パソコンをどう使うか―活字から電子メディアへ (中公新書)

  • 66人登録
  • 3.23評価
    • (2)
    • (1)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 諏訪邦夫
  • 中央公論社 (1995年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121012371

パソコンをどう使うか―活字から電子メディアへ (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • (1996.03.26読了)(1995.12.16購入)
    活字から電子メディアへ
    (「BOOK」データベースより)amazon
    資料を蓄積し、膨大な情報量を瞬時に処理できるパソコンは、それ自体が書斎にもオフィスにもなる。しかし、有効に使うには、やはり訓練と知識が必要である。本書は、これから始める、持っているがあまり使わない、キーボードを真面目に練習していない、ワープロだけを使う、といった人から、ある程度使っている人まで、その使用目的を明確にするとともに、優秀なテクノロジーがどう応用され、今後どこへ向かうのかを考察する。

    ☆関連図書(既読)
    「DOS/Vパソコンを使いこなす」山形庫之助著、ブルーバックス、1994.11.20
    「インターネット」村井純著、岩波新書、1995.11.30

  • (1)これからの仕事のあり方が、
    電子メディアに発展していくことは確かである。

    パソコンは、書斎であるという考え方は、
    実にすっきりしている。
    この間グラフィックのほうに力を入れていたが、
    情報をデジタル化していくことの方が先である。
    今あるたくさんの情報を、もう少し丁寧に確実に
    整理することによって、
    今後の進むべき道がはっきりしてくるようにも思える。
    つまり文字情報をいかに保管し、眺め、処理するかにある。

    (2)「パソコンは、オフィスである。」
    (3)原稿用紙と電子記録量の関係
    文字1文字                   2B
    原稿用紙400字1枚      800B
    中公新書 1冊 約300枚     200、000B
    フロッピー1枚         1、200、000B
    中公新書 1200冊    240、000、000B   MOディスク
    中公新書 5000冊   1GB(ギガバイト)
    実に大きな容量のデータが扱うことが可能になった。
    どうやって、さらに情報を取り込んでいくのかが
    一番大きな課題となっている。

    パソコンの今後の方向性について

    ①データベースをつくるための方策  五郎、桐、The Card
    ②英文和訳のソフトの導入
    ③スキャナーによるデ-タの読み込みをする。
    スキャナーで、読みとり、
    それを図形型から文字情報への切り替えをする。
    このことが、これからの仕事で一番大切になってくる。
    ④人間の日常的に扱っているデ-タはじつに少ないものである。

  • P176の誘惑から身を守る。使う意思と使わない意思。
    すごく大切なことが書かれている。

    P108に、「名品VZエディタ」というコラムがあり、
    「この本もVZで執筆しています。」
    とのこと。
    Fayeという無料のエディタの紹介もあります。(名)

  • [ 内容 ]
    資料を蓄積し、膨大な情報量を瞬時に処理できるパソコンは、それ自体が書斎にもオフィスにもなる。
    しかし、有効に使うには、やはり訓練と知識が必要である。
    本書は、これから始める、持っているがあまり使わない、キーボードを真面目に練習していない、ワープロだけを使う、といった人から、ある程度使っている人まで、その使用目的を明確にするとともに、優秀なテクノロジーがどう応用され、今後どこへ向かうのかを考察する。

    [ 目次 ]
    第1章 なぜパソコンを使うか
    第2章 何を手に入れるか
    第3章 パソコンの有効な使い方
    第4章 パソコンの発展

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全4件中 1 - 4件を表示

パソコンをどう使うか―活字から電子メディアへ (中公新書)を本棚に登録しているひと

パソコンをどう使うか―活字から電子メディアへ (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パソコンをどう使うか―活字から電子メディアへ (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

パソコンをどう使うか―活字から電子メディアへ (中公新書)の作品紹介

資料を蓄積し、膨大な情報量を瞬時に処理できるパソコンは、それ自体が書斎にもオフィスにもなる。しかし、有効に使うには、やはり訓練と知識が必要である。本書は、これから始める、持っているがあまり使わない、キーボードを真面目に練習していない、ワープロだけを使う、といった人から、ある程度使っている人まで、その使用目的を明確にするとともに、優秀なテクノロジーがどう応用され、今後どこへ向かうのかを考察する。

パソコンをどう使うか―活字から電子メディアへ (中公新書)はこんな本です

ツイートする