大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書)

  • 465人登録
  • 3.67評価
    • (31)
    • (44)
    • (56)
    • (6)
    • (3)
  • 45レビュー
著者 : 苅谷剛彦
  • 中央公論社 (1995年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121012494

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • データが多くかっちり。「神話」がまかり通りふわふわしがちな教育論そのものを諌めている。確かに自分も「能力主義と平等主義の奇妙な結合」はやっている(現場の人間だからある程度仕方ないけど)。内容そのものはよいと思うが,より徹底し普遍性のあるイヴァン・イリッチ『脱学校の社会』を先に読んでいたので,そこに行くまでの助走みたいな内容だなと思ってしまった。積まれた新書を消化するキャンペーン⑤。

    (要約)
    戦後日本は極めて学校化した社会である。学校は実際には不平等を再生産する機関であるが,日本ではその再生産過程は見事に隠蔽されており,学校教育に関する意識の断層も目立たない(誰もが学校教育を必要なものとしてとらえている)。これを筆者は「能力主義と平等主義の奇妙な結合」と表現している。たとえば,現実として家庭の所得や親の職業によって学力は階層化されるにも関わらず,このような見方は「差別的だ」として日本では研究の対象にならない。「誰でも頑張れば100点が取れる」という信仰の下に機会平等化された教育が施される一方で,学力は「誰でも頑張れば上昇する〝程度のものでしかない”(学力は『真の学力』ではない)」として扱われ,学力エリートは独自のエリート文化を持たず,大衆の延長上にあるものとして捉えられている。日本の学歴主義批判は他の先進国とは異なり学歴取得〝後”の不平等のみを問題にしており,結果として学歴主義的な見方を助長している。

  • お世話になっている方にオススメされ、読了。教育に関わりたい人は面白く読めると思う!

  • 古い本だけれど、感情論になりやすい教育論が丁寧に考察されていてとても良い本だった。古いからこそ、流行とは無関係に読める点も良い。
    教育には何ができないのか、を考えるべきだという提言に納得。

  • 家庭環境と教育の関係、親の学歴・収入と子どもの成績など、最近ますますその関係が顕著になる。日本も格差社会となっている事実を認識すべきだろう。

  • アメリカやイギリスとの比較を通して、日本の大衆教育社会の形成とその問題を考察した本です。

    イギリスでは階級が、アメリカでは人種が、学歴の再生産と密接に結びついていることがはっきりと見えるのに対して、日本では高度成長によって目に見えやすい貧困がなくなった結果、学歴の再生産が論じられることは少なくなっていきましたが、その背後で不平等の再生産がますます強化されつつあると著者は論じています。

    さらに、能力主義教育への批判が浸透し、誰でも同じ教育を受けられる制度が行き渡ったことで、メリトクラシーが大衆的規模に拡大し、階層的なアイデンティティを持たずノブリス・オブリージュを備えていない学歴エリートが増加したことにまで説き及んでいます。

    教育を社会学的な視点から見てみると、このような問題が明らかになるということが、興味深く感じました。

  • タイトルを見るだけでどんな本かイメージし易いと思います。戦後の教育史を社会学的に分析し、日本が平等社会であることを教育・努力さえすれば誰にでもチャンスがあるというメリトクラシーを実現してきた社会。しかし、厳然とした階層別の学歴への影響は残っていたにも拘らず、それが問題とされなくなった謎は?大変興味深く最後まで緊張感を持って読むことが出来ました。10年ほど前に「東大合格者に占める6年制の中高一貫校出身者の増大は親の収入による階層の固定化を進めている」という議論に対しては、経済状況ではなく、家庭における文化において既に戦後ずっとそうであったという分析は全く同感でした。実際に永年採用をしていた際に、いろんな学生の履歴書を見て私自身が痛感してきていたことでもあります。

