保科正之―徳川将軍家を支えた会津藩主 (中公新書)

  • 82人登録
  • 3.37評価
    • (4)
    • (7)
    • (17)
    • (0)
    • (2)
  • 16レビュー
著者 : 中村彰彦
  • 中央公論社 (1995年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121012272

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三浦 しをん
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

保科正之―徳川将軍家を支えた会津藩主 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 家光の四男、保科正之。恥ずかしながら最近までその存在を知らず。松平を名乗ることを潔しとせず、ひたすら世のため人のために陰から幕政を支えた男。江戸時代があれほど長く続いたのはこの男の存在に依るところが大きいのでは。会津と徳川の関係もそういうことかと納得。

  • 保科正之が家光に取り立てられた経緯や、在世中の善政、継室おまんの方の悋気など、正之の知らなかったことが分かり面白かった。玉川上水は玉川兄弟が有名だが、その影に正之による推進があった話などは初めて知った。

  • 天地明察の中に登場した人物で、どこかで読んでみたいと思って手に取った本。
    飢饉時の貧農・窮民の救済のために開設した「社倉制」を実行できる偉大な人物。
    時代劇とかに出てくるお米を貸して金利2割で返すなんて悪党のやることじゃんって思ってたけど、その金利分は窮民のために使うためとあればすごい。
    そして凶作とかだと、金利分を免除したりと、民のための政策であることが十分に伝わる。
    また、天守閣も見晴らしが良いだけで、役に立っている例が過去の文献に無いといって、建て替えたりしないのもすごい。特に見た目にこだわらず、国費を何に使うかという(=民に使う)というのが一貫している。

    一貫した生き方が尊敬できるのと、藩主としての見本となるような生き様がかっこいいなと思う。

  • 武断政治から文治政治への転換期において、保科正之の政策が如何に重要だったのかが良くわかります。私生活の暗い陰を払拭するように政務にうち込み、民衆の信を得て一時代を築いたまさに名君ですね。著者の惚れこみようも相当なものです。

  • 会津藩の初代藩主保科正之について書かれた本。

  • ヒイキの引き倒しぃ_φ( ̄ー ̄ )

  • 二代将軍秀忠の息子で三代将軍家光の異母弟、お江の嫉妬を恐れて父親と離れて育ったために家光はこの弟の存在を長い間知らなかったんですね。
    もし、もう一人の弟国松(忠長)と三人一緒に西の丸で育っていたら、歴史はどうなっていたんだろうか。
    玉川上水開削や明暦の大火後の復興、武断政治から文治政治に転換に貢献した会津藩主はなかったかも。

  •  ずいぶん前に購入し,一度読み終えた本ですが,大河ドラマ「江」で,なつという女性が秀忠の子を身ごもったという場面があり,「あれっ,保科正之の母ってだれだっけ?」と思い,ささっと読み返してみることにしました。
     読み返して改めて思ったのは,2代将軍秀忠の庶子として生まれ,とても数奇な運命をたどった人だということ。江戸前期の幕政の安定に貢献したことはもちろん,幕末の会津藩にまで影響を与えたすぐれた名君であったことを改めて確認しました。その事績を抹消してしまったのが明治政府であったかもしれないということも。
     それにしても,正之の幼少期を支えたのが武田信玄の娘とその旧臣であったことや,悪妻に手を焼いていたことなど,彼を取り巻く人間模様もまた興味深いものです。

  • [ 内容 ]
    徳川秀忠の子でありながら、庶子ゆえに嫉妬深い正室於江与の方を怖れて不遇を託っていた正之は、異腹の兄家光に見出されるや、その全幅の信頼を得て、徳川将軍輔弼役として幕府経営を真摯に精励、武断政治から文治主義政治への切換えの立役をつとめた。
    一方、自藩の支配は優れた人材を登用して領民の生活安定に意を尽くし、藩士にはのちに会津士魂と称される精神教育に力を注ぐ。
    明治以降、闇に隠された名君の事績を掘り起こす。

    [ 目次 ]
    第1章 家光の異母弟として
    第2章 将軍家綱の輔弼役
    第3章 高遠・山形・会津の藩政
    第4章 その私生活

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 4121012275 202p 1995・5・10 6版

