ガヴァネス(女家庭教師)―ヴィクトリア時代の「余った女」たち (中公新書)

  • 38人登録
  • 3.21評価
    • (0)
    • (4)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 川本静子
  • 中央公論社 (1994年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121012043

ガヴァネス(女家庭教師)―ヴィクトリア時代の「余った女」たち (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シャーロック・ホームズなんかの英国の小説によく登場する「女家庭教師」という職業は、現代日本の「家庭教師」のイメージからは、あまりピンとこない。この女性を英語では「ガヴァネス」という。そうした女性像を、当時の資料や当時のフィクション小説から描きなおしてみた本。使用人よりは格上だけど、家族とは一線を画すという半端加減が、時には悲壮なエピードを生んでいたようだ。一定階層以上の社会において、扶養される側の女性が、自ら糊口をしのぐには、この職業しかかなったというが、今にして思えば、大変な時代である。この反動でフェミニズムという流れが醸成されていくという構図らしい。

  • “構造的強者の立場にいる人間”
    なんでしょうね。
    ヴィクトリア時代の「余った女」に関してのレポートを残した人間は、
    ――そして、この著者の方も。
    「遠い時代の遠い国の物語にみえるかもしれない。」!?いえいえ、現代日本とさしてかわらんな~ と、思いましたよ。

    一番おもしろかったのは『ジェイン・エア』を通しての考察。
    「経済的自立は精神的自立の当然の前提であろう」
    「扶養される存在としての妻の座の拒否」
    ジェインかっこよすぎる。さすが名作。
    そんな女を愛したロチェスター氏もあっぱれ、おしむらくは、彼は未婚の女性による創作の世界の男であることだろう。

    現実のガヴァネスたちの生き様をみてこれだけは言えると思ったのは、自分の力に拠るものでないプライドは生きるのに邪魔なだけだな、ということ。
    ただ、そのプライドにすがるのが”悪いこと”とは思えない。
    ひとは誰しも弱いものです。(自己弁護か?)
    それを押し付ける社会にはこれっぽっちの敬意も払えないが。

  • とても面白かった。ビクトリア時代のイギリスを知る、とてもいい一冊。

    あの価値観の時代に、植民地経営に男が出かけるということは、こういうことなんだ、と改めて歴史は男によって書かれたんだと認識させられた。

    特に、彼女たちの職場での、奇妙に中途半端で微妙な孤独さというのは昨今の非正規労働者が増えてきている日本でも理解され、共感を得やすいだろうと思われる。

  • 武田ゼミ

全6件中 1 - 6件を表示

ガヴァネス(女家庭教師)―ヴィクトリア時代の「余った女」たち (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ガヴァネス(女家庭教師)―ヴィクトリア時代の「余った女」たち (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガヴァネス(女家庭教師)―ヴィクトリア時代の「余った女」たち (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ガヴァネス(女家庭教師)―ヴィクトリア時代の「余った女」たち (中公新書)はこんな本です

ツイートする