  • ●教育の量的拡大
    ●メリトクラシーの大衆化
     高校進学率の爆発的拡大と合わせて、経済的理由によって進学を断念しなけらばならないという貧困問題が希薄化。だれでも努力次第で進学できるように見える社会が到来した。
    ●学歴エリートの非選良性
     量的に拡大した新制大卒層がエリートとしての自覚や世代間再生産の後ろめたさを持たないまま、漫然と中間層上層を構成している現代日本の実態

  • 自分が受けた中学での補習授業はこうした状況の中で行われていた。友人はだから大学へは進まなかった。自分はなぜ大学へ進みたかったのか。

    戦後と言う社会状況の中で、教育がどのような歴史的意味をもっていたのか、教育社会学の視点でたくさんのことを知ることができる良書である。国際的な比較を通した、「平等」の考え方は多くの教育実践者にも知ってほしいと思った。

    サブタイトルの「学歴社会と平等神話の戦後史」のほうが、本書の内容をよく表している。

  • <概要>

    『知的複眼思考法』で有名な(少なくとも個人的には…)苅谷剛彦氏の著書。
    日本に特有な「大衆教育社会」が成立した経緯及び生み出される問題、隠されている問題を検討する。「大衆教育社会」の特徴は以下の三つである。
    ①教育が量的に十分供給されており、国民に広く行きわたっている。
    ②学校における成績によってエリートが選抜され、エリートがその後の人生において非エリートに対する相対的な優位に立てることが社会的にある程度認められており(メリトクラシーの大衆化)
    ③エリート層はあくまで「学歴エリート」であり、独自の文化を持たず大衆に基盤を置いている。

    まず日本における教育機会に関する検討が行われる。戦後に関しては親の経済力が子供の教育機会に如実に表れる傾向があった。経済成長を経てこの傾向が希薄化された後も、親の階層(学歴・職業)によって子どもの教育機会は強い影響を受けたが、この相関関係は大きな社会問題としては取り上げられなかった。
    この要因として筆者は、以下の二つを指摘する。
    第一に国民に根付いた学歴社会観であり、「誰でも学校で成功すれば成り上がることができる」と思われたために、学校教育が階層に関して中立的とみなされたことである。
    第二に、生徒の受ける差別感をなくすために日教組が唱えた「能力平等論」であり、これは学力差を(出身階層にも由来する)能力差としては見ず、高い学力を努力の成果だと捉えるものである。
    しかしこのように形成された「大衆教育社会」も近年(本書の出版は95年)揺らぎ始め、教育に全てを求めるのではなく教育に「できないこと」を検討すべきである。

    <所感>

    極めて雑な概要でまとめてごめんなさい。所感は以下の三つ。
    ①能力の平等を日教組が主張したことが、表面的な平等感を作り出し社会階層と教育機会の問題を隠蔽した、という部分の議論展開は面白かった。理想理念が日教組にとってより深刻で重大そうな問題を隠蔽したと。

    ②エリート層と非エリート層の間に文化的・精神的な隔絶がないことが労使協調に寄与した、というのは興味深く、新しい観点を得られた。

    ③大学に進学した際のことを回顧すると周りの友人の出身社会階層がかなり限定されていたことが思い出される。多くの友人は、親が有名企業勤務のサラリーマンだったり、公務員だったりする場合が多くて、ブルーカラーが少なかったため、個人的な経験からも筆者の主張は実感できる。
    加えて地方格差が酷いと受験期には思っていたので、筆者の議論に何か付け足すとしたらその辺かと。

  • 1995年発行とは思えないほど現代的で、今も筆者の言う構造があるように感じられる。
    神話にあふれる教育の世界、抽象的な「本当の教育」といった終章での意見は非常に共感できた。

    同じ平等な教育といってもイギリスは階級的、アメリカは多民族的に考え日本の差別感を与えない教育=平等という考え方の特殊性を明らかにしていく部分や日本の場合、社会的出生=入試による生まれ変わりがあるといった主張は非常に参考になった。

