鯨の自然誌―海に戻った哺乳類 (中公新書)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 神谷敏郎
  • 中央公論社 (1992年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121010728

鯨の自然誌―海に戻った哺乳類 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1992年刊。著者は筑波大学医療技術短期大学部教授。元来、シーシェパード関連から本書を紐解いたが、本書は、鯨類の進化過程、解剖学的知見、海豚の知的能力等が論じられ、食文化内の位置づけは未検討。が、解剖学的知見は細かいところまで解説され興味深い。海水内で生活する鯨類の腎臓の特徴、食性と歯・胃腸の関連、水生動物なのに肺呼吸する鯨の特殊性のみならず、陰茎の特徴、海豚の交雑・雑種というような特殊例まで解説。ただ、鯨類の基礎研究者の不足、大学教育の不備という本書の指摘は痛い現実。医学部だけは担っていた点は遺憾。
    脳に興味があれば、第二の霊長類と言われるイルカの項を、具体的生物の進化の過程、あるいは陸生動物から水生動物への進化(ある意味では退化)に興味があれば、クジラ類の進化・生態学的特徴部分の項が参考になる。

  • [ 内容 ]
    原始哺乳類が陸上で多方向に適応進化していくなか、鯨類は敢然と海中への回帰を試み、体重大人2千人分のシロナガスクジラから10歳の子供ほどのコビトイルカまで、見事な適応を遂げた。
    再進化の過程でクジラ・イルカ類はどのような運動機能・生理的形質を獲得したのか。
    第二の霊長類といわれるイルカの知能はどれほどなのか。
    比較解剖学の視点から鯨類へのさまざまな疑問にこたえ、新しいクジラ観の確立とヒトとの共生を目指す。

    [ 目次 ]
    第1章 ヒト、鯨に会う
    第2章 鯨の顔つき、体つき
    第3章 イルカは第二の霊長類か
    第4章 鯨との共生を目指して

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 比較解剖学は、現代ではけして派手な分野ではないが、自然と直接に接してそれを具体的に論じる、こうした書物が出版されることが、ある意味でその国の文化水準を示すといえよう。大上段に振りかぶった環境問題だけが、環境問題ではない。それにしても、鯨を遠くから見ることと、その身体を直接に知ることの距離は、きわめて大きい。

全3件中 1 - 3件を表示

神谷敏郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鯨の自然誌―海に戻った哺乳類 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鯨の自然誌―海に戻った哺乳類 (中公新書)の作品紹介

原始哺乳類が陸上で多方向に適応進化していくなか、鯨類は敢然と海中への回帰を試み、体重大人2千人分のシロナガスクジラから10歳の子供ほどのコビトイルカまで、見事な適応を遂げた。再進化の過程でクジラ・イルカ類はどのような運動機能・生理的形質を獲得したのか。第二の霊長類といわれるイルカの知能はどれほどなのか。比較解剖学の視点から鯨類へのさまざまな疑問にこたえ、新しいクジラ観の確立とヒトとの共生を目指す。

鯨の自然誌―海に戻った哺乳類 (中公新書)はこんな本です

ツイートする