩く娘、見知らぬものの行き交う場所を見初め・見合いの場と定め、その演出を商売とする仲人、やたらと喧しく面倒な作法書、そしてまとわりつく「家」の思惑、親の思い-替え玉見合いやろくろ首の美人妻など、悲喜劇譚が繰り広げられる様々な婚姻模様を通し、都市生活の断面を窺う。

江戸の花嫁―婿えらびとブライダル (中公新書)はこんな本です

ツイートする