コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)

  • 537人登録
  • 3.55評価
    • (24)
    • (44)
    • (74)
    • (6)
    • (2)
  • 56レビュー
著者 : 臼井隆一郎
  • 中央公論社 (1992年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121010957

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
宮部 みゆき
フランツ・カフカ
サン=テグジュペ...
村上 春樹
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • タイトルから推測できますが「珈琲」という物が如何にして世界の歴史(主に欧州)に影響を与えてきたのか?を主題とし、歴史的なアプローチから関係を辿っていく。といった内容になっています。 珈琲自身の発祥は勿論の事、欧州での珈琲定着の速度を爆発的に促したコーヒー・ハウスについての解説もあり、珈琲が好きな世界史好きには自信を持って勧められる1冊だと自分は思います。

  • アフリカを経てイエメンから世界へ発したコーヒー

    精神を高揚させる「ザムザムの黒い聖水」としてスーフィーに愛され、それがヨーロッパに広がり、やがては植民地のモノカルチャーを形成する

    イギリスやフランス革命におけるカフェの役割や、ドイツ人の生活に与えたコーヒーの役割は大きく、たかが嗜好品、とは言っていられない
    また植民地に与えたコーヒープランテーションの影響も大きい

    現在コーヒーが世界中に広まったのはダイナミックな歴史とともに

    これから一杯コーヒー飲むときにそんなロマンを感じられたらいいなあ、と思った。

    後半はややこしくて著者の自己満に近い気がした

  • [ 内容 ]
    東アフリカ原産の豆を原料とし、イスラームの宗教的観念を背景に誕生したコーヒーは、近東にコーヒーの家を作り出す。
    ロンドンに渡りコーヒー・ハウスとなって近代市民社会の諸制度を準備し、パリではフランス革命に立ち合あい、「自由・平等・博愛」を謳い上げる。
    その一方、植民地での搾取と人種差別にかかわり、のちにドイツで市民社会の鬼っ子ファシズムを生むに至る。
    コーヒーという商品の歴史を、現代文明のひとつの寓話として叙述する。

    [ 目次 ]
    第1章 スーフィズムのコーヒー
    第2章 コーヒー文明の発生的性格
    第3章 コーヒー・ハウスと市民社会
    第4章 黒い革命
    第5章 ナポレオンと大陸封鎖
    第6章 ドイツ東アフリカ植民地
    第7章 現代文化とコーヒー
    終章 黒い洪水

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 世界商品シリーズ、今回はコーヒーです。
    ザムザムの黒い水、知性のリキュールと呼ばれるコーヒーですが、
    この手の世界商品って(紅茶・たばこ・砂糖・綿など)
    プランテーションとか奴隷貿易を抜きにはあり得ないよなーと、
    しみじみ思いつつ読みました。勉強になったです。

    2010/3/1読了

  • コーヒー好きだがコーヒーについては何も知らない私。学生時代の恩師から、最近授業のテキストに使ったとの話を聞き、読んでみることに。

    この本の概要はコーヒーの普及を通して世界史の展開をみるというもの。それにしてもコーヒーと世界史的出来事には図ったかのような一致が!現代文明はヨーロッパ社会によってつくられたものだと思うのが、我々の通説。しかし、もう一歩ふみこめば、中東という存在がそのバックボーンにあることも常識。そして、コーヒーとは、その中東からもたらされ、ヨーロッパを啓蒙した媚薬だったのだ~というのが、この本を読むとよくわかる。

    中東は「千夜一夜物語」が象徴するように夜の文化。もっと言えば、真夜中、深夜の文化。そして夜には神秘が巣くう・・・
    イスラム神秘主義者たちは、夜の深みにひかれ、眠らない方法を考える。そこへ登場したのがコーヒー。これにより、人は眠らなくなる。眠らない文化。そう、現代社会と同じではないか。

    そしてコーヒーは人を醒ます。覚醒。つまりは啓蒙。そう、目覚めの液体だったのだ。

    ヨーロッパにもちこまれたコーヒーは、まずイギリスのコーヒーハウスで、郵便制度、保険、株式市場、ジャーナリズムの原型が生まれ、フランスではカフェで自由・平等・博愛の思想が生まれた。そしてドイツでは・・・

    コーヒーと甘いお菓子の結合が生まれた・・・

    というと、なんか甘ったるい感じだけど、ドイツのカフェ文化は軍人や官僚とともに発展。フランスのような流浪の民が階級を超えて文士にのしあがる場ではなかったというのが、もうすごい目から鱗。

    そしてなぜか筆者の筆もドイツについて書くときは、自虐的、自嘲的。そう、この感じ。ドイツってそういう国だと思う。なんか抜けきらない感じ。体制にくみすことができれば、そんな”いけてなさ”を省みることなく、そのまま盲目的に従えばいい。だけど、そこにくみせない人たちは、そうした何とも言えないモヤモヤ感を処理するために、自分を笑うしかない。そしてそんな自分について考えるしかない。

