医学史と数学史の対話―試錬の中の科学と医学 (中公新書)

  • 18人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 中央公論社 (1992年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121011022

医学史と数学史の対話―試錬の中の科学と医学 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 医学史と数学史の接点というのはほぼないと言っていいと思うが,科学史という土台の上で実りある対話が成立しているところに両氏の教養の高さが見てとれる。理系はともあれ,文系の学問がタコツボ化しては新たな発見は出てきにくいなという実感をもった。内容については,医学史ビギナーでも雰囲気くらいは嗅ぎとれた。特に,科学史・科学哲学と実際の科学とが遠ざかりつつあるという佐々木氏の指摘が印象的だった。ある程度勉強してから読み直すとまた違ったものが見えてくるのだろう。

  •  読む前は、理工学で共通するものの、実践的な医学と抽象性の高い数学とを各時代毎で対比し、その相互連関を記した書と予測。
     が、読破後は、むしろ本書は、科学哲学を医学と数学という別面から光を当てた書に感じる。
     また、実践に根差している意味で納得感は個人的には高い。

     「現代の哲学は悪く自立しすぎ…悪い意味で形而上学に近く」「(人間を対象とする)医学者にとって機械論的哲学と生気論とは…両立不可能ではなく…常に対面する…哲学の二形態」「『モダン』について知らない者が『ポストモダン』(を滔々と論じる)とはどういうこと」が例。
     さらに「近代科学が…完結した体系を構築しうると考えるのは…現場を知らない門外漢、…幻想…。それにもかかわらず、科学者は…探求を続行…。…このような理性のあり方が…人間精神にふさわしい…。近代科学は…弁証法的批判性を伴ってこそ健康な営み…」というのも同様か。

     もちろん、例えば、患者の自己決定に関する医師の有りようなどに関し、著者らに対する異論もある(個人的には、施術による利益も不利益も甘受しなければならないのは患者であり、施術の内容に関しては、医師の意向よりも患者の意向が究極的には優先されると考えるが、著者らは医師の専門的知見と死を精神的に甘受できる患者ばかりではない点を重く見るのかも)。
     しかしながら、実践にも目配せを聞かせた議論には感銘を受けた。

     著者は川喜田が千葉大学名誉教授、佐々木が東京大学教授。1992年刊行。

  • (1992.12.05読了)(1992.11.23購入)
    試錬の中の科学と医学
    (「BOOK」データベースより)amazon
    誕生時点から現実の課題にさらされ続けた長い歴史を有する医学。その医学と医学史こそ、これからの学問のモデルだと認識した気鋭の数学史家が、基礎医学の広汎な分野で活躍し、医学史分野でも画期的な業績を上げている碩学に、医学の史的展開について問いかける。対極的な専門分野にもかかわらず、脳死等の現実的課題への対応には歴史的反省の上に立つ理性的観点が必要だ、という共通の足場を確認し合い、知的対話の有効性を実証。

  • [ 内容 ]
    誕生時点から現実の課題にさらされ続けた長い歴史を有する医学。
    その医学と医学史こそ、これからの学問のモデルだと認識した気鋭の数学史家が、基礎医学の広汎な分野で活躍し、医学史分野でも画期的な業績を上げている碩学に、医学の史的展開について問いかける。
    対極的な専門分野にもかかわらず、脳死等の現実的課題への対応には歴史的反省の上に立つ理性的観点が必要だ、という共通の足場を確認し合い、知的対話の有効性を実証。

    [ 目次 ]
    第1章 病い、そして癒しの術と学
    第2章 医学史への道
    第3章 医学史と数学史―あるいはカオスとコスモス
    第4章 日本の科学史・世界の科学史
    第5章 変貌する現代医学
    第6章 臓器移植医療をめぐる省察

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全4件中 1 - 4件を表示

医学史と数学史の対話―試錬の中の科学と医学 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

医学史と数学史の対話―試錬の中の科学と医学 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

医学史と数学史の対話―試錬の中の科学と医学 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

医学史と数学史の対話―試錬の中の科学と医学 (中公新書)の作品紹介

誕生時点から現実の課題にさらされ続けた長い歴史を有する医学。その医学と医学史こそ、これからの学問のモデルだと認識した気鋭の数学史家が、基礎医学の広汎な分野で活躍し、医学史分野でも画期的な業績を上げている碩学に、医学の史的展開について問いかける。対極的な専門分野にもかかわらず、脳死等の現実的課題への対応には歴史的反省の上に立つ理性的観点が必要だ、という共通の足場を確認し合い、知的対話の有効性を実証。

医学史と数学史の対話―試錬の中の科学と医学 (中公新書)はこんな本です

ツイートする