  • 高校生の時に進路室で読んで、目からウロコが落ちた本。
    この本を読んで苅谷教授の下で勉強したいと思ったなぁ。
    けど東大に行くには自分の頭が足りなかった…。

  • 教育社会学のパイオニア・苅谷剛彦氏が書いた15年前の書である。しかし、内容は今にも通じるものばかりである。経済から見た教育格差。大衆化した大学教育とメリトクラシー。教育格差から生まれる階層・文化の違い。国際比較から見た日本の教育の現状etc...いずれにしても両極端に偏ることなく、バランスのとれたものが多い良書。教育社会学のバイブル。

  • 大衆教育社会が成立したが、そこには表だって問題とされない、(学力)階層社会が存在していたということを、いろいろな資料によって明らかにしている。また、日本は諸外国にはない、平等的な学校システムが作られた国でもある。

    これは、日本的な能力主義、平等主義が生み出していったものであるとする。90年代半ばに、社会の変革を的確にとらえて、大衆教育社会が成立し、そして揺らぎ始めていることをとらえている。

    当たり前のことを分析したうえで、しっかりとした意見を構築しないと、砂上の楼閣になりかねない。そんなことを、わからせてくれた本だった。

  • 日本の大衆教育の「歪み」を捉えた1995年の本。最後の最後に出てくる「教育で何ができないのかを考える」という言葉がまさにクライマックス。

  • これは非常に面白かった!!
    文句なく人にオススメできる本。

    「階層と教育」の問題に切り込み、この問題が戦後の絶対的貧困の解消から現在に至るまで人々にどう扱われてきたか、そしてそれらが日本人の教育観にいかに影響して、最終的にいかなる教育が生成されたかを語る。

    最終章が秀逸すぎて震えた。
    アメリカの社会哲学者フィッシュキンの「トリレンマ」の話もさることながら、最後の一言。

    「教育に何ができるかではなく、何ができないかを語りなさい。教育に何を期待するかではなく、何を期待してはいけないかを語りなさい。」

    教育関係者、特に教員志望者をはじめとする学校教育を考える方々に是非ぜひ読んでほしい!
    「教育の無限の可能性」「子どもの無限の可能性」を信じる人には、必ず読んでほしい。

    教育と社会とが目指す姿、目指せない姿、そしてそれらがいかなる思想、教育観を前提としているか。
    人によってはショックを受けるかもしれない内容。
    日本一有名な教育学者が語る「教育の現実」。

    ぜひ手にとってみてほしい。

  • 東京大学大学院教育学研究科教授(社会学)の苅谷剛彦(1955-)による大衆化する教育社会における階層問題の考察。

    【構成】
    第1章 大衆教育社会のどこが問題か
    第2章 消えた階層問題
    第3章 「階層と教育」問題の底流
    第4章 大衆教育社会と学歴主義
    第5章 「能力主義的差別教育」のパラドクス
    終 章 大衆教育社会のゆらぎ

    「大衆教育社会とは、教育が量的に拡大し、多くの人びとが長期間にわあたって教育を受けることを引き受け、またそう望んでいる社会で」あり、本書で挙げられる特徴は以下の3点である。
     (第1の特徴)高い高校進学率・大学進学率
     (第2の特徴)「メリトクラシーの大衆化状況」の現出
     (第3の特徴)大衆化したメリトクラシーを通じて選び出される特定の社会
            階層の文化との親近性格をそれほど強く持たない「学歴エリ
            ート」の存在

     1950年代には至るところで見受けられた貧困層の低学力問題は、高度成長を経て一億総中流の大衆社会の出現によって消滅した。かわって、学歴エリートへの批判が持ち上げってくる。1991年の中教審小委員会の中間報告においては、私立中高一貫高の国公立大への進学実績伸張による、大都市部富裕層によるエリート階層の独占化が危惧された。しかし、この批判が的外れであることを1950年代以来のエリート層輩出家庭の分析により明らかにされる。つまり、東大をはじめとする有力大学は一貫して、上層ノンマニュアル層の子弟の寡占状態であり、私立中高一貫校の普及とは関係がない。
     とはいえ、教育社会学の研究者が長年積み重ねてきた階層と教育の問題が社会的な問題として大きく取り上げられる機会は少なかった。