  • (2010.07.04読了)(2010.06.15購入)
    「天地明察」(冲方丁著)の中で出てきた人物の中で一番魅力的で、重要な人が保科正之ではないでしょうか。渋川春海の人物を見込んで改歴事業を任せた人物です。
    徳川秀忠の息子で、家光の異母弟です。「武断政治を文武政治へと切り替えた立役者であった」(187頁)ということなので、江戸幕府の基礎を築いた人物でもあるということになります。
    NHK大河ドラマ「葵 徳川三代」を見た時に保科正之が出てきたような気がします。その時以来ずっと気になっていた人物でもあり、やっと読むことができました。
    ただし、この本には、改歴の話も、渋川春海のことも出てきません。関連ある項目は、年譜の中に、「1623年、13歳、このころ幕府碁詰所勤めの安井算知から囲碁を学び」(192頁)と書いてあることぐらいです。

    「はじめに」に保科正之の事績が三つあげてあります。
    1.「明暦の大火」で焼失した江戸城天守閣の再建より町屋の復旧を優先させたこと。
     「思うに天守閣と申すものは、戦国の世の織田信長の建てた安土城に始まると思われるが、これが軍用に多大な利点を発揮した例は史書に見えませぬ。いわば、ただ世間を観望いたすのに便利というだけの代物なれば、さようなものの再建に財力と人力とを費やすよりも、むしろますます町屋の復旧に力を入れるべきでござろう」
    2.玉川上水を竣工させ水不足を解消。
     玉川上水の開削を発案し、幕閣たちの大反対を押さえこんで竣工させた。
    3.国許の会津に「社倉」を設置し凶作に備えた。
     米を大量に貯蔵し凶作に備えたために会津藩は凶作の年にもほとんど餓死者を出さず、米不足に陥った近隣諸藩に救済米を与えることができた。

    民のために何が大事かを考え実行した人です。政治家や人の上に立つ人々にぜひ見習ってほしい人です。

    著者 中村 彰彦
    1949年、栃木県栃木市生まれ
    東北大学文学部卒業
    文藝春秋に勤務
    1987年、『明治新選組』で第十回エンタテインメント小説大賞受賞
    1991年より執筆活動に専念
    1993年、『五左衛門坂の敵討』で第一回中山義秀文学賞受賞
    1994年、『二つの山河』で第111回直木賞受賞
    2005年、『落花は枝に還らずとも』で第24回新田次郎文学賞受賞
    (2010年7月7日・記)

  • まるで物語の中の人のような数奇な人生と、彼の成し遂げた功績の大きさ、後世への影響力。すごい人です。
    どうしても幕末好きだと避けて通れない会津藩ですが、藩祖である正之公のことを知りたいと思ってもちゃんとした本になかなか出合えなかったので、こういう本が出て嬉しいです。
    なのにイマイチ知名度が低いのは、作者が書いてるようなことが原因でしょうか・・・。

  • 会津藩主といえば、松平容保が有名だが、その容保が、なぜあそこまで頑なに徳川家を支えようとしたのか、幕府の力が衰え時代が明らかに変わっていたなかで、なぜ愚直にも最後までふんばりつづけたのか、全ての源泉はこの1人の名君にあるわけで、幕末や維新のことに興味がある人は是非読んで欲しい一冊。

全16件中 1 - 16件を表示

保科正之―徳川将軍家を支えた会津藩主 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

保科正之―徳川将軍家を支えた会津藩主 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

保科正之―徳川将軍家を支えた会津藩主 (中公新書)の作品紹介

徳川秀忠の子でありながら、庶子ゆえに嫉妬深い正室於江与の方を怖れて不遇を託っていた正之は、異腹の兄家光に見出されるや、その全幅の信頼を得て、徳川将軍輔弼役として幕府経営を真摯に精励、武断政治から文治主義政治への切換えの立役をつとめた。一方、自藩の支配は優れた人材を登用して領民の生活安定に意を尽くし、藩士にはのちに会津士魂と称される精神教育に力を注ぐ。明治以降、闇に隠された名君の事績を掘り起こす。

保科正之―徳川将軍家を支えた会津藩主 (中公新書)はこんな本です

保科正之―徳川将軍家を支えた会津藩主 (中公新書)のKindle版

ツイートする