    ドイツにはまる人って、このいけてなさ、このダサさにコミットするんだと思う。私を含め。

  •  最近の著書『アウシュヴィッツのコーヒー』が予想以上に面白かったので、同じ著者の四半世紀前に書かれた、コーヒーの誕生から世界の歴史をめぐる本を手にとってみた。

     巷にはびこるコーヒーに関する書籍やお手軽ムック本とは違い、徹底的にコーヒーの起源とその世界的な普及を宗教、経済、市民の観点から追い、各国の政策や市民生活にどのような影響を与えていったかを深掘りしている。コーヒーという飲み物から世界史の裏側を縦横無尽にたどっており、あまりの博識ぶりについていけない部分もあるが、とても面白く読んだ。
     読んでいる最中は、ふたつとない世界史の授業を受けているようであり、まるでコーヒーが世界の歴史を変えたような気になってくる。

  • 1992年刊行。著者は東京大学教養学部教授。◆コーヒー。イスラム・アラブ原産のそれは、西欧に渡り、カフェの形成に寄与し、ひいては、各種革命の原動力たる「世論」形成に寄与した。この実相を英仏独三様の異同を踏まえつつ解説する。また、その商品・経済産品としての意義、プランテーション形成に伴う南米・アフリカにおける西洋文明の浸透とその不都合性をも。コーヒーは紅茶ほどアジアとの関連性は大きくないので、アジアの状況はほぼ触れられない。英仏独による商品作物栽培あるいはその販売、植民地経営の意味合いを知るには好適の書か。
    アジアを除く各地(中心は英仏独だが)のコーヒー関連史を、新書サイズで、広く、縦横無尽に叙述するのには感嘆。なお、アルコールならまだしも、この黒い液体が、多くの時代において、時に革命に寄与する価値を持っていたのは意外の感もあるが…。

  • コーヒーの起源から始まり、コーヒーと激動の世界の中におけるコーヒーの持った役割、影響を述べる。

    コーヒーと世界史を結びつけた点が面白かった。

    コーヒーという嗜好品から見るヨーロッパと世界の関係史という意味合いが強い。

    西洋諸国の都合により、生産地はどんどん人工的に拡散していき、世界の資本主義に翻弄されていくコーヒー。

  • 夜遅くまで眠気を消しての礼拝のために
    コーヒーは広まった。
    キリスト教、イスラム教、ユダヤ教関係なく全て。
    コーヒーは、初めはアルコールの入っていない嗜好品として
    喜ばれたが、手間がかかる割にたくさん生産できない。
    コーヒーを商業化するために、ヨーロッパでは色々なアプローチもされた。付随するように、カフェ文化が生じ、各種革命の息吹も生まれる。コーヒーや砂糖は国力のぶつかり合いにも、作戦としてその輸出にも思惑として武器として使われ、国民性の特殊性までその素因に関係している。
    たかがコーヒーと言うなかれ。怖い物語があるのだ!

  • コーヒーと世界史の組み合わせに、興味を引き付けられて購入。
    アラビアで生まれたコーヒーは宗教と溶け込み、ヨーロッパでは、喫茶店の様なコーヒーハウスが政治的、社会的な議論の場となる。イギリスで、コーヒーではなく、紅茶が流行ったのは、女性に受け入れられなかったからとか。
    嗜好品としてのコーヒーから日常のコーヒーへ。当たり前のようにコーヒが飲める世の中は、平和の象徴みたいなものなんですね。

  • 面白い。文体も鮮やか。コーヒー好き知プロ見習いとしては最高の読み物。世界史やり直したいな。

  • コーヒーの期限、歴史も興味深いが、時折作者がビジネス上の真理を端的に書ききる所が面白い。実際にビジネスマンとして商売に関わった事は無いはずだが。。。。引用しておく。

  • 資料番号:010694537
    請求記号:383.8/ウ

  • なぜ英国はコーヒーでなく紅茶なのか? など、コーヒー好きは納得の書。必読。

  • 日頃何気なく愉しむ「一杯の珈琲」には、“現在”の“普通”へ通じるまでに至った夥しい人達の営みが凝縮されている…凄く考えさせられる内容だった!!或いは「珈琲カップを手に語る世界史」とでも呼ぶべき内容でお勧めだ!!

  • 【Entertainment】コーヒーが廻り世界史が廻る/臼井隆一郎/20151218(134/418)<237/28309>
    ◆きっかけ
    大人のための読書全技術/齊藤考で紹介