     それは、学歴取得前ではなく、学歴取得後の社会的格差を問題にし続けた「能力主義教育批判」という教育界の一大潮流にあった。この潮流こそ、教育の形式的な画一化を求める「画一的平等化」と平等原則に基づく教育の機会拡大を求めることになった。しかし一方で、このような教育機会の平等化要請により、同等の学力レベルに達した生徒達による学歴獲得競争が激化するというパラドクスも同時に生じた。

     以上のような、大衆教育社会の状況を、実証的に示す本書の議論は明快である。同時に
    このような歪な大衆学歴社会を改善する特効薬も見あたらないのもまた本書で明らかにされている通りである。評者を含め我々戦後世代が歩んできた「学校教育」の構造的な問題点を認識する上で、本書の存在は非常に有意義であり、教育について少しでも関心のある人間には是非一読していただきたい一冊である。

  • 現在の大衆社会的な教育がいかにしてできたのか。
    日本の戦後の社会の流れ、日本の特徴について、多数の学術的データも使いつつ、述べたもの。
    おもしろい本ではあるが、さすがに15年以上経ってしまうと少し古いのではと感じてしまう。

    今や過去のものとなりつつあるが、日本の教育の問題点について、深く考察を行いしるしている。どの子も同じように平等な機会をとしたばかりに多様性を打ち消す方向にそれが表れてしまった。
    としている。

  • 戦後から1980年代あたりの「ゆとり教育」開始ごろまでの大衆教育の変遷を描く。

    子供がどんな家庭で育ったか、社会階層・家庭の文化的背景(親の職業や学歴、年収)は教育によって再生産されるということは研究によって明らかに示されている(ただしこれはあまり知られていないが)にも関わらず、日本においてこの不平等は問題視されず、ただただ「学歴社会」であると学校教育以降の不平等のみが批判される。
    この世界的にも特殊な意識形成を、戦後の「平等教育」の成立に関して見ていく。

    年収だけでなく親の職業の社会的地位が高いと子供の学歴も高くなり、同じような職業に就くという学説を統計手法を用いて客観的に述べている点は、研究自体は行われているものの一般的に知られている考えではないため大変勉強になった。
    佐藤俊樹著「不平等社会日本」でも同様の議論がなされています。

    さらにそれ以降読み進めていくと、学校教育において人々が「不平等である」と感じる理由とその更正の歴史を紐解いていき、これについては戦後教育を客観的に正しく理解するという点で勉強になりました。

    それ以降の論については正直なところいまいちパッとしませんでした。

    第一に、戦後の貧困による経済格差が教育格差に直結しており、これは高度成長期で是正されたものの、同時に家庭の社会階層・文化的背景(親職、親学歴、年収)による不平等の再生産が教育議論の中で見えなくなっていった理由の根拠が明確に示されていないところ。
    「教育は中立的価値を持っている」、「誰しも努力すれば成功できる」と思われている、ということだけでは、社会階層の再生産の研究も明確に示されている以上、必ずしも社会階層・文化的背景による学歴の不平等が軽視される理由にはならない気がしました。

    第二に学歴と社会的能力は必ずしも相関していないはずなのに学歴が重視されるという「学歴社会」がどのように形成されていったかの理由の根拠が同様に示されていないところ。
    「個人の能力を見ない学歴重視の社会は不平等だ、という意識が社会に存在します」と論じてはいたが、その意識の根源がしっかり書かれていなかった。
    なぜ学歴があれば(一般的には)成功できると信じられているのか、その根源についての検証はほぼありませんでした。

