夏目漱石を江戸から読む―新しい女と古い男 (中公新書)

  • 60人登録
  • 3.82評価
    • (3)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 小谷野敦
  • 中央公論社 (1995年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121012333

夏目漱石を江戸から読む―新しい女と古い男 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資料ID:C0018296
    配架場所:2F新書書架

  • 感銘をうけた1冊。
    疑問に思っていた『こころ』の乃木大将の殉死が、なぜ、登場してくるのかということなど、江戸と明治を区別して考えてみると読み解ける鍵になる感じました。
    読んでいて歌舞伎の丸本物について学びたくなりました。
    個人的に好きな『三四郎』の解説も流石と納得してしまいました。
    小谷野敦氏の著書は、全てキレが良いですね。

  • [ 内容 ]
    近代日本文学を代表する作家で、英文学者でもあった漱石。
    その作品は、英米文学の受容とともに論じられることが多かった。
    本書は漱石作品を、人形浄瑠璃や歌舞伎、浮世草子、人情本、読本のような江戸期の文学と西洋文学との交点に生まれたものとして捉え、比較文学の手法を用いて分析、『坊つちやん』の武士的精神が『虞美人草』以降、恋愛の世界と交錯し、同性関係と異性関係の絡み合いとして、『こゝろ』が生まれる過程を考察する。

    [ 目次 ]
    第1章 『坊つちやん』の系譜学―江戸っ子・公平・維新
    第2章 「お家騒動もの」としての『虞美人草』
    第3章 女性嫌悪のなかの「恋愛」 ―『三四郎』
    第4章 「メタ=恋愛小説」としての『それから』
    第5章 惚れる女、惚れられる男―『行人』
    第6章 『こゝろ』は「同性愛小説」か?
    第7章 幻の「内発性」―『明暗』

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 著者は江戸文学や比較文学の研究者。

    内容は興味深いものだったが、読み通すのに時間がかかった。

    それにしても彼のような研究者をして「われわれが考えるべきことは、すべて漱石が考えてくれている」と言わしめる漱石の大きさよ!




    作成日時 2008年04月06日 10:44

  • この本を読んで「こころ」について長年抱いていた疑問が氷解。かなりスッキリした。「漱石は外面的には新しい衣装を着ているが、内面的には滝沢馬琴や浄瑠璃の世界における男女関係や衆道の理念にとらわれている、という。「坊っちゃん」は江戸時代よりさらに前、東国武士の倫理観を体現している、とも。
    ただ、自分的には「道草」や「虞美人草」や「二百十日」好きなんだよね。

全7件中 1 - 7件を表示

小谷野敦の作品

夏目漱石を江戸から読む―新しい女と古い男 (中公新書)に関連するまとめ

夏目漱石を江戸から読む―新しい女と古い男 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夏目漱石を江戸から読む―新しい女と古い男 (中公新書)の作品紹介

近代日本文学を代表する作家で、英文学者でもあった漱石。その作品は、英米文学の受容とともに論じられることが多かった。本書は漱石作品を、人形浄瑠璃や歌舞伎、浮世草子、人情本、読本のような江戸期の文学と西洋文学との交点に生まれたものとして捉え、比較文学の手法を用いて分析、『坊つちやん』の武士的精神が『虞美人草』以降、恋愛の世界と交錯し、同性関係と異性関係の絡み合いとして、『こゝろ』が生まれる過程を考察する。

夏目漱石を江戸から読む―新しい女と古い男 (中公新書)はこんな本です

ツイートする