    ◆感想
    ・コーヒー奥深い歴史。1992年の本だが、それからおよそ四半世紀が経過、今なら3rd wave等、Updateできる話も多々ありそう。
    ◆引用
    ・アラビアモカ:夜のお祈り前に飲むと眠くなくならなくなった=効用の発見。
    ・ジャワ:植民地コーヒーの誕生
    ・コーヒーハウスを建て、飲み方をデモンストレートし、人間の内的自然に加工を加えて、コーヒーへの欲求を定着させた。
    ・第一次世界大戦:前線のドイツ兵にコーヒーが届けれなくなったのが敗因。戦争高揚。ドイツでは多大な備蓄を行う、タバコやアルコール以上に重視。
    ・コーヒーは市民生活の体内に循環する黒い血液。
    ・原油とコーヒー:世界貿易で1,2位に位置する商品。ともに黒々とした液体の共通点。違う点:石油は現代産業社会で絶対不可欠な原料。対してコーヒーはぜいたく品といわないまでも嗜好品。この点に、石油産油国はかつでの植民地主義国家に対して強力な抵抗力を発揮しているのに対して、コーヒー産出国が依然としてコーヒー消費国への経済的依存から脱皮できない理由。

  • 普段何気なく飲んでいるコーヒーの歴史についての本ですね。
    少し独りよがりな文章の印象で、後半は付いていくのが大変でした。
    牽強付会なところもあるけど、新書だし仕方ないかな。

  • 幸福なアラビア、イエメンから禁欲的なイスラム教スーフィ派によって広められたコーヒー。理性のアルコール、理性のリキュールと呼ばれヨーロッパ中に輸出される。啓蒙思想と人権と市民社会の成熟の流れの中でコーヒーは大きな影響を与える。イギリスでは清教徒革命の頃に広まり、カフェは市民の議論の場となり、保険、郵便など近代市民社会を準備した。しかし女性の反対運動で衰退していく。フランスはハプスブルグ家との対向からオスマン帝国と同盟を結び、コーヒー文化がもたらされた為、王や貴婦人によって先導された。女性ありきのコーヒー文化が根付く。また体に悪いという説を克服する為に体にいい牛乳と混ぜるカフェオレが生まれた。カフェは身分を超えた議論の場を提供してフランス革命の発信源になった。またオスマン帝国から送られた三本のコーヒーの木を新大陸に持ち込み栽培することに成功し、大量のプランテーションと黒人奴隷を生んだ。タヒチでの反乱、キリスト教とアフリカの原始宗教とコーヒー文化の奇妙な混合文化のブードゥ教の誕生。海外に植民地を持たなかったドイツは代用コーヒーの開発に力を入れる。また西アフリカに植民地をえるが支配に失敗、キリマンジャロの山麓を他国と一緒に開墾する。またその豆をアラビアのモカから輸出する。ナポレオン戦争でポルトガル王家は南アメリカの植民地に移動。戦後ポルトガルに王は戻るが王子は残り、独立してブラジルを建国する。ただの嗜好品であるコーヒーが石油に次ぐ世界第2位の交易品という不思議。禁欲の為に広まったはずが、資本主義的商品の権化になっている皮肉。

  • 学校で習う歴史とはまた違った視点で見る歴史は、とてもスリリングで面白い。
    ただでさえ面白いのに、文章がうまいからより面白い。
    ま、ちょっと自身の文章の流麗さに酔っている部分が散見されたりはするんだけど、それはそれで面白い。

  • コーヒーから見えてくる世界史。商人の活躍、コーヒーの家、植民地支配。“コーヒー”という単語が頻出してくるので、無性にコーヒーを飲みたくなる。イスラム神秘主義の修道僧が飲み始めたのが起源とされるコーヒー。宗教色が強く必ずしも美味とはいえない黒い液体が、商品資本主義と結びついて世界中に拡散していく。フランス革命以降は著者の得意分野なのか、途中から文章がノリノリで面白かった。

  • コーヒーが世界史に果たしている役割を理解することが出来た。

  • コーヒーっていうと、ブラジルってイメージしかないから、
    夜通し祈りをささげるためのコーヒーって意味で、イスラム社会から始まってるってのは意外だった。
    あと、ブラジルでコーヒーを燃料とした蒸気機関車があった話とか、もろもろ。
    世界史に通じていれば、もっと興味深く読めたのかも。

  • 身体性の変化と社会制度の変革の歴史。

  • イスラム教の禁欲主義、現世否定の一派が寝ずに祈るためにコーヒーを飲み始めたこと、
    コーヒー栽培が資本や労働力を必要とし、それゆえヨーロッパ諸国が生産に乗り出したとき、植民地主義の拡大の担い手となったことなど、興味深い世界史とコーヒーの関係が書かれていて面白かった。

    また、
    筆がすべるというか、筆が踊るような軽妙な文章が織り交ぜてあって、読みやすかった。

全56件中 1 - 25件を表示

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)に関連する談話室の質問

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)に関連するまとめ

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)の作品紹介

東アフリカ原産の豆を原料とし、イスラームの宗教的観念を背景に誕生したコーヒーは、近東にコーヒーの家を作り出す。ロンドンに渡りコーヒー・ハウスとなって近代市民社会の諸制度を準備し、パリではフランス革命に立ち合あい、「自由・平等・博愛」を謳い上げる。その一方、植民地での搾取と人種差別にかかわり、のちにドイツで市民社会の鬼っ子ファシズムを生むに至る。コーヒーという商品の歴史を、現代文明のひとつの寓話として叙述する。

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)はこんな本です

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)のKindle版

ツイートする