    教育に関する理論は理想論として現実的な見方が欠如しているために、教育の外にある社会との関わりをもっと検討すべきだ、と最後に論じているのですが、上記二点の検証が明確でなかったため少し不満でした。
    この本では主に学校教育の内部を論じているために仕方ないことかもしれませんが…

    学歴社会の形成について知りたい方には不満足でしょうが、戦後教育制度の変遷を理解するには良書だと思います。戦後義務教育に関しては同著者の「教育と平等」をあわせて読むことをお勧めします。

  • 95年の著作でありながら社会学として普遍的な書だと思う。
    流石は東大教官がすすめる100冊といったところか(まあその手のモノはむやみに信用しているわけでもないのだけど)。

    この本ではデータを駆使して今まで全く論じられることのなかった点を追及している。
    それは学歴取得以前にも不平等はあり、小学生レベルでも親の社会階層によって学力が違う、ということ。
    正直これは子ども心に薄らと気付いていたけどある種触れてはいけないタブーのような部分があったように思う。
    やっぱり団地の子とか軽く馬鹿にされていたし、そういうのは確実にあった。
    また改めて振り返り、進学校と呼べる高校に入った子をカウントするとその分布にも面白い発見がある。
    最近ではAO入試というものが多いそうだが、この著者はそういったことに対しても「個性」や「創造性」が親の階層によって決められる可能性がある・・・と予言している。
    これは事実そうなっているだろう。
    また満足な職を得るにも親の階層が多いに関係している社会になっている。
    しかもこの手の本を手にするのも親の階層が関わってくるのだ。
    小学校入学時に親に配って感想を書かせるべき一冊。
    因みに個人的な感覚だけど、進学校でも親の階層を感じる部分はかなりあった。

  • [ 内容 ]
    本書は、欧米との比較もまじえ、教育が社会の形成にどのような影響を与えたかを分析する。

    [ 目次 ]
    第1章 大衆教育社会のどこが問題か
    第2章 消えた階層問題
    第3章 「階層と教育」問題の底流
    第4章 大衆教育社会と学歴主義
    第5章 「能力主義的差別教育」のパラドクス
    終章 大衆教育社会のゆらぎ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 「本書は、比較社会学の視点から、戦後日本の教育と社会とのユニークなむすびつきがどのように形成され、いままた、どのように変わりつつあるのかを探るひとつの試みである。」(まえがき■)
    「戦後日本社会の形成という謎に、教育と社会との結び目に着目することから迫っていく。本書は、教育に視点を置いた、戦後日本社会論のひとつの試みである。」(025頁■)

    著者の『知的複眼思考法』を実践したもの。

  • 新書で体が震えたのは「ビジネス・インサイト」以来かな。

    ゼミ論で使えそうだと思ったから丁寧に読書ノート取りながら読んでたけんども、考えさせられる事が非常に多い。いかに今までの自分の考えがうわべだけだったのかを実感させられる。批判的な態度で臨んでもこのざまか、という自分に失望クリスマス。歴史は偉大でした。やはり歴史的布置連関もしっかり追跡しますよ。

    戦前から90年代にいたるまでの学校教育史の本。メインは戦後いかに「大衆教育社会」が成立したのか、であるよ。能力主義を嫌って平等主義をうたった方針がいかに確固たる能力主義制度を作り上げたか、またいかに不平等を覆い隠すシステムを作り上げたか(←教育の問題を社会から切り離して論じる限り、方針が変わろうと歴史は繰り返される)。欧米との差別観の差異も面白い。ブルデューもハマータウンも頭の中で大活躍でした。

全45件中 1 - 25件を表示

苅谷剛彦の作品一覧

苅谷剛彦の作品ランキング・新刊情報

大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書)の作品紹介

本書は、欧米との比較もまじえ、教育が社会の形成にどのような影響を与えたかを分析する。

大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書)はこんな本です

大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書)のKindle版

ツイートする